山と溪谷 編集部ブログ

12月号まもなく発売です

ども、イトーです。

最近めっきり寒くなりましたね。
編集部は現在、12月号の校了作業中!
12月号といえば、そう!「雪山」特集です。

これから雪山を始めようという人、
もっとたくさん登りたいという人、
そんな人のために「本格雪山」でステップアップしよう!という特集です。

僕はこの特集で、北八ヶ岳の天狗岳に行ってきました。

天狗岳といえば、この双耳峰が特徴!
左が東天狗岳、右が西天狗岳。

今回、この取材に同行してくださった人たちを紹介しようと思います。

まずは、久野弘龍さん。山岳ガイドステージⅡ、国際山岳ガイドの資格を持ち、八ヶ岳の麓に在住。
雪山のステップアップをめざす人にとって、久野さんのわかりやすい指導は大変勉強になりますよ。
そして、大のお酒好き。お酒が好きすぎて、酒の肴作りが趣味になっているとか。
雑学も豊富で、取材時には雪山歩行の話以上に、ヤフオクで破格の中古車を見つける方法で盛り上がりました(笑)。
また、黒百合ヒュッテでの昼食時、カレーうどんに七味をかけようとして蓋が外れ、「ドバーッ」と、マンガ的な一面も。

P2240664.jpg

こちらは山岳ライターの小林千穂さん。
千穂さんには、12月号掲載の「雪山歩行術」の取材のため、同行してもらいました。
その容姿と、わかりやすく丁寧な文章、また、テレビに出演されていることもあり、登山者に大人気。
取材でも黒百合ヒュッテの女性スタッフに写真をお願いされていました。
小誌では、巻末のカラーガイド「季節の山」の編集も担当されています。

P2250745小関さん.JPG

そして、カメラマンの小関信平さん。
プロ野球球団のオフィシャルカメラマンの経歴を持ち、
トランスジャパンアルプスレースでもオフィシャルカメラマンをされていたスポーツ系カメラマンです。
小関さんも車好き! 現地まで乗せてもらった小関さんのマイカーはエクストレイルなのですが、
「これね、エクストレイル最後のディーゼルエンジンタイプなんだよー」と、久野さんと意気投合。
登山口の渋の湯から、1日目宿泊地の黒百合ヒュッテまで、
4人でずっと趣味の話をしていたので、本当にあっという間の時間でした。

とっても楽しかった天狗岳の本編は、12月号をご覧ください。それではー。

11月号は、「“登山力”養成講座」!

ども、伊藤です。

今日はインフルエンザの予防摂取を受けてきました。
受付で体温計をもらい、測定。数値を見ると「37.1度」。
「うーん、もう一回測ってみましょう」と受付のおねえさん。
「上着を脱いで服の中を換気してみてくださいね」
あぁ、そうか。駅からここまで道に迷い、早歩きだったから体温が上がってるんだな、ともう一度測定。
ピピッ、ピピッ・・・
「37.2度」
体温上がったー!!!
…と、もたつきながらもなんとか予防接種を受けられました。
僕の後ろで受付を待っていた方々、渋滞に巻き込んでしまいすみません…。


さてさて、ここからが主題。11月号、大好評発売中です!

yk11_01.jpg

今月号の特集は「“登山力”養成講座」
登山力とはすなわち、山に登るための体力のこと。
近年、遭難事故の原因はこの体力不足によるものが増えています。
「登山はハードなスポーツである」という認識をもって、普段の生活やトレーニングを見直してみましょう!


第2特集は「山岳展望の楽しみ」
空気が澄んだこの季節。展望を楽しみにしている人も多いですよね。僕はまさにそう。
さまざまな展望の楽しみ方を紹介しているのでぜひご一読を!

さて、また駄文になるんですが、
先日、社内研修なるもので奥秩父へ沢登りにいってきました。
研修講師は、『rock&snow』の萩原編集長。
そう、NHKの番組でおなじみ、あの“編集長”です。

萩原編集長と山(沢)に登るのは初めてですが、
常に冷静な判断力、難所もスイスイ越えていく実力、
そしてメンバーを楽しませるホスピタリティー。
さすがの一言で、自分にこの経験が活かせるかどうか。
(活かさないと研修にならないんですが…)

さてさて、今月も山と溪谷をどうぞよろしく!

