山と溪谷 編集部ブログ

ハセトゥネ その①

 

おはようございます。

今日も、めざましテレビの女子アナに笑顔で「いってくるね!」

と言って家を出てきた男、本望です。

小さな小さな液晶テレビをもらって、ようやくテレビを観られるようになりました。

夜中の通販番組、面白すぎです。

ドイツの何でも拭けちゃうタオルみたいなやつ、めっちゃ欲しい!

さすが、技術立国ドイツだわー。

ホントすごい。水なしで食べこぼしとか、

犬の足跡とか、ガラスについた口紅とか、なんでもきれいに落ちる。

(ガラスに口紅ってどんなシチュエーション…ユーミンかよ、とは思いましたけど)

しかもお値段4980円。しかも今なら、モップアタッチメントがついて……

                  *

それはそうと、先日奥多摩を約72km走るトレイルランニングの大会

「長谷川恒男カップ(通称:ハセツネ)」に出場してきました。

台風で荒天が心配されていましたけど、当日は真夏みたいに快晴、高温。

走る側としては、少し曇っていてくれた方がありがたかった……。

今回、弊社「山と溪谷社」からエントリーしたのは4名!

 

左から、

山と溪谷編集部 副編集長 宮崎

広告部 中橋

出版営業部 増田

そして一番右の破戒僧みたいなのが、僕、本望です。

一人だけ体育の授業みたいな格好でした。

「全員完走しようね!」と、一致団結。

の、はずだったのですが……

なんとベテラン宮崎は、諸事情により当日出場できなくなってしまったので、

実際は右の3人で走りました。

               *

いや~、こういう大会って始まる前の雰囲気自体が既にいいですよね。

スタートするまでの静かな興奮というか、一体感というか。

その場にいたひとだけが享受できる、特別な感覚だと思います。

シューズのチェックやストレッチの最中、トレラン経験の豊富な宮崎・中橋の二人に、

増田・本望の若手組は荷物チェックを受けます。

中橋 「ふたりとも水2.5リットル? 絶対少ないよ! 72kmだぞ?」

本望 「大丈夫ですって、普段からそんなに飲まないんで。」

中橋 「トレランなめんな!(怒)」「増田さんも水多めに持った方がいいよ(にっこり)。」

本望 「……。」

                *

そうこうしているうちに、いよいよスタートの時間が迫ってきました。

各選手、自分の目標タイムに合わせて、スタートの位置を決めます。

何も知らない僕は、「12時間」という位置に並びました。

後々起こる悲劇のことなど知らずに……。

スタートライン先頭には、当然のごとくトップランナーたちが並びます。

奥から4人目、ブロンドヘアーに黒のシューズが昨年の覇者「ダコタ・ジョーンズ」選手。

その左、デヴィッド・ボウイ、もしくはシド・ヴィシャスっぽいのが、

サロモンが送り込んだ刺客、「キャメロン・クレイトン」選手。

日本人のトップランナーもたくさん出場しています。

カメラ目線の山田琢也選手、笑顔が眩しすぎる!

                   *

 

そしてついにスタート!!!

続きはまた次回!

次週!

「本望涙のハセツネ、迫り来るタイムリミット!」

昇り始める朝日、迫り来る時間。

夏に山で出会った女性との運命の再会、そして……

 

括目して待て!

 

 

日本山岳遺産サミットを開催しました!

ちょっとお久しぶりになってしまいました。青木です。

本望が熱いハセツネ体験記を「近々UPします!」と言っていたのを信じていたら

あっという間に木曜日になってしまいました。

みなさん、うちの本望がすみませんでした(責任のなすりつけ)。

                      *

さて。

昨日は弊社イベント「日本山岳遺産サミット」を開催いたしました。

会場は、表銀座でも裏銀座でもなく、東京都・東銀座の時事通信ホール。

駅から徒歩一分のはずなのに道に迷ってしまい、おまけに足が遅いので

予定よりだいぶ遅れてしまいました。

(何度地図を見て歩いても、白鶴ビルに到着してしまうという……。

「飲みたい」という強い欲求が無意識にそうさせたのでしょうか)

                     *

やや脱線してしまいましたが、この「日本山岳遺産サミット」とは、

日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために

設立された基金である「日本山岳遺産基金」のイベントです。

今年で4回目の開催となります。

第一部では、日本山岳遺産基金活動報告と、認定地の発表がありました。


遺産認定地での活動団体の方々を招いてのパネルトーク。

司会は元本誌編集長・神谷有二です。

                    *

続いて、第二部は登山家・田部井淳子さんによる特別講演

「東北の高校生と日本一の富士山に登って」が行なわれました。


本誌読者で知らない方はいませんね! 多くの山ガールにリスペクトされている

いう田部井さん。会場には、若い女性の姿も目立ちました。

平日にもかかわらずご来場いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

                     *

ところで、『2013年11月号 山と溪谷』、おかげさまで大好評です!

