ワンダーフォーゲル編集部ブログ

下中

2014★お初

Posted by 下中 | Date 2014年01月10日(金)

本日は1/10日です!

ワンゲル2014年最新号の発売日です!

ぜひ、書店にて、アマゾンにて、ご購入をお願いします。

初級者にも、中級者にも、役に立つハウツーが満載です!

第2特集のスーパー低山も、ちょっとマニアックだけど、

おすすめです!

エリアガイド企画、「富士山の見える山」は、ぜひ週末の連休を使って

登ってほしい山ばかりです。

要するに、、、おすすめなんです

さて、本年最初の号がリリースになる記念すべき日なので、

私、編集部員・下中も、「初」なことをやってみようと思いました。

昨年、ワンダーフォーゲルは10月号で初めて、

トレイルランの特集をしました。

別冊付録という形にまとめましたが、

読んでいただけましたでしょうか?

担当編集のひとりとして関わったこともあり、

このところ、トレイルランに興味を持って、

少しずつチャレンジしています。

んで、、、

出勤前に自宅の裏山を「2014初」トレランしてきました。

自宅に裏山?と思われるかもしれませんが、

鎌倉に住んでおりまして、裏山があるんです。

自宅から10分ほど、坂道を登ると、山道です。

しばらく行くと稜線にでます。

「天園ハイキングコース」という、

鎌倉で一番メジャーなハイキングコースの一部です。

さらに進むと、ピークにです。

本日の天気はぼちぼちでしたが、好展望です。

勝上獄(しょうじょうけん)展望台という場所で、

北鎌倉、建長寺の上にあります。

写真でも見えているお寺が建長寺ですね。

左奥は海です。鎌倉らしいです。

ここから、建長寺に下りず、さらに尾根を進むと、

一旦、住宅街にでます。

そこから、5分ほど舗装路を走ると、

今度は六国見山(ろっこくけんざん)への登山道に入ります。

稜線上には祠があります。

「今年もよろしくお願いします」

六国見山のピークも展望台です。

こちらも好展望。

今年の丹沢、けっこう雪付いてんな―などと思っていたら。

足元には霜柱が。

鎌倉も冬です。

また住宅地に降ります。

10分ほど走り、大船駅。

ここから東海道線に乗り、上京します。

まだまだ走力が足りないので、

1時間はかかってしまいます。

ただ、たった1時間の間に

山に入って、出てこられるって、

なんだか嬉しいじゃないですか?

最近はそんなところがトレランの魅力かなって思っています。

短時間で、コンパクトに山が楽しめる。

いくら鎌倉に住んでるいるからって、

大船まで歩いて山を越えて出勤したら、大遅刻です。

というわけで、2014初トレランでした。

安倍首相は、年頭に

「障害を駿馬のように乗り越える」

と発言したそうですが、

「しゅんめ」「しゅんば」と

ふた通りの読み方があるそうですね。

知りませんでした。恥ずかしい。

いや、そんなことじゃなくて。

私もせっかくトレランを始めたので、

駿馬のように山を走れるようになりたいですね。

ワンゲル最新号も、

駿馬のような勢いで売れることを

祈っております。

読者のみなさま、今年もよろしくお願いします。

下中

子連れ登山@鎌倉

Posted by 下中 | Date 2013年12月02日(月)

子供が2歳になって、そこそこまとまった距離を歩けるようになってきました。

そろそろ一緒に山歩きでもしてみたいと思う今日この頃です。

同じ様な年頃の子供を持つ友人を誘って、週末、低山ハイキングにチャレンジしてみました。

大仏ハイキングコース

地元・鎌倉の裏山です。

3歳児×2:

1人は途中でリタイア、父親の背中におんぶ紐爆睡。1人は歩きとおしました。

2歳児:

基本バックパック型のベビーキャリーか抱っこ。休憩ポイントで気分が乗れば歩くことも。

0歳児:

もちろん、ずっと母親の背中で。

のような感じだったので、3時間程度あれば余裕で歩ける「大仏ハイキングコース」はちょうど良いコースでした。

北鎌倉駅~源氏山公園~と

裏山を歩くと鎌倉と言えばの高徳院にアクセスできます。

子供たちを上から見下ろすのは、、、

どーん。鎌倉の大仏さまでした。

同じような年ごろのお子さんを持つ、関東近郊にお住まいのパパママ登山者の方はぜひ、鎌倉に。

下中

皆さんの「ステップアップ」を教えてください!

