ワンダーフォーゲル編集部ブログ

川口

2017年2月号、制作大詰めです

Posted by 川口 | Date 2016年12月19日(月)

編集部では、『ワンダーフォーゲル』2017年2月号の編集作業がいよいよ大詰め。
年末年始は印刷所もお休みなので、締め切りがいつもより10日ほど早く、大わらわです。

そんななか。隣の席ではタカハシが何やらゴソゴソと。。。



自分の椅子に細引きを結び付けています。
ミサンガでも編んでるのか?と思ったら、ティンバーヒッチだそうで。

そう、2017年2月号の特集は“地図読みとロープワーク Q&A123”


「地図」と「ロープ」の豪華二本立てで、あらゆる疑問にお答えします!
詳しい内容は、校了したらまたご紹介いたしますね。

2月号は年が明けて、2017年1月10日発売!
ご期待ください!

川口

富士山ブック2016 いよいよ発売!!

Posted by 川口 | Date 2016年05月13日(金)

いよいよ明日!
富士山登山の専門誌『富士山ブック2016』が発売されます。

 
↑浮世絵風の表紙イラストが目印です^^

今年のテーマは、
「一冊まるごと 富士登山の教科書」

富士山に、楽しく安全に登るために
必要な情報をすべて盛り込んだ、大充実のイヤームックです。
一度は登りたい富士山、
そして、
一度だけでなく何度も楽しめる富士山。

初めて登る人にはもちろん、
2回目以降の人にもためになる
すべての富士登山者に手にとってほしい1冊です。

 

簡単に内容をご紹介!

●巻頭ルポ 四角友里の3776m 日本一の笑顔の山へ●


巻頭ルポでは、アウトドアスタイルクリエーターの四角友里さんが登場。
満点の星空あり、ご来光あり、雲海あり、山頂からの花火大会あり。楽しみ尽くした富士山の思い出を、四角さんらしい、瑞々しい文章でつづっていただきました。


●富士登山基本ガイダンス●


富士山の登山シーズンは? そもそもコースはいくつあるの? どんな行程で登るの? そんな富士登山の基本をしっかりと解説します。


●富士山4大登頂ルート 超! 詳細ガイド●


編集部が10年に渡り蓄積した情報と最新の取材をもとに解説する、超詳細なルートガイドです。吉田・須走・御殿場・富士宮の富士登山4大ルートそれぞれを、特徴や魅力も含めて徹底的にガイドしました。超詳細マップ、お鉢めぐりガイドも併せて掲載。


●富士山ウェアリングシミュレーション●


夏とはいえ、厳しい環境に置かれる富士山。装備の基本はもちろん、実用的な用具カタログも掲載。登山者のタイプに合わせたお買いもの指南では、登山専門店「さかいやスポーツ」さんに全面協力いただきました。


●初めての親子登山Q&A20●


例年編集部に多く寄せられる、「親子で富士山に登りたい」という声に応えるべく、親子登山のハウツーをQ&A形式でまとめました。「親子登山学校」主催の関良一さんにご監修いただいた実用企画です。キッズ向けの用具カタログ付き。


●富士山安全登山読本●


国際山岳医・大城和恵先生監修。富士山診療所のドキュメントのほか、高山病を防ぐ登り方や三大アクシデント(高山病・低体温症・脱水症)の対処法を紹介します。


●富士山便利帳●


富士山へのアクセス方法や富士山の全山小屋を網羅した便利ページ。登山の計画にぜひご活用ください。

そのほか、富士山で出会った人々のスナップ集や“山頂写真家"小岩井大輔さんのスペシャルグラフ、下山後に立ち寄りたいグルメ&温泉情報など、大充実の一冊です。
富士登山のガイドブックとして、富士山を知るための読み物として、ぜひご活用ください!

