山と溪谷 編集部ブログ

今年も年の瀬

ども、イトーです。

2019年も12月に入り、気づけば関東周辺の山でも積雪情報が耳に入ってくるようになりました。

低山ハイカーにはうれしい季節ではありますが、突然寒気が来ると山に登るのも億劫になるというか、布団からなかなか出られなくなりますね。。。

先日、イトーは御坂山塊の一峰「節刀ヶ岳(せっとうがたけ)」に登ろうと、両親を誘って登山計画を立てました。
現地集合・現地解散のはずが、、、みごとに寝坊…。

「ごめん、いま起きた。すぐに家を出るけど、予定より一時間遅れる…」

ふだんは単独行が多いので、寝坊しても他人に迷惑をかけたりしないのですが、久しぶりにやっちまった感。

いや~仕事の登山じゃなくてよかった。。。
(仕事でも過去に一度やっちまっていますが)

登山口に到着すると、山はなんだかガスってる。風もビュービューゴーゴー吹いている。天気予報は晴れだけど、これ登山日和じゃないのでは…。

一抹の不安を抱えつつも、深くは考えないように登山道を歩き始めます。

今回のルートは、いやしの里 根場(ねんば)を起点に、鍵掛峠~鬼ヶ岳~金山~節刀ヶ岳~金山~鬼ヶ岳~雪頭ヶ岳~いやしの里 根場という周回コース。

鍵掛峠から先は急な登りあり、岩場あり、展望ありと、この周辺ではワクワク度の高い道のりです。
しかし、主稜線に乗ると積雪もそれなりにあったりして、足もとは滑りやすいし、風は強いし、富士山は見れないし。思っていたのとナンダカ違うぞ…。

天候が悪いので、節刀ヶ岳まで登るのは諦めて、鬼ヶ岳から雪頭ヶ岳への下りルートへ。
のんびり歩いていたのがよかったのか、寝坊して行動計画が1時間遅れたのがよかったのか、雪頭ヶ岳に到着したとたん、天候が回復し富士山と西湖が顔を出してくれました。

2019_1201_10483000~2.jpg

やっぱりもってるなぁ、俺。

下山後はいやしの里 根場へ。かつてこの場所にあったという茅葺屋根の家を再現した集落がまるごと観光地になっています。

IMG_20191202_224841_608.jpg

ここ、日本人にはあんまり知られていないのですが、外国からの観光客が非常に多く、いつもにぎわっているのです。

2019_1201_13584300.jpg

根場集落から望む富士山は、なかなかの絶景。レンズ雲も見られました。

そして根場集落のもう一つの魅力は、駐車場周辺でにぎわいを見せる屋台村。
日本語のメニューがほとんどなく、「これ何語?」というメニューがずらり。
イトーのおすすめは、「チリソースがけの鶏からあげ(400円)」。
日本語のメニューがないので正式名称はわかりませんが、「ミンナ食ベテル、アレ。オレモ欲シイ」と
屋台のおばあちゃんにカタコトな日本語で話しかければ、「オーケーオーケー」と今度はカタコトな英語で応えてくれます。
謎の文化が楽しめる場所です(笑)

さて、どうでもいい話をしっかりと書いてしまった。なにが言いたかったのかも忘れてしまった。
でも、ブログだからいいよね。

とりあえず、1月号校了したので、刷り上がったらまた報告します。では。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷2020年10月号
  • 山と溪谷2020年9月号
  • 山と溪谷2020年8月号
  • 山と溪谷2020年7月号
  • 山と溪谷2020年6月号
  • 山と溪谷2020年5月号
  • 山と溪谷2020年4月号
  • 山と溪谷2020年3月号
  • 山と溪谷2020年2月号
  • 山と溪谷2020年1月号
  • 山と溪谷2019年12月号
  • 山と溪谷2019年11月号