Posted by 下中 | Date 2013年11月21日(木)

ワンダーフォーゲル12月雪山大特集

お読みいただけましたか?

雪山の準備はバッチリですか?

さて、そんなシーズンですが、編集部では次号の制作にとりかかっています。

12月号の162ページの次号予告にあるように。。。

(イラスト/真木孝輔 ワンダーフォーゲル2013年12月号162ページより)

次号の特集のテーマはステップアップ!!!!!!!!

登山者としてもう一歩上を目指したい、そんな熱意あふれる読者の皆さまの願望にお答えする一大ハウツー特集です。

皆さんはどんな「~したい」を抱いていますか?

天気図を読めるようになりたい!

ソロ登山デビューしたい!

装備を軽くして、もっと歩けるようになりたい!

いやいや、無駄のない体力づくりを始めたい!

登山には、いろんなステップアップがありますよね。

本ブログには、コメント機能はありませんが連動するフェイスブックページで皆さんのステップアップ願望を募集します。下記の画像にリンクを張っておきますので、クリックしていただき、ぜひぜひコメントおよせくださいませ。

お待ちしてます!

下中

好調! 山登りABCシリーズ

Posted by 下中 | Date 2013年11月07日(木)

こんにちわ。土曜日はワンゲル雪山号の発売日ですよ~

しつこいですが、お忘れなく!

さてされ、我が編集部が制作しているポケットハウツーブックをご存じでしょうか?

「山登りABC」シリーズです。

クリックしてみてください。

登山雑誌の編集部にいると、読者や登山者の方から

「~が知りたいんですけど…」

という要望に触れる機会が多いのですよね。

山登りABCのタイトルは、そのリクエストをベースにしています。

皆さんが知りたいことを、ハンディサイズのハウツーブックに落とし込んでいるのです。

さて、このシリーズに関してうれしいことがありましたので、ご報告します。

『登山ボディのつくり方』/著・芳須 勲

『テント泊登山の基本』/著・高橋庄太郎

の重版が決まりました!

皆さま、ご贔屓いただいてありがとうございます。

シリーズのその他のタイトルもおすすめですよ!

ぜひ、書店で手に取ってみてくださいね。


そして新タイトルの編集も進めております。

私が関わっているのはズバリ、「山の天気」です。

これも、勉強したいというリクエストの多い内容でして。

来年の2月ころ刊行予定でございます。

乞うご期待です!

下中

本場でトレラン!

Posted by 下中 | Date 2013年10月31日(木)

11月9日は最新号、12月号の発売日ですよ!

最新12月号は雪山第特集です!

次号はお待ちかね、雪山号です!

毎年、ワンダーフォーゲルの雪山号は人気が高いんです。

今年も気合い入ってますよー。お楽しみに!

さてさて、そんな次号の制作の最終締め切り真っ最中。

大わらわな編集部ではありますが。。。

こっそり抜け出して、アメリカ・サンフランシスコに取材に行ってきました。

目的はアメリカのアウトドアメーカー、マウンテンハードウェアの本社取材です。

同メーカーはハイエンドなウェアやギアを展開し、日本でも人気が高いですよね。

でも、やっぱり本国に行って取材してみて、ブランド像をより明確にとらえることができたと思います。

その辺のご報告は、今後ワンダーフォーゲル誌面で詳しく掲載する予定であります!