山と溪谷11月号のお知らせ

ども、イトーです。

台風は過ぎ去り、東京は気持ちのいい晴れ。
でも、ちょっと蒸し暑い。これ、夏に戻ったのでは…。
いつになったら秋らしさがやってくるのか。。。

さて、現在、絶賛校了中の編集部から11月号のお知らせです。

yk11月号.jpg

11月号の特集は「体力に自信がない人のための“登山力”養成講座」。

山岳遭難が増加している現在、「登山者の体力不足」も要因の一つといわれています。
「昔は余裕だった」、そんな考えが遭難の素。

なぜ、体力は低下するのか、
なぜ、体力不足は危険なのか、
どのようにして、体力をつけるのか、
…などなど、山登りをもっと楽しみたい人に役立つ一冊となることでしょう。

また、11月号には綴じ込み付録「山を楽しむためのミニテスト85」を収録しました。

この付録は、登山者に人気の「山の知識検定」から2015年の検定問題の一部を掲載しています。
自分の山の知識を試してみたい、
いつか受けてみたいけど、どんな問題が出るんだろう、という人はぜひ試してください!

ちなみに今年の「山の知識検定」は、11月13日(日)に行なわれます。
詳しい情報は、山の知識検定のホームページへ

山本正嘉先生の「安全登山」トークイベント開催!

ども、イトーです。

10月だというのに、シトシトと雨が降り続き、ゴーゴーと台風が接近し、ワタワタと校了に追い込まれる編集部…。
あのさわやかで平和な10月はどこにいってしまったのでしょう。
紅葉の山取材に行きたいのになあ。。。

さて、今回は講演会のお知らせです。

『山と溪谷』でも大変お世話になっている鹿屋体育大学教授の山本正嘉(やまもと・まさよし)先生による「安全登山のための運動生理学とトレーニング学」の講演会を開催します。

山本先生は、登山の「体力度」を消費エネルギーで表わす「メッツ」という方法を考案し、その「コース定数」に基づいた山のグレーディングが長野県をはじめ、新潟県、山梨県、静岡県などで導入されています。

図は、『山と溪谷』3月号特集「総点検!山のカラダ」で紹介したものです。

「私たちは加齢により次第に体力が落ちていくものです。しかし、それを認識せず自分の体力を過大評価していると、登山中に思わぬ事故や遭難にあうリスクが高まります。逆に、体力にふさわしい登山をすることで、事故や怪我を防ぐことができます」

講演では、身体の仕組みと登山の「大変さ」を理解しながら、自分の体力を客観的に把握する方法や、登山の疲労や障害、身体のトラブルの対処法などを分かりやすく解説します。

初心者・ベテランを問わず、より安全でより快適な登山のためのヒントと、トレーニング方法などを知ることができるので、興味のある人はぜひお越しください。

●主催:山岳スポーツ指導協会、ヤマケイ登山総合研究所、山と溪谷編集部
●講師:山本正嘉(鹿屋体育大学教授)
●日時:2016年10月22日(土)18:00~19:30(受付は17時30分から開始)
●会場:東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23階インプレスグループセミナールーム
●参加費:500円(資料代)
●申込み方法=山岳指導スポーツ協会の申込みページから
基調講演の予約は先着順です。
●問合せ先:︎☎︎042-575-6131 メール:mgorilla@ma.ejnet.ne.jp
山岳スポーツ指導協会安全登山担当 安村淳

お待ちしています。

山と溪谷10月号発売中です

ども、イトーです。

山と溪谷10月号が絶賛発売中です。


今月号の目玉はなんといっても美しい紅葉の山々。

今年の紅葉はどこに行こうかと悩んだら、ぜひ参考にしてください!

先日、僕は北アルプス・双六岳に行ってきました。

「連れてけ~、どっか山に連れてけ~」と、なまはげよろしく両親から言われていたこともあり、「たまには親孝行でもするか」とスケジュールを抑えたものの、登山初心者の両親をどこに連れていくべきか、これがけっこう難しい。

「こういう平らなところがいい」と両親が見せてきたのは、『ワンダーフォーゲル』の双六岳のページ。

「双六岳ならアルプス初心者にも人気だし、両親でも登れそう。自分も前から行きたかったからちょうどいいや。イェーイ、一石二鳥だぜ!」とそのまま採用したのでした。

しかーし、思っていたより双六岳はずっと本格的な山だったー。

なんだかんだ書くとながーくなるので、言いたいことだけ。

やっぱり、人を連れて山にいくのは難しい。。。
みんな、どうしてるんだろう?

