山と溪谷 編集部ブログ

多摩川の源流を遡行してきました。

こんにちは。

編集部の辻です。

いよいよオリンピックが始まりますね。

それにしても暑い。

先週まで扇風機オンリーで頑張っていましたが、部屋内の温度が35度を超えて、ついに冷房を稼働させ始めました。

冷房の効きが悪いのか、それでも暑い。

こんなに日は沢で涼みたい~。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実は先週末、都心の暑さに耐えきれず沢登りしてきました。

遡行した沢は奥多摩の源流・竜喰谷。

「東京の水源!!」と言いたいところですが、東京の水源は8割が利根川・荒川みたいです……

竜喰谷は大迫力の滝がいくつもある、楽しくてちょっと怖い沢でした。

IMGP4184.jpg

入渓点からこの迫力!

(登ったわけではありません)

その後も……

IMGP4264.jpg

こんな滝に

IMGP4441.jpg

こんな滝も

「水(サンズイ)」に「竜」と書いて「滝」、なんだかわかる気がします。

IMGP4464.jpg

これは滝が滝つぼに落ちるところを撮ったものです。
釜に渦巻く水流が雲のようです。

滝と滝の間に広がる流れの緩やかな所もいい景色なんです。

IMGP4260.jpg

こういう流れが穏やかな所、すごく癒されるんですよね。木漏れ日がいい感じです。

滝の写真なんかよりは、こういう写真を見返して「また沢行きたいなあ」と思っています。

そうそう、この沢を登った後、下山中に猿を見ました。

IMGP4596.jpg

ちょっと見づらい写真ですみません。

少し遠くにいたので、撮った写真を拡大しました。

登山口に出る少し前、林道沿いに小屋が建っているのですが、その小屋の前を通りかかった時、子犬のような鳴き声が聞こえました。ちょっと助けを求めているような声に聞こえたのですが、周囲を見回すと、木の上にこの猿がいました。

我々に「餌くれ」とでも言っていたのか、それとも仲間を呼んでいたのか……

周りに他の猿はいなかったんですよね。

群れからあぶれてしまったのでしょうか……

真相は謎です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「夏は沢登りに限るなあ」と思った山行でした。

というわけで、明日からの連休も沢に行ってきます~。

連休で山に登る皆様もお気をつけて。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷2022年1月号
  • 山と溪谷2021年12月号
  • 山と溪谷2021年11月号
  • 山と溪谷2021年10月号
  • 山と溪谷2021年9月号
  • 山と溪谷2021年8月号
  • 山と溪谷2021年7月号
  • 山と溪谷2021年6月号
  • 山と溪谷2021年5月号
  • 山と溪谷2021年4月号
  • 山と溪谷2021年3月号
  • 山と溪谷2021年2月号