山と溪谷 編集部ブログ

山と溪谷7月号まもなく発売です!

どもども、伊藤です。

速報!!

本日、山と溪谷7月号ができあがりました!

「もっと遠くへ。北アルプス大縦走。」

特集は、みんな大好きな北アルプスの大縦走ガイド!
〝大縦走〟と謳っているのは、最低でも2泊から3泊はかかりそうな縦走路ばかりを紹介しているからなのです。
今回のテーマは「縦走+α」。
岩稜縦走? お花畑縦走? テント泊縦走? バリエーションコース?
あなたなら「α」に何を選びますか?

この特集で、伊藤は岩稜編の後立山連峰(通称ゴタテ)の縦走取材に行ってきました。
取材計画を立てているときも、実際に歩いているときも、「長大なルートだなー。こんなに長く稜線を歩けるなんてアルプスはすごいなー」と驚いてばかりだったのですが、特集で紹介しているほかのルートガイドを見ていると伊藤のプランはこれでも距離が短い方だったことに気づいてさらにびっくり…。

日本アルプスの経験は、まだまだビギナーですが、本当にいい山ばかり。
伊藤のオススメは、やっぱりゴタテ縦走
みなさんもこの夏は編集部推薦のビッグな縦走を楽しんでみてはいかがでしょうか。

そして、7月号の隣に写っている冊子。こちらが気になっている人も多いですよね。
こちらは、今号の付録「THE TENT BOOK」。
その名のとおり、テントの使い方から、収納方法、保管方法、メンテナンス方法などテントにかかわるすべてがこの一式にギュッと詰まっています。
一冊所持しておくだけで、困ったときに役立つこと間違いなし!
テントを新調しようと思っている人は、テント選びの参考にもなりますよ。
伊藤は、なんだかんだでテントを4張持っています。それぞれ特徴が異なり、気分や場所に合わせてテントを選ぶのも楽しいです。そのくせ、ウェアは毎回同じなのですが…。

それはさておき、山と溪谷7月号の発売日は6月15日!
みなさん、今号もよろしくお願いいたします。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2018年9月号「紙とデジタルを活用した、最新読図入門」「山と溪谷と、食欲と私」「綴じ込み付録 登山が変わる!地図読みドリル2018」
  • 山と溪谷 2018年8月号 創刊1000号記念特別号「特別巻頭グラフ:皇太子さまの山岳写真」「決定版!日本登山ルート100選」「山と溪谷1000号の歩み」「別冊付録 登山用語小辞典 2000語」「シェラカッププレゼント!抽選で1000名様に」
  • 山と溪谷 2018年7月号 創刊999号記念特別編集「旅する北アルプス 大自然、登山史、山小屋と登山道。この夏、日本の登山の源流を歩く山旅へ」「999号の歴史 北アルプスバックナンバー公開」「南アルプスの歩き方」
  • 山と溪谷 2018年6月号「テントで歩くベストコース50 編集部と各地の著者がレコメンド!」「最新・テント泊装備の基本25」「別冊付録 登山バス時刻表2018 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2018年5月号「上高地と穂高岳」「夏山のアウター戦略」「別冊付録 登山バス時刻表2018関西周辺」
  • 山と溪谷 2018年4月号「大人のための登山学  何歳でも成長できる、現役で登り続ける方法」「望月将悟・40歳。現在地とこれから」「ワンランク上の残雪の山」「残雪期登山コースガイド」
  • 山と溪谷 2018年3月号「もう悩まない! 膝痛と歩き方」「快適に歩く登山のテーピング」「綴込付録:登山中のケガに対応  する救急テーピングマニュアル」
  • 山と溪谷 2018年2月号「単独行レベルアップ術」「知っておきたい山の生きもの クマ・スズメバチ・マダニ その生態と回避・対処法」
  • 山と溪谷 2018年1月号「縦走、花、岩稜、バリエーション 今年歩きたいベストルート100」「登山者のためのブックガイド2018」「別冊付録 山の便利帳2018」「2週間耐え抜いた山岳遭難からの生還」
  • 山と溪谷 2017年12月号「ステップアップ雪山登山」「高機能アンダーウェアバイヤーズガイド」「星野道夫 極北の動物たち2018年カレンダー」
  • 山と溪谷 2017年11月号 保存版特集「再発見 高尾山 東京都心から最も近いあの山へ!」綴込付録「高尾山周辺詳細登山地図 2万5000分ノ1登山地図・高尾山中心部詳細図・関連情報・アクセス&バス時刻表」第2特集「六甲山を遊びつくそう!」綴込付録「六甲山全域ハイキングマップ」
  • 山と溪谷 2017年10月号「日本アルプス紅葉大全2017」「北の山の紅葉便り」「秋山の気象とウェア選び」「別冊付録 登山バス時刻表関東周辺2017-2018」「東丹沢・大山 安全登山マップ」