※購入者特典として、アクセス情報やバス時刻表、山小屋情報、登山地図をまとめたデジタル版「富士山便利帳」をプレゼントします。詳しくは誌面をご確認ください。


Amazonでも予約好評受付中です!
→Amazonのページはこちらへ

 

 「富士山は眺める山」なんて声もよく聞きますが、登っても楽しい山です。
富士山ブックの取材やプライベートで、ここ数年は年に何度か登っていますが、まったく飽きません。いやほんとに。

 

ということで、『富士山ブック2016』、どうぞよろしくお願いします!

川口

Jack Wolfskin 再び

Posted by 川口 | Date 2014年07月16日(水)

暑い日が続いています、東京。
夏山取材の行先も固まりつつあり、
編集部でもウキウキ気分の人が増えてきました。

さて、先日の五十嵐の記事にもあったように
7月は各ブランドが来シーズン向け新商品をお披露目する
展示会シーズンです。

編集部員もみな、毎日のようにどこかへ出かけているのですが
そんな中から注目のブランドを一つ。


Jack Wolfskin ジャックウルフスキン

狼の足跡を象ったロゴマークのブランドを覚えている登山者も
多いかもしれません。

1981年、ドイツ・フランクフルトで創業。
日本では株式会社キャラバンの取り扱いのもと、
80年代の後半から2008年まで20年あまりにわたって
多くの登山者の指示を集めてきたブランドです。

2008年をもってキャラバンとの契約が終了した後は、
一部店舗での取り扱いのみとなり、なかなか見かけることが
少なくなってしまっていました。

が!
そのJack Wolfskinが、2015年シーズンより
キャラバンとタッグを組んで再び日本のアウトドア市場に登場します。


輸入総代理店となるキャラバンの鶴巻社長(右)と、
ジャックウルフスキン社アジア地区マネージャーのChristian Grosche氏


アパレルからザックまで、幅広く展開します。
ジャックウルフスキンらしいしっかりとした機能性。
そして、派手すぎず、地味すぎず、
じっくりと山登りをするのにちょうどいいデザインが多い印象です。
(商品の写真撮ってませんでした。。。ごめんなさい)

直営店も、
来年昭島駅北口にオープンするアウトドアヴィレッジ(仮)など3ヶ所に
出店予定だとか。

2015年、Jack Wolfskinに注目です。

川口

『春を背負って』試写会

Posted by 川口 | Date 2014年01月27日(月)

6月14日公開予定の映画『春を背負って』(監督:木村大作)の
マスコミ向け試写会に行ってきました。



『剱岳 点の記』で
山の厳しさと美しさを見事に描き切った木村大作さんの、
5年ぶりの監督作品。
『剱岳-』に続き、今回も撮影を兼務されたそうです。

立山の頂上稜線上にある「菫小屋」を舞台に、
父から子へと受け継がれていく思いと、
山で生きる人間たちにフォーカスした
“家族”の物語。

木村監督が描きだす立山の美しくも激しい自然景観はもちろん、
松山ケンイチさん、蒼井優さん、豊川悦司さんら出演陣の
迫真の演技からも、目が離せません。

詳細は公式ホームページでご確認いただくとして、、、

今回の舞台「菫小屋」のロケは、
立山・大汝山頂上直下に実際にある小屋「大汝休憩所」
で数カ月をかけて行われたのですが、

撮影に際しては、室堂から小屋までを
主演の松山ケンイチさん、蒼井優さんらは計5往復、
撮影隊はなんと、一人40キロもの荷物を背負って計13往復も
したというから驚きです。

実はわたしも、去年の取材の際
お邪魔しました。


実際の「大汝休憩所」の看板と、
撮影に使われた「菫小屋」の看板。

ちょうど撮影隊の最終撤収が終わった直後だったとかで、
スタッフやキャストが実際に泊まられた部屋も、見せてもらいました。
その辺の小話は、今年10月号でもちょろっと書いてみようと思います。

この「大汝休憩所」、実際には宿泊受け入れはしていませんが、
休憩所として営業しているので、夏になったらぜひ訪れてみてください。
小屋番さんが、撮影中の秘話を話してくれるかもしれませんよ。



木村大作監督作品『春を背負って』は、
6月14日、東宝系で全国公開予定です。
近くなったら、また誌面でもご紹介したいと思います。
ご期待ください!

