山と溪谷 編集部ブログ

9月号発売中です!

ども、伊藤です。

ブログの更新が滞り、ごめんなさい。
今年の8月は変ですね。天気がころころ変わって雨ばかり…。

いまさらですが、8月11日(金・祝)・12日(土)にはTANZAWA 山モリ!フェス2017が開催されました。
天気はあいにくの曇り空でしたが、たくさんのご来場ありがとうございました!

会場内にはボルダリングウォールやクライミングウォールも出現!

DSC03293 (1).jpg

体験会では、好日山荘の大人女子登山部プレゼンツ!
家族で楽しむスモーククッキングも開催されました。いい色、いい香り!

DSC03258 (1).jpg

展示コーナーでは、世界的クライマー・山野井泰史さんが実際に使用した数々のギアが登場。

DSC03271 (1).jpg

さまざまなアウトドアメーカーのブースも大人気でした。
夏休みということで、子どもと一緒に楽しめるワークショップもたくさんありました。

さて、今夏の天気は不安定といいましたが、イトーはお盆のシーズンに北海道にいってきました。
プライベートの旅行ではなく、夏山取材です☆

北海道・大雪山系は山のスケールが超でっかい。こんな場所が日本にあったの!?という衝撃の連続でした。

DSC03414 (1).jpg

この三川台という場所も山の稜線上に平坦なトレイルがずっと続く息を呑むようなルートでした。

DSC03386 (1).jpg

ただし、原始が姿が残っているということは、人間にとってデメリットもあります。
登山ルートには、何㎞ものヤブこぎを強いられるポイントや、ヒグマの気配を感じながらテント場で眠る場所も。

DSC03380 (1).jpg

でも、だからこそこんな美しい風景が楽しめるんですね。これは朝日を浴びたオプタテシケ。

この取材の内容は来年の6月号で掲載予定です。

また、現在発売中の山と溪谷9月号は「地図読み」特集。
毎年、恒例になりつつありますが、今回のテーマは「楽しい地図読み」。
僕は、地図アプリの有用性を調査しましたよ!

ぜひ、こちらもよろしくお願いいたします。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2017年11月号 保存版特集「再発見 高尾山 東京都心から最も近いあの山へ!」綴込付録「高尾山周辺詳細登山地図 2万5000分ノ1登山地図・高尾山中心部詳細図・関連情報・アクセス&バス時刻表」第2特集「六甲山を遊びつくそう!」綴込付録「六甲山全域ハイキングマップ」
  • 山と溪谷 2017年10月号「日本アルプス紅葉大全2017」「北の山の紅葉便り」「秋山の気象とウェア選び」「別冊付録 登山バス時刻表関東周辺2017-2018」「東丹沢・大山 安全登山マップ」
  • 山と溪谷 2017年9月号 「山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座」「コツが身につく!地図読みドリル2017」「歴史と自然に親しむロングトレイル入門」
  • 山と溪谷 2017年8月号 「登れ!日本の3000m峰21座 保存版」「夏から初秋のテント泊山行」「3000m峰全収録 中部山岳全域マップ」「携行できるツエルト活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年7月号 「北アルプス岩稜ルートをめざせ!槍ヶ岳・穂高岳・剱岳・後立山」「山岳ガイドに学ぶ実践的ロープワーク術」「イラストでわかりやすい 山のロープワーク術」「北アルプス岩稜マップ&ガイド」
  • 山と溪谷 2017年6月号 「夏山登山を変える最新テクニック70 実践者が教える計画・装備・行動の新常識」「那須岳雪崩事故の背景をさぐる 高体連と高校山岳部の現在」「初夏、高山の花を訪ねて」「登山バス時刻表 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2017年5月号 「もう一度知る、上高地」「山小屋を利用してGWは残雪アルプスへ」「登山バス時刻表2017年関西周辺」「山が楽しくなる!GPSギア活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年4月号「最新『軽・快』登山マニュアル2017 バテバテ、ヘトヘトよサラバ!」「春爛漫のお花見ハイキング 愛でる、山のさくら」
  • 山と溪谷 2017年3月号 「悩めるヒザ、予防と対策」「ベストバイ・登山靴」「切りとって持っていける膝痛予防テーピングカード」
  • 山と溪谷 2017年2月号 単独行60の知恵:単独行 計画と実践、実践と危機管理、究極のソロ登山者
  • 山と溪谷 2017年1月号 今年の山をどう登る?スキルアップに役立つ「山」の新常識2017、年末年始は山へ、別冊付録「山の便利帳2017」
  • 山と溪谷 2016年12月号 「ステップアップ”本格”雪山登山」「入門から3000m峰まで雪山ウェア&ギアの選び方」「付録 星野道夫2017カレンダー極北の動物たち」