週刊ヤマケイ

TOPに戻る

無料購読規約

第1条(目的)

本規約は、株式会社山と溪谷社(以下「弊社」といいます)がEPUBマガジン配信サービス「週刊ヤマケイ」(以下「本サービス」といいます)を無料購読する方(以下「無料購読者」といいます)と弊社との間において適用されます。

第2条(申込み)

無料購読者は、本規約の内容に同意した上で、弊社所定の方法により本サービスの利用申込みを行うものとします。
無料購読者は、申込みの際に申告した事項につき、変更のあったときは、弊社所定の方法により変更の手続を行うものとします。

第3条(配信)

本サービスにより配信するEPUBマガジンは、弊社が決定した日に配信されるものとします。
無料購読者は、EPUBマガジンが休刊されることがあること及び配信日以降の別の日に振替え発行されることならびに配信日以外に臨時で発行されることに同意するものとします。
EPUBマガジンには情報記事のほか弊社からのお知らせ、アンケートやモニター調査、広告、タイアップ記事などが掲載される場合があります。
本サービスでは、EPUBマガジン以外にアンケートやモニター調査、広告、タイアップ記事などを配信する場合があります。無料購読者はこれらの配信だけを拒否することはできません。
弊社は、数回以上にわたりEPUBマガジンが未着エラーになった場合、対象メール・アドレスは無効とし、本サービスの提供を停止させていただきます。

第4条(無料購読期間)

EPUBマガジンの配信は、申込みが成立した日の翌週より開始されます。
前項に定める配信は、無料購読者より次条に定める解約手続がなされない限り、配信されます。

第5条(解約)

無料購読者は、本サービスの利用を終了したい場合、弊社所定の方法により解約の申出を行うものとします。
弊社は、無料購読者が以下のいずれかに該当する場合は、弊社の判断によって、強制的に本サービスの利用を停止します。
本規約に違反した場合
その他弊社が不適切と判断した場合

第6条(無料購読)

EPUBマガジンの購読料金は、当分の間無料といたします。今後有料化される場合には改めて無料購読者全員に通知し、購読をご希望の場合は有料購読の申し込みを改めて行なっていただきます。

第7条(権利の帰属)

本サービス及び本サービスにおいて配信するEPUBマガジンの著作権は、弊社及び各々の著作権者に帰属します。無料購読者は、著作権法に定める私的使用の範囲を超えて本サービス及びEPUBマガジンを利用しないものとします。

第8条(個人情報)

弊社は、個人情報を「プライバシー・ポリシー」に基づき適切に取扱うものとします。

第9条(免責)

弊社は、天災地変、停電、通信回線の事故、通信事業者の不履行、インターネットインフラその他サーバ等のシステム上の不具合、緊急メンテナンスの発生、その他弊社の責に帰することのできない事由により本サービスの全部または一部を履行できなかった場合、弊社はその責を問われ ないものとします。
迷惑メール対策などの理由によりEPUBマガジンが無料購読者に届かなかった場合、弊社はその責を問われないものとします。
弊社は、無料購読者の受信端末の環境設定や機種による不具合に関し、一切の責を問われないものとします。また、これらについての個々のお問い合わせに関しては、お答えいたしません。
弊社は、システムの定期メンテナンスまたは修理等のため、本サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとします。弊社は、適当と判断する方法により無料購読者に対しその旨事前告知します。
弊社は、EPUBマガジンの信頼性、正確性、合法性等については一切の責任を負いません。無料購読者は、自己の責任において本サービス及びEPUBマガジンを利用するものとします。
弊社は、任意の判断で、本サービスの内容の追加、変更または本サービスの中断、終了等できるものとし、当該変更等により生じた損害について、その責を負いません。

第10条(規約の改定)

弊社は、弊社の判断により、本規約をいつでも任意の理由で変更することができるものとします。
変更後の規約は、弊社が別途定める場合を除いて、本サービスのサイト上に表示した時点より効力を生じるものとし、無料購読者が、本規約の変更の効力が生じた後に本サービスを利用する場合、変更後の規約に同意したものとみなします。
本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約のその他の規定はこれに反しない最大の範囲で効力を有するものとします。

第11条(準拠法)

本規約は日本法に準拠し、日本法に従って解釈され、無料購読者と弊社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
2012年6月1日 制定

申し込みへ