山と溪谷 編集部ブログ

上高地がもりもりの5月号、まもなく発売です!

はじめまして。

4月から「山と溪谷」編集部に異動してきました、たなかさきです。

山はまだまだこれからの超・初心者なので、周りの山に詳しい先輩方から学びつつ...頑張りたいと思います。

さて、15日(土)に発売となる「山と溪谷」5月号をご紹介します!

一足先に刷り上がった本が届きました。どーん!ヽ(・c_・。)ノ.+゚

この表紙!ザ・上高地の風景ですね~、わくわくしてきます。

左の緑の冊子が、別冊付録「登山バス時刻表 2017年 関西周辺」です。

掲載されているのは、但馬・播磨・六甲・北摂・比良・大峰・鈴鹿・南紀などなど...

大学生のときは六甲山の麓の大学に通っていたので、通学に使っていたバスが載っていたりとちょっぴり懐かしい気持ちに。

関西におでかけの際は、たくさん使ってあげてくださいね~!

今月号の特集は『もう一度知る、上高地』

皆さんは何度訪れたことがあるでしょうか。

多くの登山者と観光客が行き交う上高地の魅力を、春と夏の2つの季節に分けて紹介しています。

春はさまざまな花や野鳥が見られ、自然観察にぴったりの季節。上高地は、その先の山々への通過点だった...という方、ぜひ読んでみてください。

夏、7月中旬を過ぎると、本格的な登山シーズンに。上高地周辺を「槍・穂高連峰」「常念山脈~霞沢岳」「焼岳・西穂独標・岳沢」の3つに分け、夏のモデルコースを紹介します。

その他、上高地の歴史や地理、大人気のスイーツなど、上高地がもりだくさん!

第2特集は『山小屋を利用してGWは残雪アルプスへ』

あと2週間と少し経つと、GWがやってきます。カレンダーを見てはそわそわしてしまいますね...

皆さんはもう計画を立てましたか?まだ!という方、山小屋に泊まる残雪アルプスはいかがでしょう。

残雪期ならではの景色を楽しむ、6つのコースガイドをご用意しました。

ただし残雪期と言えど、雪崩や荒天のリスクがあることも忘れてはいけません。本企画内では、この時期のリスク管理について、山岳ガイドの澤田実さんにお聞きしています。

しっかりした装備と計画で楽しいGWをお楽しみください!

以上、今月の「山と溪谷」もどうぞよろしくお願いします!

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2018年7月号 創刊999号記念特別編集「旅する北アルプス 大自然、登山史、山小屋と登山道。この夏、日本の登山の源流を歩く山旅へ」「999号の歴史 北アルプスバックナンバー公開」「南アルプスの歩き方」
  • 山と溪谷 2018年6月号「テントで歩くベストコース50 編集部と各地の著者がレコメンド!」「最新・テント泊装備の基本25」「別冊付録 登山バス時刻表2018 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2018年5月号「上高地と穂高岳」「夏山のアウター戦略」「別冊付録 登山バス時刻表2018関西周辺」
  • 山と溪谷 2018年4月号「大人のための登山学  何歳でも成長できる、現役で登り続ける方法」「望月将悟・40歳。現在地とこれから」「ワンランク上の残雪の山」「残雪期登山コースガイド」
  • 山と溪谷 2018年3月号「もう悩まない! 膝痛と歩き方」「快適に歩く登山のテーピング」「綴込付録:登山中のケガに対応  する救急テーピングマニュアル」
  • 山と溪谷 2018年2月号「単独行レベルアップ術」「知っておきたい山の生きもの クマ・スズメバチ・マダニ その生態と回避・対処法」
  • 山と溪谷 2018年1月号「縦走、花、岩稜、バリエーション 今年歩きたいベストルート100」「登山者のためのブックガイド2018」「別冊付録 山の便利帳2018」「2週間耐え抜いた山岳遭難からの生還」
  • 山と溪谷 2017年12月号「ステップアップ雪山登山」「高機能アンダーウェアバイヤーズガイド」「星野道夫 極北の動物たち2018年カレンダー」
  • 山と溪谷 2017年11月号 保存版特集「再発見 高尾山 東京都心から最も近いあの山へ!」綴込付録「高尾山周辺詳細登山地図 2万5000分ノ1登山地図・高尾山中心部詳細図・関連情報・アクセス&バス時刻表」第2特集「六甲山を遊びつくそう!」綴込付録「六甲山全域ハイキングマップ」
  • 山と溪谷 2017年10月号「日本アルプス紅葉大全2017」「北の山の紅葉便り」「秋山の気象とウェア選び」「別冊付録 登山バス時刻表関東周辺2017-2018」「東丹沢・大山 安全登山マップ」
  • 山と溪谷 2017年9月号 「山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座」「コツが身につく!地図読みドリル2017」「歴史と自然に親しむロングトレイル入門」
  • 山と溪谷 2017年8月号 「登れ!日本の3000m峰21座 保存版」「夏から初秋のテント泊山行」「3000m峰全収録 中部山岳全域マップ」「携行できるツエルト活用ガイド」