山と溪谷 編集部ブログ

7月号の注目記事

こんにちは。

編集部の辻です。

待ちに待った金曜日ですが、明日からの週末、なんとか天気はもつでしょうか。

山に行かれる方は、お気を付けください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

さて、『山と溪谷』7月号が現在発売中です。

もうご覧になりましたか?

今回は強烈な記事が載っています。

それがこれです。

山と溪谷202107_page-0001.jpg

藤原一考さんインタビュー記事。
この記事は、このブログでおなじみの編集部イトーさん渾身の企画です。

藤原さんは、登山、クライミング、ラフティングなどをそのまま楽しむのではなく、それを目的達成のための手段として、さまざまなことに挑んでいます。

山と溪谷202107_page-0002.jpg

北方領土・国後島最高峰に登るために、200m以上あるビルに登ったという話が特に衝撃的です。

「登山は手段。僕にとっては目的が重要」

「我々の大半はガイドブックに書いてある通りの山登りの楽しさしか知らない。既成の楽しみ方を超えた方法がまだあるはずだ。その方法が自分で見つけたものなら楽しさは何倍にもなる」(『山と溪谷』1983年2月号)

どちらも藤原さんの言葉です。

この言葉は登山や冒険の本質を表わした言葉に思えます。

登山を登山たらしめる最も重要な要素は、自分の身体を用いて山に登ることであり、自力で登ることだと思います。

現在の一般的な登山は、自力で行なう部分はわずかで、大きな部分を他力に頼っています。登山口までの交通機関、最先端の装備、整備された登山道やガイドブックなどがその他力です。

それらの他力に頼らず、自力で決めたり、行なったりする部分が大きいほど、登山としての純粋性が高いと思います。

登山としての純粋性が高いほど、他力に頼る部分が小さいほど、よりありのままの山と対峙することになります。

そうなると、その山と向き合うことが目的となり、登ることがそのための手段となると思います。その向き合う対象は山に限りません。

そうした対象との関係構築を目的とし、自らの身体を用いてその対象に接近していく行為を、冒険と呼ぶのだと思います。

藤原さんはそれを実践している人のように思います。

冒険を実践する人の行動の軌跡は、その人にしかたどれないものであり、その人自身のことを強く表わしています。

そのような人についての話を聞くと、とてもわくわくします。

今回の藤原さんの記事を読んで、私はわくわくを通り越してゾクゾクしました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ここまで、長々と私の勝手な考えを述べてしまいましたが、伝えたかったことは一つ。

この記事、おもしろいです。

私の中では、これまでに読んだ『山と溪谷』の記事の中で最も痺れました(これまでに読んだ量がそもそも少ないですが……)。

まだの方は、ぜひ読んでみてください。

初取材に行ってきました

こんにちは。

編集部の辻です。

先週、入社して初めて取材に行ってきました。

取材先はOPT(オピト)という奥多摩町の公衆トイレ清掃を行なう方々。

Okutama Pikapika Toiletの頭文字を取ってOPTです。

前々から奥多摩の公衆トイレは、ものすごくきれいだなあと思っていたんですが、先日トイレの外壁にQRコードを見つけて、スキャンしてみたらOPTのプロモーションビデオでした。

動画にはカラフルなユニフォームを着て、オリジナルソングに合わせて子供たちと踊るOPTのメンバーが……

それがこの動画です。

自分の持っていたトイレ清掃員のイメージと大きく違い、気になって連絡を取り、取材させていただいた次第です。

取材では奥多摩駅前の公衆トイレで、清掃の様子を見させていただきました。

IMGP3726.jpg

これがトイレ内部。とても公衆トイレとはとても思えないほどきれいです。

清掃は基本的に手作業。しかもブラシやモップなんかを使用せず、雑巾やスポンジで丁寧に汚れを拭きとっています。

IMGP3747.jpg

便器の裏の見えない所も手鏡で確認しながら、徹底的にきれいにしていました。

IMGP3836.jpg

これは見て驚きました。こんなに輝いている便器を見たことがありません。

OPTが業務で使っている車も見せていただきました。

IMGP3812.jpg

IMGP3819.jpg後部座席は、清掃用具を載せるためにコンパネで仕切られており、補充用トイレットペーパーを入れる棚に、小物を入れる引き出しまであります。

なんだか、職人の工房のようなかっこよさがあります。

奥多摩町は「日本一観光用公衆トイレがきれいな町」を謳っています。

それを作り上げているのが、トイレ清掃のプロフェッショナル、OPTの皆さん。

でも「僕たちだけではきれいなトイレは作れない」と言います。

そのわけが、徹底的に手作業できれいにすることや、プロモーションビデオを作ったことにつながっているのです。

詳しくは、7月14日発売の『山と溪谷』8月号読者ページで。

さて、『山と溪谷』7月号が発売中なのですが、もうご覧になりましたか?

