ドキュメント 単独行遭難

著者 羽根田 治著
発売日 2016.12.09発売
販売価格 本体800円+税

『ドキュメント遭難』シリーズの単独行編。気象遭難、滑落遭難、道迷い遭難、雪崩遭難に続くドキュメント山岳遭難シリーズの第5弾。
7人の単独登山者たちはなぜ遭難したのか、どうやって生還したのか。
※本書は2012年8月発行の『ドキュメント単独行遭難』を文庫化したものです。

品種 書籍
商品ID 2816048290
ISBN 9784635048293
ページ数 256
判型 文庫

※お電話でのご注文:ブックサービス(楽天ブックス) 0120-29-9625 (9~18時/土日祝日も受付)
※在庫切れの場合は、何卒ご容赦ください。

商品詳細

『ドキュメント遭難』シリーズの単独行編。気象遭難、滑落遭難、道迷い遭難、雪崩遭難に続くドキュメント山岳遭難シリーズの第5弾。

7人の単独登山者たちはなぜ遭難したのか、どうやって生還したのか。

本書は、単独行という登山形態を単に否定するのではなく、過去の遭難事例を検証することによって、単独行を楽しむために登山者が行なうべきリスクマネジメントについて考えている。

増加の一途をたどる山岳遭難事故のなかでも、例年高い割合を占めているのが単独行者の事故だ。単独行における遭難のリスクの高さはかねてから指摘されているところであり、警察や民間の救助隊は長年にわたって「単独行は控えるように」と登山者に呼び掛けてきた。しかし、単独行の人気は依然高く、近年は若者の単独行者も増えつつある。そこで、単独行という登山形態は否定せず、単独行遭難の過去事例の検証から、そのリスクマネジメントについて考え、単独行を安全に楽しむことができるよう指南。

単独行者の遭難は、グループ登山者に比べて救助要請や自力脱出が困難になることが多いことから重大な結果に至ってしまうケースが多い。本書は、単独山行中に遭難しながら無事に生還した7人にインタビューを行ない、なぜ遭難したのか、そしてどうやって生還したのか、を検証する。収録した遭難事例は、奥秩父・唐松尾山、北海道・羅臼岳、秩父・両神山、北アルプス・徳本峠、加越山地・白山、北アルプス・奥穂高岳、尾瀬・尾瀬ヶ原の7カ所。本書は、単独行という登山形態を単に否定するのではなく、過去の遭難事例を検証することによって、単独行を楽しむ登山者が行なうべきリスクマネジメントについて考えさせる一冊となっている。

※本書は2012年8月発行の『ドキュメント単独行遭難』を文庫化したものです。

※お電話でのご注文:ブックサービス(楽天ブックス) 0120-29-9625 (9~18時/土日祝日も受付)
※在庫切れの場合は、何卒ご容赦ください。

  • 山と溪谷社の定期購読_山と溪谷_ワンダーフォーゲル_ROCK&SNOW
  • 山小屋・登山専門店でのサービス充実!山と溪谷カードのご案内
  • 山と溪谷編集部ブログ
  • ワンダーフォーゲル編集部ブログ
  • 出版営業部のFacebook
  • 週刊ヤマケイ
  • 山小屋・登山専門店でのサービス充実!山と溪谷カードのご案内
  • ヤッホーヤーマン!ヤーマンのFacebook
  • YAMAKEI CREATIVE SELECTION
  • MOUNTAIN SPORTS NETWORK
  • クライマーのための総合情報サイト CLIMBING-net
  • 萩原編集長のヒマラヤ未踏峰ブログ~Outlier East 7035m
  • ヤマケイ アニマルきせかえ
  • au きせかえ取り放題for auスマートパス_ヤマケイカレンダー