ヤマケイ新書 香料商が語る東西香り秘話

著者 相良 嘉美著
発売日 2015.06.19発売
販売価格 本体880円+税

幕末にペリーが日本に贈った香水とは?香料商のはじまりは「ならず者」たちだった?

香料商として世界の海を見てきた著者が語る、古今東西の香りの話。

西洋にはじまる香料商の歴史、アラブの商人がもたらした素材の数々、そして縄文に始まる日本の香り――
香りの世界を覗いてみたいあなたにお勧めの一冊です。

品種 書籍
商品ID 2814510210
ISBN 9784635510219
ページ数 256
判型 新書判

※お電話でのご注文:ブックサービス(楽天ブックス) 0120-29-9625 (9~18時/土日祝日も受付)
※在庫切れの場合は、何卒ご容赦ください。

商品詳細

幕末にペリーが日本に贈った香水とは?香料商のはじまりは「ならず者」たちだった?

香料商として世界の海を見てきた著者が語る、古今東西の香りの話。

西洋にはじまる香料商の歴史、アラブの商人がもたらした素材の数々、そして縄文に始まる日本の香り――
香りの世界を覗いてみたいあなたにお勧めの一冊です。

<名調香師たち>香水創りのエッセンス/
<香水の軌跡>生まれは「薬酒」/
<魅惑のローズ史>太古のローズウォーターから、熱狂のローマ帝国、キリスト教による忌避、そして復活まで/
<香料素材を運んだアラブの商人たち>バクダッド市場にあふれていた香りとは?/

<ならず者だった香料商たち>はじまりは皮手袋/
<天然香料と合成香料>フランスの花畑のいま/
<日本の香り文化とは?>縄文、飛鳥、そして明治それぞれの節目

【目次】
第1章 香りの世界に生きる人々
第2章 香水の軌跡
第3章 魅惑のローズ史
第4章 香りの原料
第5章 香料商のはじまり――ならず者たち
第6章 日本人の香り
第7章 香料商の未来――食品と化粧品

著者:相良嘉美(さがらよしみ)
1938年佐賀県に生まれる。東京大学文学部英文科卒。長谷川香料(株)に47年間勤務。最初の17年間は香料の輸出担 当(貿易部長など)。その間約70回の海外出張。教育部長を経て(その間に「放送大学教養学部発達と教育専攻」卒業)、最後の17年間は理事・広報室長、 および香料技術情報誌「HASEGAWA LETTER」編集長。その間約60回の海外取材。2010年退職、SAGAl'arome代表として香りの文化を伝える活動を行う。著書に『香りを旅す る』(私家版、国立国会図書館・その他公立図書館等に配本)、『故郷、緑なれ―佐賀発、香りで街おこし』(フレグランスジャーナル社)がある。

※お電話でのご注文:ブックサービス(楽天ブックス) 0120-29-9625 (9~18時/土日祝日も受付)
※在庫切れの場合は、何卒ご容赦ください。

  • 山と溪谷社の定期購読_山と溪谷_ワンダーフォーゲル_ROCK&SNOW
  • 山小屋・登山専門店でのサービス充実!山と溪谷カードのご案内
  • 山と溪谷編集部ブログ
  • ワンダーフォーゲル編集部ブログ
  • 出版営業部のFacebook
  • 週刊ヤマケイ
  • 山小屋・登山専門店でのサービス充実!山と溪谷カードのご案内
  • ヤッホーヤーマン!ヤーマンのFacebook
  • YAMAKEI CREATIVE SELECTION
  • MOUNTAIN SPORTS NETWORK
  • クライマーのための総合情報サイト CLIMBING-net
  • 萩原編集長のヒマラヤ未踏峰ブログ~Outlier East 7035m
  • ヤマケイ アニマルきせかえ
  • au きせかえ取り放題for auスマートパス_ヤマケイカレンダー