ワンダーフォーゲル編集部ブログ

川口

4月号に続きまして

Posted by 川口 | Date 2013年03月08日(金)

東京はここ数日、
一気に暖かくなってきました。
社内でも、半袖で過ごす人が出てきています。
本格的な登山シーズンも、間近に迫っているようですね!

さて、ワンダーフォーゲル4月号に続き、
編集部の単行本も、間もなく発売になります。
今月の刊行予定は2冊。

ちょっとタイプの違う本ですが、2冊続けてご紹介いたします。

まずはこれ。
「薮岩魂 ハイグレード・ハイキングの世界」打田鍈一=著 2200円(税別)
3月15日(金)発売予定


ページを開くと、一気に冒険のにおいに包まれました。
目に飛び込んでくるのは、岩場をへつり、薮をこぎ、岩峰の上に立つ、
パワフルな写真の数々。





一般登山道を歩くのではなく、
自らの力で読図し、薮をこぎ、急岩稜を横切りって新ルートを切り開いていく
スリリングな低山歩き。

そんな「ハイグレード・ハイキング」の第一人者打田鍈一さんが贈る
関東周辺のハイグレコース集です。

ハイグレード・ハイキングを知るための読み物としてはもちろん、

初級編から上級編、そして雪山編までレベル別に紹介されいて、
コースマップも充実しているので
山行計画の参考書としてもお勧めです。

冒険的要素に満ちた、
新しい山の姿を感じに出かけてみませんか?



そして、2冊目はこちらです。
「山登りABC  Q&A登山の基本」ワンゲル編集部=編、1000円(税別)
3月15日(金)発売予定


以前ご紹介した、「山登りABC」シリーズの第3弾。
知っておきたい登山のアレコレが、Q&A形式でまとめられています。
本体重量約110グラムという軽さにも関わらず、
“パッキングのコツ” から “雨の日の炊事法” まで、
かゆいところに手が届く充実の内容です。

既に発売中の「山用具メンテナンス」、「山ごはんの基本とレシピ」と
3冊合わせて、ぜひご覧ください。




そして、この「山登りABC」シリーズは、今後も続々刊行予定です。
ご期待ください!!

川口

ワンダーフォーゲル4月号完成!!

Posted by 川口 | Date 2013年03月06日(水)

お久しぶりのブログ更新になってしまいました。申し訳ありません。
この間編集部は、みんなでちょっと早い春休み!!


。。。ではもちろんなく、ワンゲル4月号の校了に向けて
突き進んでおりました。

そして今日、
茶色い包装紙に包まれた4月号が、続々と編集部に到着。




今号の表紙はこちらです。


ひときわ目立つ黄色い表紙に、
「100mountains」の文字。

管理部のS水さんも、
「これは目立つね!!」と激賞。

社内の方々からも、にっこりと笑みがこぼれています。



秀逸なのは表紙だけではありません。
今号の特集はこちら。

みんなの日本100名山!


何度も登ったあの山も、
いつかは行きたい憧れの名峰も、
日本100名山、すべて紹介します。

四季折々の楽しみ方から、100名山トリビアまで、
これを読めば、あなたも100名山名人になること間違いなし。
お休みの日にちが決まったら、ワンゲル4月号を手に、
どの山を目指すか楽しく考えてみましょう。



その他の企画も充実です。
第2特集は、山で死んでたまるか!
安全登山のススメです。


新連載もあり、
去年から続くあの企画もあり、
編集部が自信を持ってお勧めするワンダーフォーゲル4月号は、
今週土曜日、3月9日に発売です。

どうぞよろしくお願いします!
編集部へのご意見・ご要望もドシドシお寄せください。

それでは!

川口

ワンゲル編集部の本

Posted by 川口 | Date 2013年02月18日(月)

入社したばかりのころ。
広告部での研修中に、駅のホームで小さな出会いがありました。



ホームの中央、雑踏の中に転がる一冊の本。
今にも踏まれてしまいそうで、これはいかんと近づくと

落ちていたのは、
ワンダーフォーゲル編集部で出している単行本
「雪山エントリーコース」でした。

 


そうなんです、ワンゲル編集部では、単行本もつくっています。
今年も、どんどん出しますよ~!

