山と溪谷 編集部ブログ

テント泊、するなら今でしょ!

はじめまして。山と溪谷編集部の稲垣(♀)と申します。
そう、ウワサの新人3人のうちの1人です…!4月にヤマケイに入社したばかりのペーペーですが、これからどうぞよろしくお願いいたします!

ちなみに大学時代は、オリエンテーリングをしたり、森林にいる野生動物の研究をしていました。他人から言わせるとけっこうな「変人」らしいです(いい意味のはず)。これからブログを通して少しずつ自分のことも紹介していこうと思っています。お楽しみに!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、前回のブログで同期の白澤くんが5月号の紹介をしてくれましたが…私にも紹介させてください!

私が注目したのは第2特集「テント泊装備 フィールドテスト」

5月号2-01.png

テント泊に必須の装備、「テント」「シュラフ」「スリーピングマット」「ストーブ」…初めての人も買い替えようと思っている人も、自分が納得できるものを手に入れたいですよね。でも結構お高いですし、購入には勇気も必要…どの製品を買うか悩んでいる人も多いのではないのでしょうか。

そんなあなたに!ここでは各装備品のフィールドテストを行なってその使い勝手を紹介しちゃいます。しかもテストしたのは山岳ガイドさんや登山インストラクターさんなど信頼できる人ばかり。これはチェックするしかない!

誌面の一部を紹介するとこんな感じ…ひとつひとつに写真と的確なコメントがついていて、自分のスタイルに合った製品が見つけられそうです。

5月号2-2.png

5月号2-3.png

実は私、これまで山に入るときはほぼ日帰りだったため、テント泊をしたことがありません…(お恥ずかしいかぎりです)
でもずっとテント泊には憧れていて、今回のこの特集…これはもう買うしかないですね。私の初任給はテント泊装備に飛んでいきそうです。

いま気になっているのはモンベルのステラリッジテント2。
2人用なのに1.5kgしかなくて広さもそこそこ。女性にとって軽いのはやっぱり嬉しい。
あとは、設営もそれほど難しくなさそうで安心度up。そんなに過酷な場所で使う予定はないので、耐久性も問題なし。
う~ん、今度お店で実物を見てこようかなぁ。


そしてこの機会に本格的に装備選びを考え始めた方……ちょっとお待ちください!!!
なんと本特集で紹介されているテント泊装備のうち23点がモニター募集しているのです!無料で気になった製品を試せる絶好のチャンス!まさに某予備校講師の「今でしょ!」が脳内で再生されました。

5月号2-4.png
応募は本誌綴じ込みのハガキからできちゃいます!これ、私も応募できるのだろうか…あとでこっそり確認しよう…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんなわけで、第2特集を読んでいたら初テント泊の夢が少し近づいたような気がしてワクワクしてきました。
あと車中泊をたまにする身としてはスリーピングマットやストーブは車中泊グッズとしても使えるなぁとか思ったり。

ではでは、初テント泊したらここにご報告しようと思うので楽しみにしていてくださいね!
これからどうぞよろしく。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷2019年6月号「剱岳と立山」
  • 山と溪谷 2019年5月号「夏のテント山行 入門とガイド」
  • 山と溪谷 2019年4月号
  • 山と溪谷 2019年3月号
  • 山と溪谷 2019年2月号
  • 山と溪谷 2019年1月号
  • 山と溪谷 2018年12月号
  • 山と溪谷 2018年11月号「再発見 東京周辺の山100」
  • 山と溪谷 2018年10月号
  • 山と溪谷 2018年9月号「紙とデジタルを活用した、最新読図入門」「山と溪谷と、食欲と私」「綴じ込み付録 登山が変わる!地図読みドリル2018」
  • 山と溪谷 2018年8月号 創刊1000号記念特別号「特別巻頭グラフ:皇太子さまの山岳写真」「決定版!日本登山ルート100選」「山と溪谷1000号の歩み」「別冊付録 登山用語小辞典 2000語」「シェラカッププレゼント!抽選で1000名様に」
  • 山と溪谷 2018年7月号 創刊999号記念特別編集「旅する北アルプス 大自然、登山史、山小屋と登山道。この夏、日本の登山の源流を歩く山旅へ」「999号の歴史 北アルプスバックナンバー公開」「南アルプスの歩き方」