山と溪谷 編集部ブログ

2月号まもなく発売です

ども、イトーです。

新年最初の記事になりました。
今年の抱負は、「もっとディープに山に浸る」。
この2~3年の間に足を踏み入れた、山スキー、トレラン、沢登りなどのアクティビティを今年はもっとエンジョイしてやるぜ!
先日も宮崎先輩に、「スノーバーティカルダウンレース」というスキーで滑ったほうが絶対楽しいゲレンデを、ひたすら駆け下るマニアックなレースに誘われました。
実は昨年も参戦しているのですが、前回は取材として、今年は選手としてエントリーさせてもらえるとのこと。
「なにが楽しいの?」と聞かれると回答するのがヒジョーに難しいのですが、誘われた瞬間に「絶対行きます!」と即答する変な魅力があります。賞金レースだし(笑)

さて、話を主題に移して、、、山と溪谷2月号が刷り上がりました!!

今月号の特集は「単独行60の知恵」

3248_001.jpg

おそらく多くの人が楽しんでいる「単独行」。しかし、単独行には危険がつきもの。
今回は実践者たちに単独行での安全対策やテクニックを聞きました。
個人的にとても勉強になったのは、山岳ガイドの廣田勇介さんに聞いた「ひとり歩きの道迷い防止術」。
年末に友人と登山者の少ない低山に登ったのですが、友人が見事に道を間違えること、間違えること…。
ケモノ道につられて、踏み跡の少ない場所でルートを外れてしまうなんて人は、ぜひ廣田さんのページを読んでみてください。

3249_001.jpg

第2特集は、「トランスジャパンアルプスレース 究極のソロ登山者に学ぶ」
トランスジャパンアルプスレース(TJAR)は、富山県の日本海から、静岡県の駿河湾まで、日本アルプスを縦断しながら進む究極のアドベンチャーレース。
この大会は、出場するだけでもかなりの難関で、登山技術や経験などの審査が厳しいことで有名です。そんな出場選手たちはまさに究極の単独行者。
どのような道具で、どのような計画で1週間以上に及ぶレースに挑んでいるのか、その秘密を紹介します。

最後に、イトーの個人的に気になるコーナーの紹介。
今月は、人気連載「GTR」から、「スノーシュー」。
日本の山岳地帯にはスノーシューより、ワカンのほうが向いている、という話も聞きますが、なんたってスノーシューはやっぱりかっこいいし、楽しそう!
ホーボージュンさんのインプレッションで、魅力的な最新スノーシューをチェック!

以上、レースをめざしてコツコツとトレーニング&ダイエットを始めたイトーでした。今月もどうぞよろしく。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2018年11月号「再発見 東京周辺の山100」
  • 山と溪谷 2018年10月号
  • 山と溪谷 2018年9月号「紙とデジタルを活用した、最新読図入門」「山と溪谷と、食欲と私」「綴じ込み付録 登山が変わる!地図読みドリル2018」
  • 山と溪谷 2018年8月号 創刊1000号記念特別号「特別巻頭グラフ:皇太子さまの山岳写真」「決定版!日本登山ルート100選」「山と溪谷1000号の歩み」「別冊付録 登山用語小辞典 2000語」「シェラカッププレゼント!抽選で1000名様に」
  • 山と溪谷 2018年7月号 創刊999号記念特別編集「旅する北アルプス 大自然、登山史、山小屋と登山道。この夏、日本の登山の源流を歩く山旅へ」「999号の歴史 北アルプスバックナンバー公開」「南アルプスの歩き方」
  • 山と溪谷 2018年6月号「テントで歩くベストコース50 編集部と各地の著者がレコメンド!」「最新・テント泊装備の基本25」「別冊付録 登山バス時刻表2018 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2018年5月号「上高地と穂高岳」「夏山のアウター戦略」「別冊付録 登山バス時刻表2018関西周辺」
  • 山と溪谷 2018年4月号「大人のための登山学  何歳でも成長できる、現役で登り続ける方法」「望月将悟・40歳。現在地とこれから」「ワンランク上の残雪の山」「残雪期登山コースガイド」
  • 山と溪谷 2018年3月号「もう悩まない! 膝痛と歩き方」「快適に歩く登山のテーピング」「綴込付録:登山中のケガに対応  する救急テーピングマニュアル」
  • 山と溪谷 2018年2月号「単独行レベルアップ術」「知っておきたい山の生きもの クマ・スズメバチ・マダニ その生態と回避・対処法」
  • 山と溪谷 2018年1月号「縦走、花、岩稜、バリエーション 今年歩きたいベストルート100」「登山者のためのブックガイド2018」「別冊付録 山の便利帳2018」「2週間耐え抜いた山岳遭難からの生還」
  • 山と溪谷 2017年12月号「ステップアップ雪山登山」「高機能アンダーウェアバイヤーズガイド」「星野道夫 極北の動物たち2018年カレンダー」