最後に…
実は、山と溪谷社も少しだけ撮影に協力しています。
スクリーンに『山と溪谷』が登場しますよ^^
(『ワンダーフォーゲル』は残念ながら…)

川口

行くぜ六甲

Posted by 川口 | Date 2013年11月22日(金)

あわただしい金曜日。
これから新幹線に飛び乗って、神戸へ行ってきます。

目的はこちら。


2000人のハイカーが、
須磨浦公園から宝塚までの公称50数キロを歩きとおす、
六甲山の一大イベント。

『ワンダーフォーゲル』2014年2月号の、
ミニ企画のため、参加します。

ひっそりと取材しておりますので、
見かけた方はぜひ声をかけてくださいね!
後半はヘバッて取材どころではなくなっている可能性もありますが。。。


それでは、みなさまもよい週末を!


そうそう、
週末の山行のお写真は、ぜひワンゲルチャンネルの
「思い出スナップ」コーナーまでお寄せください!




pon1@yamakei.co.jpまで!
大賞「ワタロー賞」に選ばれた方には、
オリジナルフィールドノートを1冊、プレゼント!

お待ちしております^^

川口

秋に会いに

Posted by 川口 | Date 2013年11月15日(金)

紅葉前線、着々と南下中のようです。
北の方は、そろそろ終わりですね。
散ってしまう前にと、
東北の紅葉を見に行ってきました。

     


     

     


錦秋の、鳴子峡。
ピークは過ぎたとはいえ、美しい赤と黄色が目に眩しい
散歩道でした。

北東北の紅葉はもう終わりかけですが
関東近郊の山はまだまだ見ごろです。
冬が来る前に、よい秋を!


川口

今日の編集部

Posted by 川口 | Date 2013年11月08日(金)

校了から1週間。
まだまだ次号の進行も本格化しておらず、
のんびり仕事ができる時期です。

と、思ったら。

校了直後は取材シーズン。
ということで、五十嵐は信越、西村は屋久島へ。

また、代休取得の最盛期。
ということもあり、松本と渡辺は昼過ぎに帰宅。

ほかの部員も打ち合わせや撮影で外出しており、
誰もいなくなっておりました。


(散らかってるのがばれないように、写真は小さめ)

誰もいない編集部で一人、ブログを書いています。


最近、頭を悩ませる仕事が降りかかってきました。
ヤマケイ新入社員の登竜門。
ボーネンカイの幹事です。

社員全員が一堂に会して行われる
山と溪谷社の忘年会。
その企画づくりを命じられまして、
『ワンダーフォーゲル』そっちのけで
頭を悩ませております。

コマッタコマッタ。
何か、よいゲーム等々ご存知の方いらっしゃいましたら、
こっそり教えてください。。



そして、いい加減しつこいだろうとは思うのですが、
明日は『ワンダーフォーゲル』12月号の発売日です。
毎号作成している、編集部お手製の販促物も完成しました。

小ポスター

ポップ


週明けからは、これを手に編集部員総出で書店を回ります。
(東京周辺の一部の書店だけですが。。。)

全国の書店員のみなさま、
そして、全国の書店員を夫・妻・友人・恋人・元夫などにもつ
ワンゲル読者のみなさま、
「うちの店でもポスター・ポップ、使うよ!」
と言ってくださる方がいましたらぜひお声掛けください。
直接お届けはできませんが、お送りいたします。






なんとも取り留めのないブログになってしまいました。
編集長も戻ってきたことですし、
この辺で。

『ワンダーフォーゲル』12月号を片手に、
よい週末をお過ごしください!

1 2 3

BLOG MEMBER

川口

穣と書いてみのり。札幌出身。大学卒業後、青年海外協力隊に参加、ウズベキスタンで2年はたらく。ウズベキ語はペラペラ。山は初心者。仕事も山もこれからの若者。