よくあるご質問にお答えします。FAQ

従来の「自費出版」との相違点

本当に安いの?
新しい刊行スタイルや流通サービスのメリットを活かしているので、原稿の内容や構成、仕様によりますが、従来型の自費出版サービスの半額~3分の2程度のご負担で、製作と流通が可能になるように設計しています。ただし、オンデマンド印刷で500部以上の部数や凝った仕様をご希望の場合、従来型印刷・製本方式がベースとなりますので、コスト面のメリットは少なくなります。
製作料を支払えば、刊行できますか。
いいえ。「ヤマケイ クリエイティブ セレクション」は、「審査」を設けています。どんなに高額な製作料をいただいても、小社の基準に達していない作品は、お受けできません。一定の基準に達しているもののみをラインナップします。なお、プロや出版の現場で実績をお持ちの方やハイアマチュア向けのラインとして「パイオニア ブックス」、一般の方向けのラインとして「フロンティア ブックス」のふたつのラインをご用意しています。
一般に販売されるのでしょうか。
従来の自費出版サービスでは、仮に一時書店に流通させたとしても、すぐに返品されてしまっていたのが現実でした。「ヤマケイ クリエイティブ セレクション」では、Amazon等のインターネット書店での2年間の流通を保証しています(延長サービスあり)。インターネット書店ならば、24時間、世界に流通させることができます。
オンデマンド印刷方式の場合、通常書籍と同様にISBNコードやバーコードが付いていますので、ご希望で特定書店で販売することや、全国の書店からの注文で購入することも可能です。
また、流通をご希望されない場合は、割引料金を適用いたします。

予 算

どのくらいの料金がかかるのですか。
本の仕様や部数によって、制作料はさまざまです。ご希望うかがって、ご相談のうえ、見積もりをお出しします。
NextPublishingの場合、入稿データの完成度が高く、1000部以上の販売がほぼ確実に見込める場合は、制作料無料で対応することもあり得ます。
オンデマンド印刷の場合でも、デザインまで完了していて、小社の基準に達していれば、非常に安価で対応可能です。

印 税

もし売れた場合は、印税はあるの?
Next Publishing方式では、販売部数に応じて、規定の売上分配金をお支払いします。オンデマンド印刷方式の場合、Amazon等での販売用に小社がお預かりする冊数に関しては、売上分配金はお支払いしませんが、そのぶん製作料を安く抑えています。ただし、増刷した場合は、所定のお祝い金をお支払いします。

納 期

どのくらいの期間でできますか?
最速で2、3ヶ月(特急料金)。通常、5ヶ月です。手書き原稿(データ化オプション料金)であったり、文章内容の修正が必要であったり、デザインが複雑なものは、流通まで含めると、6ヶ月以上かかることもあります。オンデマンド印刷プランでは、上記プラス1ヶ月程度必要です。ただし、ページ数が少ない作品や完成度が高い作品は、納期の短縮が可能です。

増 刷

増し刷りはできますか?
NextPublishing方式の場合、データとして存在しているので、流通サービス期間中、在庫がなくなることはありません。また、オンデマンド印刷方式の場合、初版第一刷がおよそおよそ500部以下であれば、50冊単位の少部数重版が可能です。流通サービス終了後は、データをお渡ししますので、後日増刷が必要になった場合は、このデータをお渡しいただけば重版可能です。500部以上の場合は通常印刷になりますので、オンデマンド印刷での増刷のみ可能となります。色調等は、通常印刷版とは異なります。

その他

こった本も作れるのでしょうか。
NextPublishing方式の場合、オリジナル表紙を作成することができます。また、オプションで、通常のカバー付き書籍などの特装版をお作りすることもできます。
オンデマンド印刷方式の場合、見た目は通常の書籍と同じですので、オプション料金が発生しますが、ハードカバーやオリジナルレイアウト、本格校正サービスなどの、見た目、内容面の充実したサービスに対応いたします。
宣伝はしてくれますか。
山と溪谷社の登山雑誌、および「ヤマケイオンライン」(登録ユーザー約5万人)や電子雑誌「週刊ヤマケイ」(同3万8000人)などで、刊行時に自社広告やご紹介をいたします。ほか、一般メディアでの広告をご希望の場合、お取り次ぎいたします。
内容の相談にのってもらえますか。
制作の初期段間で、弊社にご来社いただければ、仕様に関することはや事務的なご相談とは別に、ご希望あれば、1時間の編集アドバイスをさせていただきます。遠方の方は、お電話でのご対応となります。また、出張サービスも可能(オプション)です。以降、簡単なご質問には、メールやお電話で、随時お答えします。改めて長時間のご相談が必要な場合は、オプションサービスをご用意しています。
魅力は、安さだけなの?
期間は限定されますが、ネット書店を中心とした流通サービスがセットになっています。また、『山と溪谷』などの定期刊行誌での広告掲載1回が基本サービスとしてあるほか、小社ウェブサイトでの掲示、「ヤマケイオンライン」(登録ユーザー約5万人)や電子雑誌「週刊ヤマケイ」(同3万8000人)でのご紹介も付加できます。製作に際しては、プロ編集者がアドバイスし、山と溪谷社の正規商品として刊行いたします。

発売予定&新刊