 

まず、今月の22日には、
ウルトラライトハイキングの装備と使い方を紹介する
「ウルトラライトハイカー」が発売になります。

夏の北アルプスから雪の大菩薩まで、ウルトラライトでここまでできる!という驚きが詰まった一冊。ウルトラライトハイキングの入門書としても、必読です。

編集部にはもう本が到着していますが、写真あり、イラストありで、とてもわかりやすく仕上がっています。

 


そして、今年の目玉は何と言ってもこれでしょう。

ワンゲル編集部では今年、
「山登りABC」と題したハウツー本シリーズを
続々刊行予定。

 

第一弾として今月25日、
「山ごはんの基本とレシピ」


「山用具メンテナンス」

が発売です!

    


「山ごはんの基本とレシピ」は、
山で本当に役立つ料理の基本と、登山者から公募した厳選レシピを一挙に紹介した一冊。

先月、僕も撮影のお手伝い(つくった料理の消費係?)に行ってきましたが、一日中「うまい!」と唸りっぱなしでした。

 

「山用具メンテナンス」には、
山用具を大事に長く使うためのテクニックが満載です。用具をしっかり管理することは、安全登山への第一歩。作成のお手伝いをしながら原稿を斜め読みしていましたが、「なるほど!」がたっぷり詰まっています。

 

3冊いずれも、絶賛予約受付中です。
全国の書店または山と溪谷社の予約サイトYAMAKEI SQUARE、アマゾン・楽天などの各ネットサイトからどうぞ。

 

 

ちなみに、駅のホームに落ちていた「雪山エントリーコース」、
駅員さんに届けに行くと
ちょうど落とし主さんが尋ねに来ているところで、
無事にお返しすることができました。

「実はヤマケイの社員なんです」というと、
「これからもいい本をつくってください」と。

入社直後の、まだほとんど何もしていない時期とはいえ、
嬉しい言葉をいただきました^^

 

それではよい1週間を!

川口

東北へ

Posted by 川口 | Date 2013年02月06日(水)

この前の休日、
生まれて初めて新幹線に乗りました。

これまでなぜか縁がなく、
僕を乗せてくれたことがなかった新幹線。
あまりの速さにビックリです。


初・新幹線に乗って訪れたのは、
約4カ月ぶりの宮城県・石巻。

4カ月前は工事中だった店がオープンし、

4カ月前は泣いてばかりだった女の子が
弟の手を引いて歩いていて、

4カ月前は愚痴ばっかりだったおばあちゃんが、
少し元気になっていた。

 

わずか一泊の滞在で見た一歩はわずかだったけれど、

それでも、訪れるたび、街や人の変化を実感できます。

 

そして、この街を訪れると、必ず見に行く景色があります。

 

街のシンボル・日和山(標高56.4mの超低山)から。

 

雪化粧した街並が、
空のさわやかな青と旧北上川の深い青の中に、映えていました。


そうそう、僕は初新幹線でしたが、
ワンダーフォーゲル編集部の近藤サンは、
昔、新幹線を操縦してたとか。

いろんな人がいる、とても楽しい編集部です。



川口

はじめましてのごあいさつ

Posted by 川口 | Date 2013年01月31日(木)

ワンゲルブログの右上、ブログメンバーの似顔絵が
今週から一人増えました。
気づいてくれた方、いましたか?


増えたのはわたし。

雑誌「ワンダーフォーゲル」の<編集部>欄に名前が出るのは、
もう少しだけ先かもしれませんが、
どうぞよろしくお願いいたします^^


右の紹介欄にある通り、山は素人。
どのくらい素人かといいますと。
ウズベキスタン滞在中に訪れた隣国キルギスの渓谷でのこと。
標高は3000メートルを超えたあたりだったでしょうか。
テントを張り、夕食の準備をしていると、
だんだんと頭が痛みだしました。
「高山病か」と不安が脳裏をよぎります。

しかし。



ヘッドランプを外すと、痛みは嘘のように和らぎました。
ひもがきつすぎたのです。
そのくらい素人です。



(キルギスの渓谷)


なので、今は毎日
「ワンダーフォーゲル」を読んで勉強中。
早く、実践に移してみたいですね。





あ、ワンダーフォーゲル2月号は全国の書店で絶賛発売中です。
まだ手に取っていない方はぜひ!


それではこれから、どうぞよろしくお願いします!

1 2 3

BLOG MEMBER

川口

穣と書いてみのり。札幌出身。大学卒業後、青年海外協力隊に参加、ウズベキスタンで2年はたらく。ウズベキ語はペラペラ。山は初心者。仕事も山もこれからの若者。