ヤマケイ文庫 穂高に生きる五十年の回想記

著者 今田 重太郎著
発売日 2022.03.09発売
基準価格 990円(本体900円+税10%)

<穂高とともに――登山者の安全を守り、登山文化を盛り立ててきた山小屋誕生の物語>
人気山域・穂高連峰の山小屋にまつわる手記である
『穂高に生きる』『穂高を愛して二十年』2冊同時復刊。

品種 電子書籍
商品ID 2821121194
ページ数 256

商品詳細

昨今、登山道や山小屋の維持・管理のあり方が話題となっている。
そもそも、登山者がいま当たり前のように歩き、利用している山小屋や登山道は、誰がどのような思いで作ったものなのか。

今からさかのぼること、百年前。
今田重太郎は、日本アルプスの黎明期、山案内人として活躍し、穂高の稜線に山小屋を開いた。
穂高岳山荘創立五十周年記念で出版された本書(1973年)は、だれよりも穂高を愛し、当地を熟知する人物による貴重な記録。

厳しくも美しい自然のなかで小屋を営む悲喜こもごも、多くの岳人との交流がいきいきと綴られる。


■著者について
今田 重太郎(いまだ・じゅうたろう)
1898(明治31)年、岐阜県吉城郡上宝村(元・高山市)生まれ。
1924年、奥穂高岳・白出のコルに、穂高岳山荘の原点である穂高小屋を創設(1958年改称)。
ガイドとして秩父宮に随行し、黎明期の北アルプスを案内したほか、
山小屋の主人として、登山道整備、遭難救助など、穂高連峰の安全や登山文化の発展に寄与した。
本書の全身に『穂高小屋物語』(読売新聞社刊)がある。
1993年没(享年84)。

  • 山と溪谷編集部ブログ
  • 出版営業部のFacebook
  • YAMAKEI CREATIVE SELECTION