読んでいただいたみなさま、ありがとうございます! 

流行に乗り遅れないように、買ってない方は本屋さんへ急げ!

 

 

こそっと遭難防止キャンペーン

こんにちは。金曜の夜に更新しております、青木です。

先日、従兄弟が子供を連れて、大阪から遊びにきました。

来年は小学校に上がるという従姪(従兄弟の娘)は、先日ランドセルが届いたようで

「うちのランドセルの色、ビビットピンクやねん!」と元気に話しておりました。

私が小学生だったころは、女子は赤、男子は黒が当たり前だった時代。

ピンクもあるにはありましたけど、学年で一人いるかいないかでした。

今は赤や黒よりも、青やピンクや黄色が多いんですって。

山ガールのように、ランドセルもカラフルな時代なのですね。

いや~、時の流れを感じました。

さて。

11月号の「単独行シンプル化計画」特集内で紹介した「ピンチカード」ですが

おかげさまで発売開始直後からプレゼント希望の

お問い合わせを多数いただいております。

弊社で作っているこの「ピンチカード」とは、

ジャバラ折りになっている、名刺サイズの用紙です。

「無雪期の山で自分が遭難してしまったら、まずどう行動するのが適切か」

というポイントが書かれているほか、自分の個人情報を

記入する欄もあります。

これをお守りがわりにお財布などに入れておけば

窮地に立たされたとき、冷静に判断するための助けとなったり

仲間やすれ違った登山者がいれば渡して

救助要請をスムーズにすることができます。

ピンチカードは、本誌をお買い上げいただいた

ご希望の皆さま全員にプレゼントさせていただいております。

みなさんの危機管理に対する意識の高さがうかがえて

編集部としても嬉しく思っております。

順次発送させていただいておりますが、住所が間違えており

戻ってきてしまう方が一部おられました

いつまで経っても届かない!という方はお問い合わせください。

ピンチカードが気になるかつまだ11月号を買っていないあなたは、

明日本屋さんへGO!(立ち読みNG!)

……と、また宣伝になってしまいましたが、

必ずしもピンチカードではなく、メモ帳やマップ、手帳などにいざという

ときの段取りや、自分の個人情報を書き留めておくのでもよいと思います。

普段は「そんな当たり前のこと、書かなくてもわかるよ!」と思っていても

いざ危機に瀕すると、気が動転して的確な判断ができないものです。

日もどんどん短くなり、ぐっと冷え込んで、

低山でも危険がいっぱいのこの時期。

遭難リスクを少しでも低くするために

「いざという時のための準備」という、このひと手間を

山行の前に心がけましょう。

本日の編集部

こんにちは。編集部の青木です。

今日は今年最大級の台風が通勤時間帯に近づき、みなさん

大変だったことと思います。私は通勤に四時間かかりました……。

家を出たときは風がとても強く、一歩一歩踏ん張って歩きました。

大変でしたが、なんだか八ヶ岳の硫黄岳の山頂にいるようで

気持ちが高ぶりました。

ああ、あの八ヶ岳の感動をもう一度!

(9月号は通販できますよ)

今日は、来月号について、編集部員にインタビューしてみました。

12月号の特集リーダーは、編集部唯一の九州男児・宮崎県出身の宮崎英樹です。

Q,12月号の特集は、どんな内容ですか?

宮崎 「『本格雪山登山入門』です。その名の通り、本格的な雪山に挑戦したい人のための特集で、おすすめの山・コースガイドをメインに歩行技術やノウハウなどを合わせて紹介しています」

Q,どんな読者を対象としていますか?

宮崎 「アイゼンをつけない、もしくは軽アイゼン程度の雪山にトライしたことのある登山者を対象としています。でも、まったくの初心者でも楽しめるとは思いますよ」

Q,「特集のほかには、どんな企画を予定しているのでしょうか

宮崎 「第二特集に冬山の装備企画、その他の企画にバックカントリースキー入門など、雪山尽くしの季節感あふれる号になっています」

Q, お昼ご飯は何を食べていますか

宮崎 「いつも大体ホットモットの弁当です。健康に気遣っていて、サラダなどをプラスするよう心がけています。今日はトレラン仲間の同僚、中橋さんと楽しく男子ランチしました♪」

Q, 青木が隣の席にいることについて、どう思っていますか

宮崎 「自分が暇なとき、私の状況を無視してどうでもいいことを喋りかけてくるので、心底迷惑しています」

Q, 最近悔しかったことはなんですか

「子守が忙しくてハセツネに参加できなかったことですかね。……練習していないので、心のどこかではホッとしているんですけれど」

 