今日は私、辻が注目する7月号の記事をご紹介します。

それがこれです。

山と溪谷202107 (1)_page-0001.jpg

「単位で読み解く登山道具の性能」vol.2 レインウェアと耐水圧

レインウェアで最も需要な機能と言えば、耐水圧と透湿性かと思います。耐水圧は雨などの外側からの濡れ、透湿性は汗などの内側からの濡れから、どれだけ体を守れるかの基準です。

登山用レインウェアは耐水圧1万㎜以上が一般的ですが、その数値が表わす意味はよくわからず、登山では、どれくらいの耐水圧と透湿性が必要なのかも、いまいちよくわかりません。

そこで、この記事では、耐水圧と透湿性がどういった検査で計られていて、登山においてはどの程度必要なのかを解説しています。

雨傘は耐水圧250㎜以上という基準があるようですが、レインウェアに1万㎜もの耐水圧が本当に必要なのでしょうか。

必要ならばそれはなぜか。

この記事を読めばわかります。

各々の登山スタイルやレインウェアの耐久性なども考慮する必要がありますが、レインウェア購入の際に、参考になること間違いなしです!

ぜひご一読を。

7月号刷り上がってきました!

こんにちは。

編集部の辻です。

暑い日が続いていますね。

梅雨をすっ飛ばして夏に入ってしまったのでしょうか。

こんな日は沢を登って涼みたいです。

というのも、私この3月まで大学生だったのですが、昨年の今頃はコロナ禍で講義がすべてオンラインになっているのをいいことに、暑い日は平日休日関係なく沢登りに行きまくっておりました。

その時の写真を見て、気分だけでも涼んでおります。

IMG_0124.JPG

こんな所や

IMGP4520.jpg

こんな所に

IMG_1268.JPG

こんな所も……

やっぱり写真見るだけじゃ、暑さは変わらないですね。

沢に行きたくなってきました。

さてさて、私の話はこの辺でヤマケイの話に移ります。

15日に発売の山と溪谷7月号が昨日刷り上がってきました!

山と溪谷202107_表紙-1.jpg

特集は「槍・穂高大全」!

第1部「不朽の名ルート」、第2部「静寂の名ルート」という2部構成になっています。

山と溪谷202107_45-1.jpg

第1部では、槍・穂高に登るなら、「まずはココ!」という鉄板の9ルートをご紹介。

山小屋ご主人のお話やルート開拓秘話など盛りだくさんです。

山と溪谷202107_69-1.jpg

第2部では、槍・穂高に慣れてきた方たちに挑戦してほしい、槍・穂高では少しマイナーな8ルートをご紹介。

第1部で扱った定番ルートより難易度が高いものが多いですが、槍・穂高の奥深さを感じさせる名ルートです。

日本アルプスを代表するクラシックルート、槍ヶ岳・北鎌尾根のルポも掲載しています。

あらゆる角度から槍・穂高を取り上げているので、今夏に槍・穂高を訪れる予定の方も、これまで何度も登った方も、まだ登る予定のない方も、みなさん楽しめる特集になっています。

発売は6月15日火曜日です。

お楽しみに!

日帰り縦走で体がバッキバキ

ども、イトーです。

とっくに梅雨入りしたものだと思っていたのですが、関東はまだ梅雨入りしていないと知って衝撃。。。

確かに今日もなんだかんだで晴れているなぁ(のちに雨が降るそうですが)

突然ですが、最近のマイブームは「雲を観察すること」

決して、5月号『ヤマケイ新書 山の観天望気』の宣伝ではありませんよ。

(でも、Amazonへのリンクもつけておいたのでチェックしてね笑)

DSCF5775.JPG

DSCF5965.JPG

DSCF5744.JPG

ひとくちに雲といっても形は本当にさまざま。

1枚目なんかは「わた雲(積雲)」ってわかりやすいですが、2枚目や3枚目などは雲の名前を言えますか?

