酔いどれクライマー 永田東一郎物語 80年代ある東大生の輝き

著者 藤原 章生著
発売日 2023.02.18発売
販売価格 1,980円(本体1,800円+税10%)

優れた登山家は、 なぜ実社会で結実しなかったのか――。

品種 書籍
商品ID 2822340420
ISBN 9784635340427
ページ数 384
判型 四六判

※お電話でのご注文:ブックサービス(楽天ブックス) 0120-29-9625 (9~18時/土日祝日も受付)
※在庫切れの場合は、何卒ご容赦ください。

商品詳細

東大のスキー山岳部に8年在籍し、カラコルムの難峰K7を初登頂に導いた永田東一郎は、登頂を機に登山の世界から離れてしまう。
建築の道に進んだものの、次第に仕事を減らし、不遇のまま46年の生涯を病いに逝ってしまった。

輝いていた1980年代という時代と下町で地元にこだわり続けた永田東一郎。
圧倒的な存在感を放ちながら、破天荒で自由な生き方に、高校の後輩として永田を見てきた作家の藤原章生氏が迫る。


■内容
プロローグ 十二年後に知った死

第一章 十七歳の出会い
 濃くなっていく永田東一郎の記憶/「田端の壁」初登攀
第二章 強烈な個性
 南硫黄島の 「事件」/「くだらないぞ、そんな生き方」/自由すぎる校風
第三章 下町育ちの“講談師”
 母仕込みの一人っ子/酒好きの父親/地元好きの「東京土着民」/情けない自慢好き
第四章 東京大学スキー山岳部
 試練の夏合宿/「チュザックではさあ」
第五章 生まれもった文才
 読み手意識の表現者/中学時代の虚無/ジャーナリストヘの厳しい書評
第六章 強運のクライマー
 「ガーディアン・エンジェル」がついていた/歯がたたなかった「青い岩壁」/滑落五〇〇メートル、奇跡の生還
第七章 K7初登頂
 「普通の頂上」だった/真摯で緻密な戦略家/消えた山の情熱
第八章 山からの離脱
 四つの仮説/表現の舞台消え
第九章 不得意分野は「恋」
 十年の片思い/結婚という名のプロジェクト
第十章 迷走する建築家
 下積みに耐えられず/脱構築、ポストモダン/建築も人を殺す
第十一章 酒と借金の晩年
 人の金で飲み続け/あっけない死
第十二章 時空間を超えた人
過剰なほどの存在感/一九八〇年代、時代の輝き

エピローグはじまりの山、おわリの山


■著者について
藤原章生(ふじわら・あきお)
1961年、福島県いわき市生まれ、東京育ち。
86年、北海道大工学部卒後、住友金属鉱山に入社。89年、毎日新聞社記者に転じる。
ヨハネスブルグ、メキシコシティ、ローマ、郡山駐在を経て、夕刊特集ワイドに執筆。
05年にアフリカを舞台にした短編集『絵はがきにされた少年』で第3回開高健ノンフィクション賞受賞。
主な著書に、『ガルシア=マルケスに葬られた女』、『資本主義の「終わりの始まり」』、『湯川博士、原爆投下を知っていたのですか』、『ぶらっとヒマラヤ』など。
23年5月、中央大法学部の講義録『死にかけた人は差別をしなくなる』 (仮題)を出版予定。

著者HP:https://infofujiwara61.wixsite.com/akiofujiwara

※お電話でのご注文:ブックサービス(楽天ブックス) 0120-29-9625 (9~18時/土日祝日も受付)
※在庫切れの場合は、何卒ご容赦ください。

  • 山と溪谷編集部ブログ
  • 出版営業部のFacebook
  • YAMAKEI CREATIVE SELECTION