……。でもちょっとだけ、現地での印象的な体験をここで書かせてください。

ちなみに私は右からふたり目…。

(photo by Kazuyuki Nagayasu)

取材の合間に、マウンテンハードウェアのスタッフとトレイルランをする機会に恵まれました。

これはその時の記念写真で、サンフランシスコ郊外のMt.TAMという山のまわりにあるトレイルをビーチまで一気にくだった後のスナップです。

本場アメリカでのトレイルラン。

とても貴重な体験となりましたが、それ以上にスペシャルだったのは一緒に走った人です。

左からふたり目の人物は、実はマウンテンハードウェアの社長、トーファー・ゲイロード氏。

同時に、トレイルラン業界のトップアスリートとして名高い方なんです。

まだ40代の現役バリバリです。

現役のアウトドアアスリートが世界的メーカーの社長。

ちょっと日本では、考えられないことですよね。

人柄も素晴らしかったです。一言でいってカリスマですね。

私もすっかりファンになってしまいました。

ワンダーフォーゲルに掲載する記事に中で、その辺の事情も詳しく記述させていただきます!

では、12月号をお楽しみに~

下中

あんな場所にこんなお店。

Posted by 下中 | Date 2013年10月17日(木)

ビックロです。

昨年、TVなどでも結構話題になりました。

ユニクロとビックカメラがコラボレーションしてできたお店です。

新宿東口にあります。

山と関係ない話題に思えますが、今月から関係ができました。

そのビルの8階にでっかい山用具専門店がオープンしているのです。

石井山専 新宿東口ビックロ店

オープンは今月の上旬のことだったので、ちょっと古い話題で、みなさんご存知かもしれませんが。ご存知、ICI石井スポーツが新たに打ち出した、登山とスキー用具の専門店です。

オープン前日のレセプションに参加していたので、ご報告です。

ファッショナブルなマウンテンウェアに身を包む、ダンディーな外国人カップル。

どういう事態? という感じですが。。。

レセプションの中で行われた、ファッションショーのスナップです。

お店の場所、フロアサイズももちろん、レセプションも想定外のサプライズでした。

山ブームも落ち着いてきたなんて話題も聞きますが、新宿の一等地に巨大な山専。アウトドア業界、まだまだ盛り上がってます。実感しました。

店内はこんな感じ。

とにかく広く、ラインナップは大充実。

お、書籍コーナーには、わがワンダーフォーゲル編集部が編集する、ポケットハウツーブック『山登りABC』シリーズが!いいセレクトしてますね~。

ぜひ、みなさんものぞいてみてください!

下中

世界遺産、一年生。

Posted by 下中 | Date 2013年09月26日(木)

2013年の一般ニュースに取り上げられることが多かった山と言えば。

吉田口から見える富士山

富士山ですよね。世界遺産デビューです。

例年どおり混み混みの吉田ルート

ワンゲル編集部は毎年、富士山ブック』という本を発売しています。

今年も、来年の本の取材のために数回富士山に取材に行きました。

須走ルート、8合目付近からのご来光

そんな取材の雑感を報告します。

富士登山シーズンが終わるころ、びっくりするニュースが出ましたね。

「吉田口からの入山者が昨年より少なかった」というニュース。

普通に考えて、世界遺産になったのなら、登山者は増えそうなものですが。

実際、取材中に山小屋の方などに話を聞くとそんな声もちらほら。

シーズン前にあれだけ話題になったのに、入山者が減った。

この結果が何を意味するのか、判断が難しいですね。

登山者数が減ったことが、自然保護や安全登山につながったのか?

観光振興にマイナスに働いてしまったのか?

そもそも、登山者数が減った原因は?

メディアによる「弾丸登山自粛」の呼びかけの成果?

色んな側面から分析をする必要がありそうですね。

須走口周辺にいた鹿

2014年は世界遺産二年生になる富士山。

富士山はどんな山になって行くのでしょうか?

「日本一の山」として愛される、世界に誇れる山になって欲しいものです。

富士山ブックも、それを支えるような、価値のある本にしたいと思います。

ご期待ください!

1 2 3 4 5 6

BLOG MEMBER

下中

某モノ系雑誌編集部を経て今年から参戦してきた生粋のいじられキャラ。坊主(スキカル愛用)でヒゲが濃いので、逆さ絵みたいと子どもに人気。プロフィールの似顔絵に不満いっぱいのナルシストだが、編集部内ではそっくりだと評判。