ヤマケイ文庫クラシックス 新編 上田哲農の山

著者 上田 哲農著
発売日 2023.01.16発売
基準価格 2,200円(本体2,000円+税10%)

画家にして先鋭的なクライマーでもあった上田哲農の、山への熱き思いがこの1冊に

品種 電子書籍
商品ID 2822121293
ページ数 528

商品詳細

画家にして先鋭的なクライマーでもあった上田哲農の、山への熱き思いがこの1冊に。

画文集『日翳の山 ひなたの山』『山とある日』『きのうの山 きょうの山』に収蔵された上田哲農の紀行と随筆を中心に、登攀評論誌『岩と雪』に掲載されて注目を集めた論考などを集めて安川茂雄が編纂した『上田哲農の世界』。
本書ではそれに著者晩年の未収録作品を追加して再編集する。

■内容
エッセイ
ある登攀
守護符
地獄の門
御坊沢由来
山岳画家
岳妖
大地堂先生
猟師の遺産
稚き日の山
不器用者と岩
新雪
老いぼれと彼
韃靼の人々
韃靼の土地
山への準備
黄色の地図
塩川鉱泉
藤木先生レリーフ竣工報告
岩登りをめぐる一つの夢想
年越しの小屋
ぼくの岩登りの原点
8月の岩登り
心の山

紀行

詩と散文

論叢


■著者について
上田 哲農(うえだ・てつの)
1911年天津生まれ。1934年、文化学院美術科を卒業後、登山家、水彩画家として活躍。
水彩画家としては、水彩連盟や一水会の会員となり、1951年に日展で特選を受ける。
1964年に日展会員。
登山家としては、1930年、日本登高会の創立に参加し、以後、谷川岳や北アルプスの困難なルートの開拓に取り組んだ。
1958年、第2次RCCの結成に加わり、1966年にはソ連のカフカス、1969年にはパミールで、登山隊長として遠征。
1970年没。

  • 山と溪谷編集部ブログ
  • 出版営業部のFacebook
  • YAMAKEI CREATIVE SELECTION