山と溪谷 編集部ブログ

休日は楽しく岩登り!

こんにちは!新人マルです。

.

同期で山岳図書出版部の、12クライマ―であるタジマ君、

手汗を自由自在に出せる友人トクヤマ君と、湯河原幕岩で遊んできました。

.

6月の湯河原は、暑くて登れないよ!と言われますが、

昨日、一昨日は涼しく、行ってみたら案外登れました。

キャプチャ.PNG

▲湯河原幕岩は、赤いピンが立っているあたりにあります。

.

.

【1日目】

IMG-9297.JPG

▲緑が生い茂っていました。

ヤマケイ組のザックはアライテントのクロワールとマカル―です。

なんでも入る、質実剛健なバックパックです。

.

IMG-0796.jpg

▲「帰還兵」で初の外岩クライミングを果たしたトクヤマ君。

右、左とバランスをとりながら登る楽しいルートです。

.

IMG-9302.JPG

▲「コンケスタドール」をオンサイトトライしました。

真ん中あたりまで行けましたが、オンサイトならず。残念。

.

(①オンサイト・・目標のルートに対して、事前情報を持たずに一撃で完登すること。一番ワクワクする登り方。)

.

みんなで楽しんだ後は、海を見に行きました。


肌にあたる風が心地よく、せっかく海の近くに来たということで、移動して波の音を聞きながら寝ることにしました。

.

.

【2日目】

IMG-0931.PNG

▲明け方。もう少し海を眺めたら出発。

.

この日は、初めてのマルチピッチをするメンバーがいるので、

比較的簡単である、

「悟空スラブ・エクステンション」へ行きました。山頂まで行けます。

.

(②マルチピッチ・・・2人以上のクライマー同士で行う。一人が先に登り、ロープを引き上げて後続も登る。この繰り返し。)

.

IMG-0855.jpg

▲昨日登っていた、希望峰に荷物を置き、奥の踏み後をたどるとこんな岩があらわれます。

写真は1ピッチ目です。

クライミングシューズでなくても行けそうだったので、アプローチシューズのまま登っていきました。

.

IMG-0860.jpg

▲振り返ると真鶴半島が見えます。

海に突き出した陸地は、上から見ると存在感が大きいです。

この辺りの岩には、アイゼンの跡がたくさんついていました。

.

IMG-0861.jpg

▲一番クライミングらしいピッチ。

このセクションを過ぎると、山頂まではもうすぐです。

.

IMG-0863.jpg

▲草の茂る踏み跡を進むと、登山道に合流します。そこを右折すると山頂です。

.

IMG-0867.jpg

▲山頂は、芝生が広がります。「いいちこ」の撮影に使われていそうな木の額縁がありました。

「悟空スラブ・エクステンション」は、比較的簡単に山頂まで行くことができる、

クライミング初心者を連れていくにはおすすめのルートです。

.

この後、希望峰に無事帰還。また昨日と同じルートにトライして、帰りました。

.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて!

一緒に行ったタジマ君は、この『ロクスノ』編集部として

本日発売『ROCK&SNOW 096』から登場します!

.

●悟空スラブ・エクステンションのルート情報は、

『ROCK&SNOW 095』の、「より高くなく、より困難でもない 岩稜&ルート紹介」に載っています。

.

ぜひチェックしてみてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

.

最後まで読んでくれたあなたの、すてきな休日の情報は、

ぜひ『山と溪谷』のお便りコーナーで教えてくださいね~。

誌面で紹介します!

.

連絡先: readers@yamakei.co.jp

.

件名に、「お便り・写真投稿」とお書きください!

名前(ペンネームでもOKです)もお忘れなく!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ではまた!

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2022年9月号
  • 山と溪谷 2022年8月号
  • 山と溪谷 2022年7月号
  • 山と溪谷2022年6月号
  • 山と溪谷2022年5月号
  • 山と溪谷 2022年 増刊5月号 日帰りハイキング・関東周辺
  • 山と溪谷2022年4月号
  • 山と溪谷2022年3月号
  • 山と溪谷2022年2月号
  • 山と溪谷2022年1月号
  • 山と溪谷2021年12月号
  • 山と溪谷2021年11月号