ヤマケイ文庫 穂高小屋番レスキュー日記

著者 宮田 八郎著
発売日 2023.01.16発売
基準価格 990円(本体900円+税10%)

誰よりも穂高を愛した男、宮田八郎

品種 電子書籍
商品ID 2822121287
ページ数 276

商品詳細

山岳遭難の現場ではいったい何が起きているのか。
長年、穂高岳山荘を基点に、遭難救助の最前線で活躍し続けてきた宮田八郎が、山岳レスキューの実態をつぶさに紹介する。

霧の中の危機一髪のヘリ・レスキューなど、心に残る救助体験のほか、登山者に向けた厳しくも暖かいメッセージが綴られている。
穂高を愛し、仲間とともに多くの遭難者を救った穂高岳山荘元支配人・宮田八郎の遺稿集。

■内容
第1章 穂高に生きる
第2章 遭難救助の現場から
第3章 わが師、わが友

■著者について
宮田 八郎(みやた・はちろう)
1966年4月4日神戸生まれ。
学生の頃から穂高を訪れ1991年穂高岳山荘スタッフとなり、1994年~2006年の間、支配人を務める。
現場にいる身として遭難救助にも多数出動。
小学館コミック「岳—-ガク—-」の原作中に“宮川三郎”の名前でシリアス&コミカルに登場する。
小屋番の傍ら、2001年映像制作会社ハチプロダクションを設立、長年にわたり山岳映像を撮り続け、穂高の四季の表情を数多くの作品に残した。
2018年4月5日、南伊豆にてシーカヤック中に落命。享年52。

  • 出版営業部のFacebook
  • YAMAKEI CREATIVE SELECTION