山と溪谷 編集部ブログ

使い込んでないから輝く展示会① スキー板

こんにちは! 二年目のツジです。

使い込んでない展示会シリーズ第1弾は、スキー板です。

IMG-5576.jpg

学生時代に所属していたサークルの先輩の知り合い(同じ山岳会)の方にいただいたものです。

これをくれた方、なんとヤマケイで4年ほど前までヤマケイで働いていた方でした!

なんたる偶然。そしてありがたい。

聞くところによると、副編集長・阪辻さんの山の師匠だそう。

山スキーはサークルの先輩にもらったもので1度だけやったことがあるのですが、ビンディングが古いタイプで、ブーツを持っていなかった私は、雪山用登山靴ではきました。

ただ、それも初めてのゲレンデでの練習中に壊れてしまい、山スキーはそれっきりになっていました。

そんなこんなでスキー初心者の私には、この板の細部の説明はできません。

よって紹介は以上です。

ヤマケイ法人営業部にスーパースキーヤー、中橋さんがいるので今度聞いてみようと思います。

冬になったら、辻まことのように、山スキーで日光のほうを旅したいなあと、ぼんやり考えています。

滑るためではなく、移動手段としてスキーを使った旅をしたいのです。

―――――――――――――――――――――――

さて、先週12日にヤマケイ9月号が発売されました。

今月は盛りだくさんです。

特集「読図の基本」に第二特集「山野井泰史を読む」、特別企画は「山と鉄道」、付録は「地図読みドリル2022」です。

特集は、「基礎知識編」と「実践編」に分れていて、前半で地形図から読み取れる情報を解説。後半は、編集部が実際にフィールドに出て、山で読図をするときのポイントを確認しながら登る様子を伝えています。地図アプリの使い方も載っています。

個人的にはドリルがおもしろかったです。

IMG-5577.jpg

知識があれば簡単に解けるものありますが、少し考えなくてはわからない問題もあって、ある程度読図の経験がある人でも楽しめると思います。

第二特集もよかったです。

IMG-5578.jpg

山野井さんの魅力を知れる『垂直の記憶』(山野井泰史 著)、『ソロ』(丸山直樹 著)、『凍』(沢木耕太郎 著)の3冊をめぐる物語を、その誕生に関わった神長幹雄さんが振り返るページがあります。

沢木さんは私の好きな作家なので、『垂直の記憶』というタイトルは沢木さんの提案から決まったことや、『凍』の誕生秘話を知って、そうだったのか!とわくわくしました。

9月号は全体的に読んでいて、あまり疲れなかったなと思いました。

これまでのヤマケイはその情報量が売りなのですが、1冊読むのにとてもエネルギーが要りました。特集だけでおなかいっぱいになってしまうこともしばしば。

9月号から大きな変更として、文字サイズを大きくしたので、それに伴って文字量は減っています。

文量はこれくらいがちょうどいいのかな、と思いました。

10月号もがんばります。

また。

山と渓谷

  • ブログ
  • バックナンバー
  • 定期購読
  • 山と溪谷 2024年4月号
  • 山と溪谷 2024年3月号
  • 山と溪谷 2024年2月号
  • 山と溪谷 2024年1月号
  • 山と溪谷 2023年12月号
  • 山と溪谷 2023年11月号
  • 山と溪谷 2023年10月号
  • 山と溪谷 2023年9月号
  • 山と溪谷 2023年8月号
  • 山と溪谷 2023年7月号
  • 山と溪谷 2023年6月号
  • 山と溪谷 2023年5月号