……最後はまったく特集と関係ないことばかりでしたが、ありがとうございました。

次は、本望がハセツネ体験記をあげてくれることでしょう。

ちなみに、下のブログの補足として書いておきますが、今回の公演は

ダブルアンコ(アンコールで2回登場すること)の大サービスでした。

ただ、開演は15分遅れましたけどね。

海外アーティストは、なんで定刻通り始まらないのでしょうか。

開始間際にトイレに行きたくなっちゃうのかな?(んなわけない)

以上、青木でした。

本日の編集部

みなさん、お晩でございます。本望(ホンモウ)です。

最近ライターさんや編集部(青木)に

「調子に乗ってるね~」「生意気なこと言うじゃないか」

などと指摘されるものの、中々乗ってしまった調子から降りることができずにいます。

困ったものっすね。

 

                   *

さて、くどいくらいにお伝えしておりますが、

いよいよ週明け15日が発売の『山と溪谷』 2013年11月号。

今月は、「単独行」がテーマです。

ひとりで山に行くのがメインの方も、これからソロ山行をはじめようと思っているかたも、

ひとりで歩くためのノウハウ盛りだくさんでお送りしていますので、

是非読んで下さい!

 

                    *

話は変わりますが、この3連休、奥多摩全山を走り抜けるトレイルランニングの大会、

「長谷川恒男カップ」が開催され、山と溪谷社からは「チームヤマケイ」として4名、本誌編集部からは、

副編集長・宮崎と私本望が出場します。

制限時間24時間、総距離72kmのこの大会。

「チームヤマケイ」の結果は!? ベテランランナー宮崎と、新兵本望の個人的対戦結果は!?

カメラを持って走りますので、来週には皆さんに「ライブ感」溢れるミニルポタージュを

お伝えいたします。

お楽しみに!

 

「ライブ感」といえば……

青木は本日、夏休みを利用して、

「バック・ストリート・ボーイズ」のライブを観に、埼玉スーパーアリーナに行ってるみたいです。

 

「外国人歌手はさ、アンコールに応えないんだよ。あたしゃそこにイラつくね。」

と、まるで「ちびまるこちゃん」みたいに言い捨てて帰宅していった青木。

 

今回は応えてくれるといいっすね、アンコール。

 

 

単独行デビュー

こんにちは。青木です。

編集部には、一足先に11月号の見本誌が届きました。

見本誌が届くと毎回、神谷浩之が1ページ1ページを入念にチェックし、誤植がないかを調べます。

私も本望も、出社して早々に検問に引っかかってしまいました。

なんだか、厳しいお姑さんに捕まってしまった嫁のような気分ではありますが、

神谷がいるおかげで、いろいろなことが早期発見でき、助かっております。

さあ、11月号が発売間近ということで、私の単独行デビューの小話をひとつ・・・・・・。

もう三年ほど前でしょうか。

いまより身もココロもフレッシュなころ、初めて「登山教室 基本のき」という連載をもちました。

私自身がモデルになり、毎回いろんなことにチャレンジした企画でした。

その集大成として、最終回に挑んだのが「単独行デビュー」。

山は山梨県・高川山。かつてビッキーという犬がいたことでも有名な標高976mの山です。

低山ながら山頂からの展望は抜群。登ったことのある方も多いのではないでしょうか。

季節はさむ~い一月。しかも曇天。平日だからか、登山者ゼロ!

初めての単独行に不安を感じ、ところどころにある

「クマに注意」の看板に怯え、道中に転がっている獣の糞に身震いしながら登りました。

ガチンコでひとりだったので、撮影もセルフ。

あまりにも景色ばかりだと構成しにくいから、との理由で山頂と下山口ではセルフタイマーを使って自分を撮影・・・・・・。


今見てもむなしい・・・・・・。

ただで寒いなか、お寒いシチュエーション満載の取材となりました。

天気、読図、判断など、すべてにおいて自信がなく、「早く下りよう」という一心で歩を進め

コースタイムを大幅に節約。休憩もろくにとらず、落ち葉で滑って転倒するなど、

失敗ばかりの単独行デビューでした。

仲間といると冷静になれる場面も、ひとりだと動揺してしまうものなのですね。

経験を積み、ほどよい自信をつけて安全登山につなげたいと思います。

これから単独行デビューするみなさんも、11月号を読めば、私のようにはならないはずです。

(ちゃっかりまた宣伝)

特集のほかにも、非マイカー派にうれしい

電車で行けるしっかり登山コースガイドや、

岩稜を安全に通過するために役立つ「登山のための岩登り」

人気企画「買いたい新書」など、ウキウキワクワクラインナップです。

15日発売です。

単独行はシンプルに!

