ヤマケイ文庫 アルプスと海をつなぐ栂海新道 夢の縦走路を拓き、守り続ける人々

著者 小野 健著 吉田 智彦著
発売日 2024.03.06発売
販売価格 1,430円(本体1,300円+税10%)

北アルプス雲上の高嶺から海抜ゼロの日本海の大海原へ――。
50年前に拓かれた岳人憧れの縦走路「栂海新道」に託した、夢と青春のものがたり。

品種 書籍
商品ID 2823049490
ISBN 9784635049498
ページ数 384
判型 文庫

※お電話でのご注文:ブックサービス(楽天ブックス) 0120-29-9625 (9~18時/土日祝日も受付)
※在庫切れの場合は、何卒ご容赦ください。

商品詳細

「未開の山稜に、自分たちの手で岩盤を削り、木を伐り、藪を刈って登山道を開設しよう。山小屋も建てよう。そして海水パンツをザックの片隅に忍ばせて、高嶺のお花畑から日本海まで縦走してドボンと海に飛び込むのだ」
標高2418m、北アルプスは後立山連峰の北端・朝日岳から、海抜0m、新潟県糸魚川市の親不知海岸を結ぶ登山道「栂海新道」。
今から50年あまり前、雲上のアルプスと日本海の大海原をつなぐ全長約27kmもの夢の縦走路を手弁当で切り拓いたのは、一介のサラリーマンとその仲間たちだった――。

栂海新道開拓のようすをつづった、さわがに山岳会・小野健さんの名著『栂海新道を拓く 夢の縦走路にかけた青春』をヤマケイ文庫で復刻。
文庫化にあたって、2014年に81歳で他界した小野さんの遺志を引き継ぎ、道の維持・管理を続ける人たちへの取材を通じ、現在の栂海新道のようすを伝える書き下ろしの新章を加えながら、小野さんが遺した開拓当時の貴重な写真をたっぷりの口絵とともに紹介。
開拓の偉業を後世に伝えるさわやかな感動をもらえる一冊。


■内容
口絵 写真で見る栂海新道1
第一部 山族野郎の青春
 第一章 栂海新道とはどのような道か
 第二章 誕生、さわがに山岳会
 第三章 登山道、犬ヶ岳へ達す
 第四章 盗伐容疑の成り果て
 第五章 山と家族
 第六章 朝日岳へ、親不知へ
口絵 写真で見る栂海新道2
第二部 それからの栂海新道
第三部 栂海新道を守り続ける人々


■著者について
小野 健(おの・けん)
1932年、福島県いわき市生まれ。
1956年、早稲田大学第一理工学部鉱山学科卒業。工学博士。
1961年にさわがに山岳会を結成し会長となる。
1962年から1971年まで、10年をかけて栂海新道を開拓。
1972年、第12回山溪山岳賞、2003年、第1回「山と溪谷」山岳環境賞、2004年、第9回NHK地域放送文化賞受賞。
2006年より糸魚川市文化協会会長に就任。
著書に『山族野郎の青春』(1971年、山と溪谷社)、『栂海新道その自然』(1988年、さわがに山岳会)、『糸魚川の自然を歩く』(編著・2007年、谷村建設)、『栂海新道ものがたり その自然と人々』(2010年、考古堂書店)、処女作を復刻した『栂海新道を拓く』などがある。
2014年3月に逝去、享年81。

吉田 智彦(よしだ・ともひこ)
1969年、東京都生まれ。
20代半ばに勤めていた会社を辞め、ニュージーランド、カナダ、アラスカなど諸国をまわる。
カヤックやトレッキングを通じて自然と人間のあり方を考えるようになり、エッセイ、ノンフィクションや写真、絵を発表しはじめる。
スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ、チベットのカイラス山など世 界の巡礼路を歩いた。
日本では、熊野古道、四国八十八カ所霊場を踏破。現在は、福井県の山村に住み、生態系を重視しながら災害に強い森づくりに取り組む。
福井かひる山風土舎代表。著書に『熊野古道巡礼』(東方出版)、月刊絵本「たくさんのふしぎ」2009年8月号『おぼん』(福音館書店)、『信念 東浦奈良男一万日連続登山への挑戦』『山小屋クライシス』(ともに山と溪谷社)。

※お電話でのご注文:ブックサービス(楽天ブックス) 0120-29-9625 (9~18時/土日祝日も受付)
※在庫切れの場合は、何卒ご容赦ください。

  • 山と溪谷編集部ブログ
  • 出版営業部のFacebook
  • YAMAKEI CREATIVE SELECTION