DSC01469 (1).JPG

鏡池から槍ヶ岳。天気はイマイチでしたが、槍の山頂がギリギリ見えました。

DSC01481 (1).JPGDSC01479 (1).JPG

稜線上の植物たち。ナナカマドは、すでに葉が枯れていたものも…。

DSC01501 (1).JPG

7時間かけて到着した双六小屋。遠いぶん、小屋が見えたときの達成感が大きい(笑)
双六小屋は、とても清潔で、スタッフもやさしいし、食事の品数も多い。
夕食のメインは天ぷらで、山で食べられるなんてびっくり。
今年の1月号の「好きな山小屋ランキング」で2位になったのも納得でした。

DSC01529 (1).JPGDSC01482 (1).JPG

紅葉ポイントは、小屋周辺から双六谷方面のダケカンバ!
谷沿いに色づき始めたダケカンバの黄葉が広がっていましたー。

DSC01514 (1).JPG

翌朝、双六岳へ。
ガスにつつまれ、展望が望めないとわかっていても行きたくなるのが人間の性。
「一瞬でいいから晴れてくれー」と願うも、やっぱりかないませんでした(泣)

DSC01522 (1).JPG

双六岳の稜線から三俣蓮華岳への分岐まで下りてくるとわずかに晴れ間が!
向こうは黒部源流エリア。あっちにもいつかいきたいなー。

せっかく登ってきたのに展望が得られず、両親には残念でしたが、待望の双六小屋に宿泊できて僕にとっては楽しい山行でした。

双六岳は10月号でも紹介しています。

双六岳周辺の紅葉は今が見ごろ!
双六小屋オーナーの小池さんはとても親切でお話しもおもしろいですから、ぜひ遊びにいってくださいね!

それでは。

今日は何の日?

こんばんは。クロオです。
今日は十五夜ですね(←月)
十五夜=満月とは限らない(!)ということを最近知りました。

ちなみに満月は17日。東京の17日の天気は…曇り。
秋の月を見ながらしみじみビールでも飲みたいなあ。

そして今日は10月号の発売日です!
お待たせしました、紅葉特集!!



思わずため息が出るような紅葉の写真が盛りだくさんです!
北アルプスを南北に分けて、おすすめコースをご紹介。



なにごともタイミングが肝心と言いますが、紅葉は特に重要ですよね~
紅葉カレンダーで、いつ・どこに行こうか参考にしてみてくださいね。
北アルプス周辺の山小屋の営業最終日がわかる一覧表も活用して、秋山を満喫しましょう!
 


紅葉の絶景登山は楽しみだけど、夏山と同じ装備や心構えで行っていいの?
答えはノーです。当たり前ですね。
秋山で気を付けたいことをおさらいして、絶景登山へレッツゴー



付録には、「登山バス時刻表」がついています!
掲載しているエリアは、
「奥多摩」「奥武蔵・秩父」「奥秩父・甲府周辺」
「高尾・道志」「丹沢」「尾瀬・谷川」「八ヶ岳」。



1月号の付録「山の便利帳」よりも少し小さめのサイズです。
ネットでバスの時刻を調べるのって、意外と面倒だったりするんですよね~。私だけ?
IMG_6886.JPG

↓ 山名からアクセスを調べることもできますヨ。
IMG_6887.JPG

今月も盛りだくさんな「山と溪谷」、ぜひ手に取ってみてください!
私は10月の連休に、2泊くらいの山行を計画中。どこに行こうかな?