ちなみに、写真を貼っておいてなんですが、僕は言えません(笑)

だから「十種雲形」を判別できるよう、毎日、雲を見続けています。

そうすると、2枚目の写真のときは、夕方に雨が降るかな?とか。3枚目のような雲の日が続くと梅雨入りをしたような錯覚を起こしたり、とか。

正しい知識が身についているかどうかは置いといて、雲の動きや天気の変化が身近に感じられるようになってきました。

ちなみに5月号特集や「十種運形」に関しては、こちらもぜひチェックしてください。
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=1460

さて、まもなく7月号も発売なのですが、ご存じのように優秀な新人がブログを更新してくれるので、僕はいつもどおり自分の発信したい情報を、ただ発信していきます。

   *   *   *

そろそろ、北アルプスなどの夏山に向けて、カラダをならさないとマズイと思い、トレーニング登山に行ってきました。

登山地図や地形図に「道」のない尾根をひたすら登るバリエーションルート。

今回は、距離19㎞超、標高差UP2000m/DOWN2000m、行動時間10時間というハードなルートに挑んできました。

実は人気の山なんですが、このルートはまったく知られていないので、道中、人に会うことはまずありません。

DSCF5884.jpg

DSCF5861.jpg

静かな森を歩く気持ちよさ、こりゃたまらん。完全に山をひとりじめです。

にぎわう山頂に儀式的に立ったら、すぐに別のマイナールートで下ります。

ロング&ハードな日帰り登山は久しぶりだったので、ビバークもあるかと覚悟していましたが思いのほか順調。

ちょこちょこと山に登ったり、川を下ったりしていたのがよかったんですかね。

ただ、翌朝は下半身を中心に筋肉痛でバッキバキでした。主に尻が痛い!大殿筋がまじ痛い!

月末には自分の趣味100%全開な山取材を予定しているので、もう一回くらいトレーニング登山に行きたいところ。

みなさんもコロナ対策をしつつ、登山を楽しんでくださいね!

7月号校了しました!

こんにちは。

編集部の辻です。

東京はこのところいい天気が続いていましたが、今日は雨です。

たまっていた洗濯物を干す日にかぎってこうです。

ツイてない……

編集部では先ほど山と溪谷7月号の校了を迎えました。

しかし、今度は8月号の制作が始まっています。

6月初めに8月号というように、常に2カ月先の月号を作っているのですが、記事によっては3カ月先、季節感のあるルポなんかは1年先のものを準備していたりします。

同時進行でいろんな月の記事を作っていたら、

「今何月だっけ?」

というふうに頭がこんがらがってしまいそうな気がします。

私はまだ仕事が少ないので、今のところは大丈夫ですが、

入社から2カ月、徐々に任せられる仕事が増えているので、そうなる日が近いのかもしれません。

さて本日校了した、山と溪谷7月号

YK2107-hyoshi_SH0531_OL2-1.jpg

特集は「槍・穂高大全」です!

たっぷりページを使って、槍と穂高だけを扱っています。

ルート開拓の歴史も自然もその魅力を余すことなくご紹介。

付録は「槍・穂高詳細MAP」。

最新情報を反映させていて、地図専用紙を使っていて山でも扱いやすいです。

これを持って槍・穂高に行きましょう!

第2特集は「夏山登山体のトラブル予防法」です。

夏山だと、熱中症や疲労が特に気を付けたいところでしょうか。

低体温症にも注意が必要です。

そこに加え、今回は山での最新の感染症対策も取り上げています。

「もしも……」の大事を引き起こさないために、知っておきたい内容ばかり。

7月号を読んで夏山に備えましょう!

発売は6月15日火曜日です。

お楽しみに!

槍ヶ岳とヤマケイ文庫

こんにちは。

編集部の辻です。

6月号が発売されてまだ2週間ほどですが、7月号の完成が近づいてまいりました。

編集部にとっては1カ月で一番忙しい時期です。

入社2カ月の私が担当しているページはわずかで、私はまだあまり忙しくないです。

制作も大詰めの7月号、特集は「槍・穂高大全」です。

ヤマケイ7月号はアルプス特集(特に北アルプス)が多いですが、今回は槍・穂高連峰と狭いエリアに絞って、その分各ルートの特徴から開拓秘話まで、魅力を深く掘り下げています。

槍・穂高というと、私が真っ先に思い浮かべたのは、北鎌尾根。

北鎌尾根は槍ヶ岳から延びる、登山道の通っていないバリエーションルートです。

私は北アルプスに登ったことがなく、北鎌尾根以外はほとんど何も知りません。

北鎌尾根についても、入社前の研修でヤマケイ文庫誕生の話を聞いた時に知りました。

ヤマケイ文庫は、現在では手に入りづらくなってしまった山の名著を、廉価で多くの人に提供するため、2010年に加藤文太郎(かとう・ぶんたろう)著『新編 単独行』と松濤明(まつなみ・あきら)著『新編 風雪のビヴァーク』の2冊の発行とともにスタートしました。

