山と溪谷 編集部ブログ

3月23日実践編(塩の山)レポート

ども、伊藤です。

全3回の歩き方セミナー、今回は実践編です。
山梨県の甲州市「塩の山」で開催しました。
塩の山、ご存知ですか? 甲府盆地にポツンと立つ標高500mちょっとの低山です。
標高は低いんですが、大菩薩嶺などからもその姿が目立つかわいらしい山です。

@IMG_6211.jpg

さて、今回の講習会に参加いただいたのは、7名の迷える膝痛登山者。

@IMG_6227.jpg

講師は、前回と同じくプロトレイルランナーの小川壮太さんです。

@IMG_6294.jpg

山中には梅が満開で、気持ちのよい日差しを浴びながらの講習会。
はたして、参加者たちは膝痛を発生することなく下山できるのか!?

@IMG_6441.jpg

ちなみに今回の講習では、前回の机上編で学んだ基本を実践することがメインです。
とはいえ、前回の会場ではできなかったトレッキングポールの活用法など、新たなハウツーも!

@IMG_6400.jpg

こちら、小川さんの左手です。
見てほしいのは、小川さんが着けているウォッチ、ではなく、
薬指にキラリとひかる結婚指輪、でもなく、
実はこれ、意外と知られていない正しいトレッキングポールの持ち方なんです。
小川さんいわく「スキーとおんなじ」で、
バンドに下から手を通し、親指と人差し指の間でバンドを押さえつけるように持ちます。

@IMG_6424.jpg

参加者の表情を見ても「へー、そうだったんだー」という感想が聞こえてくるかのよう。
さて、持ち方を教わった後は、トレッキングポールを着く位置や、タイミング(リズム)を意識しながら歩いてみます。

すると、うん??
小川さんにポイントを教わったのに、ポールを着くタイミングと脚を出すタイミングが合わず、ナンバ歩きのようになってしまう人も。(写真右から2番目の男性は、ナンバ歩きになっていますネ!)
普段、トレッキングポールを意識せずに使っていることがよくわかります。
道具はちゃんと正しい使い方を意識しないと、その優れた効果を発揮できません。

@IMG_6367.jpg

さて、レクチャーを受けた後は、階段状の下りや、足場の悪い急登、木の葉で滑りやすい斜面など、塩の山を隅々まで歩き回りながらいろんな地形で歩行法を実践しました。

山頂まで1時間足らずのショートな低山ですが、我々が歩いた時間は、5時間強!
カラダに疲労も少しずつたまり、膝痛が生じてもおかしくありません。
しかーし、一人も膝痛が生じることなく、下山することができました。
やはり、膝痛の予防法は「歩き方」にあるのでーす!

と、いうわけで、歩き方セミナー第2回は大・大・大成功!!!

明日は、青梅丘陵で、歩き方セミナーの第3回実践編が開催予定です。
迷える膝痛登山者たちは、痛みを克服できるのでしょうか。乞うご期待。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷2019年7月号
  • 山と溪谷2019年6月号「剱岳と立山」
  • 山と溪谷 2019年5月号「夏のテント山行 入門とガイド」
  • 山と溪谷 2019年4月号
  • 山と溪谷 2019年3月号
  • 山と溪谷 2019年2月号
  • 山と溪谷 2019年1月号
  • 山と溪谷 2018年12月号
  • 山と溪谷 2018年11月号「再発見 東京周辺の山100」
  • 山と溪谷 2018年10月号
  • 山と溪谷 2018年9月号「紙とデジタルを活用した、最新読図入門」「山と溪谷と、食欲と私」「綴じ込み付録 登山が変わる!地図読みドリル2018」
  • 山と溪谷 2018年8月号 創刊1000号記念特別号「特別巻頭グラフ:皇太子さまの山岳写真」「決定版!日本登山ルート100選」「山と溪谷1000号の歩み」「別冊付録 登山用語小辞典 2000語」「シェラカッププレゼント!抽選で1000名様に」