山と溪谷 編集部ブログ

山と溪谷1000号は紙媒体で入手しよう!

ども、イトーです!

7月14日発売の8月号で、『山と溪谷』は創刊1000号を迎えます!

2818901000_a.jpg

8月号は、金色の背景とクラシカルな写真の表紙が目印です。
表紙は『山と溪谷』を創刊した川崎吉蔵と、その家族の写真になっています。
写真に秘められた物語や、『山と溪谷』創刊の物語はぜひ誌面でお楽しみください。

特集は「決定版! 日本登山ルート100選」
北海道から九州まで、編集部と全国の有識者(写真家、ガイドブック著者、登山ガイドなど)の方々で、後世に残したい全国の名ルートを選考しました。
特集、第2特集の詳細は、後日あらためて紹介しますが、今回、みなさんにお伝えしたいのは「1000号は電子版ではなく、紙版のほうが絶対おすすめ!」ということです。

なぜなら、創刊1000号を記念した特別プレゼントに応募できるのは紙版のみ!

編集部では、1000号を記念し、オリジナルチタン製シェラカップを制作しました。

そもそも、シェラカップとは、アメリカの偉人ジョン・ミューアが1892年に設立した「シエラクラブ」の会員証として誕生しました。
ジョン・ミューアとは、開発による環境破壊から美しいヨセミテを守るために活動した人物で、彼の演説は、当時のアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトの心をも動かし、1890年にヨセミテが国立公園に指定された、という逸話があります。
ジョン・ミューアは「自然保護の父」とも称され、彼の設立したシエラクラブのロゴが入ったカップは、美しい山や森、渓谷を保護する彼らにとって誇りでもあったのです。

…と、まあ、シエラクラブと我々はぶっちゃけ関係ないのですが、「豊かで美しい自然風景を後世へと残したい」という想いは同じはず。

そんな想いのこもったオリジナルシェラカップを1000名様にプレゼントします!

ただし、応募は雑誌の巻末ハガキからのみの受付となるため、8月号は紙版がおすすめなのです。
※画像のシェラカップは制作中のイメージです。詳細はまたブログで紹介する予定です。

さらに、8月号には別冊付録として「登山用語小事典」もつきます。
登山の関するさまざまな情報が掲載された一冊です。ものすごく分厚い一冊になっています。
辞典なので、気になる山用語などを調べたいときに重宝しますし、パラパラめくって読んでもおもしろいです。

さてさて、長くなりましたが、最後に大切なことなのでもう一度。
「1000号は電子版ではなく、紙版のほうが絶対おすすめ!」です。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2018年12月号
  • 山と溪谷 2018年11月号「再発見 東京周辺の山100」
  • 山と溪谷 2018年10月号
  • 山と溪谷 2018年9月号「紙とデジタルを活用した、最新読図入門」「山と溪谷と、食欲と私」「綴じ込み付録 登山が変わる!地図読みドリル2018」
  • 山と溪谷 2018年8月号 創刊1000号記念特別号「特別巻頭グラフ:皇太子さまの山岳写真」「決定版!日本登山ルート100選」「山と溪谷1000号の歩み」「別冊付録 登山用語小辞典 2000語」「シェラカッププレゼント!抽選で1000名様に」
  • 山と溪谷 2018年7月号 創刊999号記念特別編集「旅する北アルプス 大自然、登山史、山小屋と登山道。この夏、日本の登山の源流を歩く山旅へ」「999号の歴史 北アルプスバックナンバー公開」「南アルプスの歩き方」
  • 山と溪谷 2018年6月号「テントで歩くベストコース50 編集部と各地の著者がレコメンド!」「最新・テント泊装備の基本25」「別冊付録 登山バス時刻表2018 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2018年5月号「上高地と穂高岳」「夏山のアウター戦略」「別冊付録 登山バス時刻表2018関西周辺」
  • 山と溪谷 2018年4月号「大人のための登山学  何歳でも成長できる、現役で登り続ける方法」「望月将悟・40歳。現在地とこれから」「ワンランク上の残雪の山」「残雪期登山コースガイド」
  • 山と溪谷 2018年3月号「もう悩まない! 膝痛と歩き方」「快適に歩く登山のテーピング」「綴込付録:登山中のケガに対応  する救急テーピングマニュアル」
  • 山と溪谷 2018年2月号「単独行レベルアップ術」「知っておきたい山の生きもの クマ・スズメバチ・マダニ その生態と回避・対処法」
  • 山と溪谷 2018年1月号「縦走、花、岩稜、バリエーション 今年歩きたいベストルート100」「登山者のためのブックガイド2018」「別冊付録 山の便利帳2018」「2週間耐え抜いた山岳遭難からの生還」