すでに山岳文学の名著としてあったその2冊には、版によって誤植や割愛された部分があったために、再編集してヤマケイ文庫として出版したのです。

ヤマケイ文庫はこの2冊を再編集するために生まれたと言っても過言ではないのです。

そこからヤマケイ文庫は、山や冒険の名著を多く復刊してきました。

さて、その初めの2冊の著者ですが……

『単独行』の加藤文太郎は新田次郎の『孤高の人』、『風雪のビヴァーク』の松濤明は井上靖の『氷壁』の主人公のモデルになった人物であり、日本登山史に名を残す伝説的な登山者。

偶然にもこの2人は、同じ「山」で遭難死しています。

それが槍ヶ岳・北鎌尾根です。

加藤は1936年、松濤は1949年に遭難しました。

『新編 単独行』と『新編 風雪のビヴァーク』には、彼らが遭難した時の記録や遺書が載っています。そのほか、山行記録や、山に対する彼らの真摯な考えが書かれ、その記録や言葉の一つ一つから、小説の主人公とは違う、リアルな2人の姿を知ることができます。

またこの2冊は、槍ヶ岳をはじめとして、彼らが挑んだ山々に関する記録でもあります。

彼らが登った山は、同じ山でも現在の姿とはまるで違います。

整備が行き届く前の、いうなれば「本来の姿」に近い山です。

北鎌尾根をはじめ、彼らが登ったルートは、今でも登山道でないところも多いですが、それもまた山の一面。

ヤマケイ文庫誕生のきっかけになったこの2冊には、槍ヶ岳が彼らにしか見せなかった一面が描かれています。

ぜひ、その一面を目撃してください。

IMG_1969.jpg

沢登りに行ってきました

こんにちは。

先日誕生日を迎え、23歳になった編集部の辻です。

最近雨の日が続いていますね。もう梅雨でしょうか。

イトーさんはGWに川下りの下見をしていたみたいですが、私は沢を登っていました。

今シーズン2本目の沢です。

登ったのは西丹沢のモロクボ沢というところ。

沢登りというより沢歩きという感じです。

IMGP3346.jpg

青い空に新緑が映えます。

この日はよく晴れて気温も高く、絶好の沢日和でした。

梅雨時期の雨の山も嫌いではないですが、やっぱり山は晴れの日が気持ちいいです。

入渓して1時間ほど。

ゆっくり新緑を楽しんで歩いていたら、不意にそいつは現われました。

ジャジャーーーーンッ!!

IMGP3232.jpg

大迫力の30m大滝!!

近くに寄ると水しぶきが気持ちいいです。

滝行もできそうです。

こんなたいそうな滝は登れないので巻きました。

IMGP3305.jpg

滝の上は渓相が変わり、きれいなナメが続いて静かです。

しばらく進んで水量が減り、源流らしい雰囲気になってきたら、遡行図で苔庭園風と書かれた所に着きます。

IMGP3472.jpg

こんな感じ……

苔と新緑で一面緑です。なんだか山奥の秘境感があります。

この後は、水が涸れて急斜面を詰め上げ、登山道に合流して下山しました。

そういえば沢を登っている途中、堰堤に「室窪沢」と書かれていたのを見ました。

「モロクボ」は「室窪」と書くようです。

思えば、カタカナ表記の沢って結構多い気がします。

今シーズン1本目の沢は「シダクラ沢」というところでした。

「シダクラ」はどういう漢字を書くのか……

気になって『日本登山体系 4 東京近郊の山』(白水社)を開いてみたら……

IMG_1995.jpg

ありました!

「志田倉沢」でした。

名前の由来ははっきりわからないけれど、漢字だとその名前に意味があることが強く感じられます。

漢字からパッと浮かんだ勝手なイメージは、「室窪」は修行者が岩陰で座禅を組んでいる感じ、「志田倉」は農家が近くにありそうな感じ。

でも、どうしてカタカナで書くようになったのか、気になります。

山の名前もそうですが、沢の名前も由来を探ったらおもしろそうです。

今回も編集部というより私個人の話でした。

そうそう、発売はまだ少し先ですが、「山と溪谷」7月号では沢登り入門の記事があるみたいです。

私もまだ詳細はわかりませんが、どんな記事になるのか楽しみです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷2022年6月号
  • 山と溪谷2022年5月号
  • 山と溪谷 2022年 増刊5月号 日帰りハイキング・関東周辺
  • 山と溪谷2022年4月号
  • 山と溪谷2022年3月号
  • 山と溪谷2022年2月号
  • 山と溪谷2022年1月号
  • 山と溪谷2021年12月号
  • 山と溪谷2021年11月号
  • 山と溪谷2021年10月号
  • 山と溪谷2021年9月号
  • 山と溪谷2021年8月号