こんにちは。今週も始まりましたね。

来週の三連休を励みに、一週間また頑張りましょう。

「俺は三連休じゃねーよ!」というアナタは、おいしいものでも

食べて気分を盛り上げましょう!

先週、私は「来週末は夜におでんを食べるぞ!」という楽しみを作り、

校了を乗り切りました。一番好きな具は、ちくわぶです。

さてさて、話は変わり……

みなさん、

「明日は予定も空いてるし、天気もよさそうだからふらっとひとりで山にでも行こう!」

と思うことはありませんか?

その「ふらっと」発想が、実は危ないかもしれません。

11月号特集は「単独行シンプル化計画」。

単独行のノウハウ集です。

シンプル化といっても単なる「軽量化」「簡略化」ではございません!

「不必要な部分は削ぎ落とし、本当に大事な要素を見極める」を

テーマに、単独行をシンプル化。安全で、自身もレベルアップできるような

登山スタイルを提案しています。

今月の表紙はいつもと少し違います。

写真ではなく、イラストを使用しているのです。

激ウマすぎて、写真を加工したように見えるけれど、イラストなんです!

内容は……

①準備~山行~振り返りまででできること(目標設定、登る山の把握、装備、読図など……)

準備の仕方を見直せば、山行自体はとってもシンプルになり、さらに帰ってきたあとの

振り返りで、自分の登山レベルはみるみる上がっていくのです。

②リスクマネジメント

持ち物や判断、ケガなどの対策はもちろん、緊急時に役立つ

シンプル三原則なども紹介しています。

③超シンプルでおいしいレシピ集

食器なし、クッカーやストーブなしでできるおいしいレシピも!

そのほか、充実の読み物や装備などなど、

見ごたえ抜群のラインナップになっております。

「なんとなくひとりで山に登って、下りてきてるけど、このままでいいのかなあ~」

「単独で山に行きたいけど、自分の登山レベルじゃ不安だな……」

と思うアナタ、11月15日、書店でぜひお手にとってみてくださいね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2017年11月号 保存版特集「再発見 高尾山 東京都心から最も近いあの山へ!」綴込付録「高尾山周辺詳細登山地図 2万5000分ノ1登山地図・高尾山中心部詳細図・関連情報・アクセス&バス時刻表」第2特集「六甲山を遊びつくそう!」綴込付録「六甲山全域ハイキングマップ」
  • 山と溪谷 2017年10月号「日本アルプス紅葉大全2017」「北の山の紅葉便り」「秋山の気象とウェア選び」「別冊付録 登山バス時刻表関東周辺2017-2018」「東丹沢・大山 安全登山マップ」
  • 山と溪谷 2017年9月号 「山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座」「コツが身につく!地図読みドリル2017」「歴史と自然に親しむロングトレイル入門」
  • 山と溪谷 2017年8月号 「登れ!日本の3000m峰21座 保存版」「夏から初秋のテント泊山行」「3000m峰全収録 中部山岳全域マップ」「携行できるツエルト活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年7月号 「北アルプス岩稜ルートをめざせ!槍ヶ岳・穂高岳・剱岳・後立山」「山岳ガイドに学ぶ実践的ロープワーク術」「イラストでわかりやすい 山のロープワーク術」「北アルプス岩稜マップ&ガイド」
  • 山と溪谷 2017年6月号 「夏山登山を変える最新テクニック70 実践者が教える計画・装備・行動の新常識」「那須岳雪崩事故の背景をさぐる 高体連と高校山岳部の現在」「初夏、高山の花を訪ねて」「登山バス時刻表 日本アルプス&長距離バス」
  • 山と溪谷 2017年5月号 「もう一度知る、上高地」「山小屋を利用してGWは残雪アルプスへ」「登山バス時刻表2017年関西周辺」「山が楽しくなる!GPSギア活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年4月号「最新『軽・快』登山マニュアル2017 バテバテ、ヘトヘトよサラバ!」「春爛漫のお花見ハイキング 愛でる、山のさくら」
  • 山と溪谷 2017年3月号 「悩めるヒザ、予防と対策」「ベストバイ・登山靴」「切りとって持っていける膝痛予防テーピングカード」
  • 山と溪谷 2017年2月号 単独行60の知恵:単独行 計画と実践、実践と危機管理、究極のソロ登山者
  • 山と溪谷 2017年1月号 今年の山をどう登る?スキルアップに役立つ「山」の新常識2017、年末年始は山へ、別冊付録「山の便利帳2017」
  • 山と溪谷 2016年12月号 「ステップアップ”本格”雪山登山」「入門から3000m峰まで雪山ウェア&ギアの選び方」「付録 星野道夫2017カレンダー極北の動物たち」