山と溪谷 編集部ブログ

初取材に行ってきました!

こんにちは。クロオです。
まだまだ暑いですが、先月に比べたら少しは涼しくなってきたような?
そろそろ秋の山行計画も立てたいですね。

さて、先週は台風一過を狙って取材に行ってきました。
山域は後立山の唐松岳~白馬三山。
前の記事で、来週は取材です!と書いたような気がしますが、天気やらスケジュールの関係で延びに延び、ようやく行くことができました。
待たせたな、ゴタテよ!

白馬岳は、登山を始めたばかりの4年前に一度登って以来はじめて。
前回は入下山ともに猿倉だったので、縦走するのも初。
(どんな景色が見られるだろう)とワクワクしつつも、出発前に編集部の神谷さんから「もう山は秋かもしれないけど、少しでも夏を探してきてね」と言われ、夏の色があるだろうかという心配もありました。

そんなこんなで、楽しみと不安の混ざった表情で車窓を流れる景色を眺める……ということにはならないのが私。
当日は新宿から白馬駅までの特急あずさで爆睡し、同行者を若干困惑させました。

ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、八方池山荘からよく整備された道を歩いていくと……


どーん。左から、Ⅲ、Ⅱ、Ⅰ峰がよく見えます。
明日は右端に見える、「天狗の大下り」を登るのか~。随分急だけど、登れるかな。



翌日。ここから険しい岩稜を歩きます。
編集部には、出先から直帰する場合に、ホワイトボードに「不帰」と書く人もいるんですよ。
かっこよくて密かに憧れていたりします。

IMG_6741.JPG

こちらは山行最終日。白馬岳を振り返って撮ったもの。
左端に写っているのは鹿島槍ヶ岳。夏っぽさが残っていてよかった~。

IMG_6774.JPG

白馬大池が見えてきました。池の畔でテント泊してみたいな。

IMG_6792.JPG

下山途中で見つけたナナカマド。実が赤く色づいていました。
白馬大池の周りは秋の雰囲気が漂っていて、
夏っぽさと同時に秋の訪れも感じることができて、ちょっと得した気分です。

と、駆け足ですが取材の報告でした!
不帰(かえらず)から無事帰ってこられてよかった。ホッ



山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2018年7月号 創刊999号記念特別編集「旅する北アルプス 大自然、登山史、山小屋と登山道。この夏、日本の登山の源流を歩く山旅へ」「999号の歴史 北アルプスバックナンバー公開」「南アルプスの歩き方」
  • 山と溪谷 2018年6月号「テントで歩くベストコース50 編集部と各地の著者がレコメンド!」「最新・テント泊装備の基本25」「別冊付録 登山バス時刻表2018 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2018年5月号「上高地と穂高岳」「夏山のアウター戦略」「別冊付録 登山バス時刻表2018関西周辺」
  • 山と溪谷 2018年4月号「大人のための登山学  何歳でも成長できる、現役で登り続ける方法」「望月将悟・40歳。現在地とこれから」「ワンランク上の残雪の山」「残雪期登山コースガイド」
  • 山と溪谷 2018年3月号「もう悩まない! 膝痛と歩き方」「快適に歩く登山のテーピング」「綴込付録:登山中のケガに対応  する救急テーピングマニュアル」
  • 山と溪谷 2018年2月号「単独行レベルアップ術」「知っておきたい山の生きもの クマ・スズメバチ・マダニ その生態と回避・対処法」
  • 山と溪谷 2018年1月号「縦走、花、岩稜、バリエーション 今年歩きたいベストルート100」「登山者のためのブックガイド2018」「別冊付録 山の便利帳2018」「2週間耐え抜いた山岳遭難からの生還」
  • 山と溪谷 2017年12月号「ステップアップ雪山登山」「高機能アンダーウェアバイヤーズガイド」「星野道夫 極北の動物たち2018年カレンダー」
  • 山と溪谷 2017年11月号 保存版特集「再発見 高尾山 東京都心から最も近いあの山へ!」綴込付録「高尾山周辺詳細登山地図 2万5000分ノ1登山地図・高尾山中心部詳細図・関連情報・アクセス&バス時刻表」第2特集「六甲山を遊びつくそう!」綴込付録「六甲山全域ハイキングマップ」
  • 山と溪谷 2017年10月号「日本アルプス紅葉大全2017」「北の山の紅葉便り」「秋山の気象とウェア選び」「別冊付録 登山バス時刻表関東周辺2017-2018」「東丹沢・大山 安全登山マップ」
  • 山と溪谷 2017年9月号 「山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座」「コツが身につく!地図読みドリル2017」「歴史と自然に親しむロングトレイル入門」
  • 山と溪谷 2017年8月号 「登れ!日本の3000m峰21座 保存版」「夏から初秋のテント泊山行」「3000m峰全収録 中部山岳全域マップ」「携行できるツエルト活用ガイド」