山と溪谷 編集部ブログ

山本正嘉先生の「安全登山」トークイベント開催!

ども、イトーです。

10月だというのに、シトシトと雨が降り続き、ゴーゴーと台風が接近し、ワタワタと校了に追い込まれる編集部…。
あのさわやかで平和な10月はどこにいってしまったのでしょう。
紅葉の山取材に行きたいのになあ。。。

さて、今回は講演会のお知らせです。

『山と溪谷』でも大変お世話になっている鹿屋体育大学教授の山本正嘉(やまもと・まさよし)先生による「安全登山のための運動生理学とトレーニング学」の講演会を開催します。

山本先生は、登山の「体力度」を消費エネルギーで表わす「メッツ」という方法を考案し、その「コース定数」に基づいた山のグレーディングが長野県をはじめ、新潟県、山梨県、静岡県などで導入されています。

図は、『山と溪谷』3月号特集「総点検!山のカラダ」で紹介したものです。

「私たちは加齢により次第に体力が落ちていくものです。しかし、それを認識せず自分の体力を過大評価していると、登山中に思わぬ事故や遭難にあうリスクが高まります。逆に、体力にふさわしい登山をすることで、事故や怪我を防ぐことができます」

講演では、身体の仕組みと登山の「大変さ」を理解しながら、自分の体力を客観的に把握する方法や、登山の疲労や障害、身体のトラブルの対処法などを分かりやすく解説します。

初心者・ベテランを問わず、より安全でより快適な登山のためのヒントと、トレーニング方法などを知ることができるので、興味のある人はぜひお越しください。

●主催:山岳スポーツ指導協会、ヤマケイ登山総合研究所、山と溪谷編集部
●講師:山本正嘉(鹿屋体育大学教授)
●日時:2016年10月22日(土)18:00~19:30(受付は17時30分から開始)
●会場:東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23階インプレスグループセミナールーム
●参加費:500円(資料代)
●申込み方法=山岳指導スポーツ協会の申込みページから
基調講演の予約は先着順です。
●問合せ先:︎☎︎042-575-6131 メール:mgorilla@ma.ejnet.ne.jp
山岳スポーツ指導協会安全登山担当 安村淳

お待ちしています。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2018年7月号 創刊999号記念特別編集「旅する北アルプス 大自然、登山史、山小屋と登山道。この夏、日本の登山の源流を歩く山旅へ」「999号の歴史 北アルプスバックナンバー公開」「南アルプスの歩き方」
  • 山と溪谷 2018年6月号「テントで歩くベストコース50 編集部と各地の著者がレコメンド!」「最新・テント泊装備の基本25」「別冊付録 登山バス時刻表2018 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2018年5月号「上高地と穂高岳」「夏山のアウター戦略」「別冊付録 登山バス時刻表2018関西周辺」
  • 山と溪谷 2018年4月号「大人のための登山学  何歳でも成長できる、現役で登り続ける方法」「望月将悟・40歳。現在地とこれから」「ワンランク上の残雪の山」「残雪期登山コースガイド」
  • 山と溪谷 2018年3月号「もう悩まない! 膝痛と歩き方」「快適に歩く登山のテーピング」「綴込付録:登山中のケガに対応  する救急テーピングマニュアル」
  • 山と溪谷 2018年2月号「単独行レベルアップ術」「知っておきたい山の生きもの クマ・スズメバチ・マダニ その生態と回避・対処法」
  • 山と溪谷 2018年1月号「縦走、花、岩稜、バリエーション 今年歩きたいベストルート100」「登山者のためのブックガイド2018」「別冊付録 山の便利帳2018」「2週間耐え抜いた山岳遭難からの生還」
  • 山と溪谷 2017年12月号「ステップアップ雪山登山」「高機能アンダーウェアバイヤーズガイド」「星野道夫 極北の動物たち2018年カレンダー」
  • 山と溪谷 2017年11月号 保存版特集「再発見 高尾山 東京都心から最も近いあの山へ!」綴込付録「高尾山周辺詳細登山地図 2万5000分ノ1登山地図・高尾山中心部詳細図・関連情報・アクセス&バス時刻表」第2特集「六甲山を遊びつくそう!」綴込付録「六甲山全域ハイキングマップ」
  • 山と溪谷 2017年10月号「日本アルプス紅葉大全2017」「北の山の紅葉便り」「秋山の気象とウェア選び」「別冊付録 登山バス時刻表関東周辺2017-2018」「東丹沢・大山 安全登山マップ」
  • 山と溪谷 2017年9月号 「山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座」「コツが身につく!地図読みドリル2017」「歴史と自然に親しむロングトレイル入門」
  • 山と溪谷 2017年8月号 「登れ!日本の3000m峰21座 保存版」「夏から初秋のテント泊山行」「3000m峰全収録 中部山岳全域マップ」「携行できるツエルト活用ガイド」