山と溪谷 編集部ブログ

紅葉真っ盛りの焼岳へ

こんばんは、たなかです。

皆さん、この三連休はいかがでしたか?

日曜日から月曜日は秋晴れの気持ちのよい日で絶好の山日和でしたね。

この連休、私は父と焼岳を歩いてきました。

上高地帝国ホテル前バス停で下車して登山口へ。焼岳に登り、新中の湯ルートで下山しました。

気持ちのよい青空と岸壁にも紅葉がちらほら、近くにいた人からも「きれい~」と声が上がっていました。

焼岳小屋ではスタッフさんにご挨拶。10月号の紅葉特集のガイドで、お話をお伺いした青木さんには残念ながらお会いできなかったのですが、

いらっしゃったスタッフさんに「昨日も記事を見ていらしたお客さんがいましたよ」と教えてもらってうれしい気持ちに。

お盆のお忙しいところ、記事作成にあたって、たくさんの山小屋の方にお世話になりました。

焼岳小屋を過ぎて、焼岳北峰へ向かう途中の景色。

穂高がハッキリ見えてこんなに晴れた登山は久しぶりだなあと。左奥に槍ヶ岳も小さく見えます。

ここから見るとこんな形で見えるんだ!というのも新しい発見。

6243809312_IMG_1434.JPG

新中の湯ルートを下りていくと、斜面がカラフルに色づいていて、秋ならではの景色を満喫。

ナナカマドも真っ赤に!この景色も一瞬ですぐ冬になってしまうと思うと切ない...

上高地の紅葉はこれからが本番の様子。

新中の湯ルート途中の広場で休憩。ここから先は樹林帯の木の根の多い坂を下ります。途中で足を捻ってしまいました...油断は禁物です、本当に。あ~でも天気がよくって楽しい登山になりました!

13日(金)には高尾山の紅葉が印象的な表紙の11月号が発売になります!

詳しくはこちら → http://www.yamakei.co.jp/products/2817900991.html

大学時代に神戸に住んでいたこともあって、今回私は第2特集「六甲山を遊びつくそう!」を担当しました。またそちらの内容も順次ご紹介していけたらと思います!皆さん11月号もお楽しみに。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2018年12月号
  • 山と溪谷 2018年11月号「再発見 東京周辺の山100」
  • 山と溪谷 2018年10月号
  • 山と溪谷 2018年9月号「紙とデジタルを活用した、最新読図入門」「山と溪谷と、食欲と私」「綴じ込み付録 登山が変わる!地図読みドリル2018」
  • 山と溪谷 2018年8月号 創刊1000号記念特別号「特別巻頭グラフ:皇太子さまの山岳写真」「決定版!日本登山ルート100選」「山と溪谷1000号の歩み」「別冊付録 登山用語小辞典 2000語」「シェラカッププレゼント!抽選で1000名様に」
  • 山と溪谷 2018年7月号 創刊999号記念特別編集「旅する北アルプス 大自然、登山史、山小屋と登山道。この夏、日本の登山の源流を歩く山旅へ」「999号の歴史 北アルプスバックナンバー公開」「南アルプスの歩き方」
  • 山と溪谷 2018年6月号「テントで歩くベストコース50 編集部と各地の著者がレコメンド!」「最新・テント泊装備の基本25」「別冊付録 登山バス時刻表2018 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2018年5月号「上高地と穂高岳」「夏山のアウター戦略」「別冊付録 登山バス時刻表2018関西周辺」
  • 山と溪谷 2018年4月号「大人のための登山学  何歳でも成長できる、現役で登り続ける方法」「望月将悟・40歳。現在地とこれから」「ワンランク上の残雪の山」「残雪期登山コースガイド」
  • 山と溪谷 2018年3月号「もう悩まない! 膝痛と歩き方」「快適に歩く登山のテーピング」「綴込付録:登山中のケガに対応  する救急テーピングマニュアル」
  • 山と溪谷 2018年2月号「単独行レベルアップ術」「知っておきたい山の生きもの クマ・スズメバチ・マダニ その生態と回避・対処法」
  • 山と溪谷 2018年1月号「縦走、花、岩稜、バリエーション 今年歩きたいベストルート100」「登山者のためのブックガイド2018」「別冊付録 山の便利帳2018」「2週間耐え抜いた山岳遭難からの生還」