3000m級はすっかり秋模様

どもども、イトーです。

久しぶりの更新になります。

先日、取材で北アルプス・剱岳に行ってきました。

室堂は大好きなのですが、岩稜はあまり好きではない僕。

「編集部員として一度は剱岳に行っておかないと」という思いで登ったのですが、やっぱり岩稜は怖くて、テンションがなかなか上がらない。

「鎖もハシゴも大好き。カニのたてばい、よこばいは超ワクワクする~」とヤングなねえちゃんたちがスタスタと登っていくなか、「まだ死にたくないなあ…」とネガティブなことを考えながら登っていく僕。

それでも、剱岳の山頂にたつと「俺、剱岳登ったことあるよ」と自慢のタネが一つ増えた気がしました。

天気に恵まれ、山頂でのパノラマは特に最高でした。

DSC01347一服剱前剱コルから鹿島槍.JPG

前剱岳に登る途中、後立山の鹿島槍ヶ岳から朝日があがりました。
これは、ダイヤモンド鹿島槍でいいのか?

DSC01357前剱から剱岳.JPG

前剱岳から剱岳を見上げます。まだまだ遠い…。

DSC01355前剱から剱沢.JPG

前剱岳から後ろを振り返れば、左には立山、右には剱御前。

DSC01374剱岳山頂から室堂.JPG

剱岳山頂から立山三山、室堂、そして五色ヶ原や薬師、笠ヶ岳までずっと見渡せます。
どれがどの山かわかりますか?

DSC01299別山乗越から剱沢.JPG

帰り、別山乗越から見た剱沢。

DSC01401剣山荘周辺の草もみじ.JPG

剱沢から剱御前方面を見上げた写真。すっかり秋模様。雲もやっぱり秋の雲。

チングルマの綿毛ももう尽きかけな感じでヒョロヒョロ?ヨボヨボ?

そんな感じの秋の室堂~剱岳でした。

ちなみにくろよんの観光放水を初めてみましたが、かなり迫力ありますね。
めっちゃ写真撮っちゃいました。笑
やっぱりダムはおもしろい!
DSC01426くろよんダム観光放水.JPG

編集部イトー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2017年5月号 「もう一度知る、上高地」「山小屋を利用してGWは残雪アルプスへ」「登山バス時刻表2017年関西周辺」「山が楽しくなる!GPSギア活用ガイド」
  • 山と溪谷 2017年4月号「最新『軽・快』登山マニュアル2017 バテバテ、ヘトヘトよサラバ!」「春爛漫のお花見ハイキング 愛でる、山のさくら」
  • 山と溪谷 2017年3月号 「悩めるヒザ、予防と対策」「ベストバイ・登山靴」「切りとって持っていける膝痛予防テーピングカード」
  • 山と溪谷 2017年2月号 単独行60の知恵:単独行 計画と実践、実践と危機管理、究極のソロ登山者
  • 山と溪谷 2017年1月号 今年の山をどう登る?スキルアップに役立つ「山」の新常識2017、年末年始は山へ、別冊付録「山の便利帳2017」
  • 山と溪谷 2016年12月号 「ステップアップ”本格”雪山登山」「入門から3000m峰まで雪山ウェア&ギアの選び方」「付録 星野道夫2017カレンダー極北の動物たち」
  • 山と溪谷 2016年11月号 特集:体力に自信がない人のための”登山力”養成講座  綴込付録:「山の知識検定」過去問厳選 山を楽しむためのミニテスト
  • 山と溪谷2016年10月号 特集:山小屋主人が教えるとっておきの秋へ 紅葉絶景を歩く北アルプスベストコース25 第2:歩きながら摂るのが新常識”行動食革命” 別冊付録:登山バス時刻表
  • 山と溪谷 2016年9月号 特集 読むセンスを磨くたのしい読図。地図読み術は先読み術。綴込付録:基本がわかる地図読みドリル。第2特集 初秋の山小屋泊ミニ縦走 週末に行ける1泊2日の縦走コース
  • 山と溪谷 2016年8月号 山の日特別企画「知ろう、歩こう!日本の山」見る・登る 美しき日本の山岳風景60選、知る・考える 日本の山の過去・現在・未来 特別付録 山と溪谷オリジナルサコッシュ付
  • 山と溪谷 2016年7月号 特集アルプス4 大高峰をめざせ!、山岳ガイドがすすめる岩稜ルート10選、特別DVD穂高・北岳・レスキュー篠原秋彦の軌跡、南北アルプス4大高峰登山MAP
  • 山と溪谷2016年6月号 この夏、テントで歩くベストルート40  付録:明解!テント泊の基本