ワンダーフォーゲル編集部ブログ

下中

DANA DESIGN!!

Posted by 下中 | Date 2012年08月29日(水)

こんにちわ。
秋の雰囲気がちょっとだけ漂ってきましたね。
秋は展示会の季節です。

Tシャツの飛び跳ねるバックパッカーロゴで
お馴染みのDANA DESIGN。
「デイナデザイン」という名前で
ご記憶の方もいらっしゃると思いますが、
現在は「ダナデザイン」という呼び名で
流通しております。

(どうでもいい情報ですが出演している女性は、
ワンゲル編集部のアイドル近藤さんです)

呼び名が変わったのは、
2006年時点で一旦ブランドが消滅し、
最近になって新生ブランドとして
リニューアルしたからです。

もともとあったブランドの
DNAを引き継ぎながら、
最新のテクノロジーでアップデートした
アイテムをラインナップしています。

今日は生まれ変わった
ダナデザインの展示会を見に行ってきました。


DANA DESIGNと言えば、
バックパックが有名ですが、
新生ダナデザインはテントやタープなどの
キャンピング用品も展開しています。

どのアイテムも共通していえるのは、
「コンパクトさ軽量さを追求しつつ、
フィールドで必要な強度を維持する」
ということを訴求していること。

オートキャンプというより、
バックパッキングスタイルの
キャンプに対応することを目指しているようです。
その辺は「デイナ」っぽいですよね。

そのコンセプトをより強く前面に押し出したのが、
下の写真のライムカラーのテントやタープです。

軽量さと強度が高いレベルで必要になる、
テント泊登山用として設計されたモデルだそうです。


ん? 誰かテントの中に入ろうとしていますね。
後姿はアウトドアライターの高橋庄太郎さんです。

偶然、展示会場でお会いしました。

高橋さんと言えば、
山道具紹介の記事も多く執筆しているので、
道具に関してはかなり詳しいです。

売れっ子アウトドアライターの目には
ダナデザインのテントは
どのようにうつったのでしょうか?
気になるところです。

ダナデザインのホームページは
コチラをクリックしてみてください。

皆さんもぜひチェックを!

松本

暑い日には。

Posted by 松本 | Date 2012年08月28日(火)

こう暑いと水につかりたくなりますね。
というわけで、沢登りに行ってきました。


大菩薩嶺に突き上げる小室谷ってところです。
わりと人が入っているようですが、
魚影は濃く、このとおり。


興奮状態のK氏。
ヤマメは塩焼きにしておいしくいただきました。

RIMG0130.jpg (400×300)

ところで、K氏はタイツの上になにもはきません。


これって世代的なものなんでしょうか。
いまの20代、30代って、短パンあわせるけどなあ。



西村

Maripositas

Posted by 西村 | Date 2012年08月27日(月)

このところヂヂイになってきたせいか、山で見かけるいろいろなものに興味がわいてきました。

8月の南アルプスではお花畑を乱舞する高山蝶に遭遇。
持っていたコンパクトカメラで撮影してみました。

ベニヒカゲ。
本州では山岳地帯にのみ生息する高山蝶ですが、北海道では平地でも見られるそうです。
あちこちでオスがメスを追い回していて、なんともお盛んなチョウチョたちなのでした。
オトコたるもの、ああいう情熱を失ってはいけませんね。

 

 

世界のあちこちに生息するクジャクチョウは高山蝶ではありませんが、
涼しいところを好むらしく、本州中部では山地にしか棲まないそうです。

 


一緒に歩いていた柄沢啓太カメラマンは『月刊むし』を購読していたほどの虫好き。
「いちばん好きな虫は?」と聞くと、「蛾です」とのこと。


虫の世界は奥が深そうです。

近藤

展示会に行ってきました!

Posted by 近藤 | Date 2012年08月24日(金)

毎日暑いですねー。
取材で山に行ってばかりのワンゲル編集部でしたが、
昨日は久しぶりに展示会に行ってまいりました。

ブラックダイヤモンドの小物で、いくつか面白いもの
があったのでご紹介しますー。

まずはLEDランタン。
これまでのランタンは、テントの天井などにつるすと
真下が暗くなってしまいましたが、このランタンは底にもライトが。
これでまったく死角なし!

ちなみにそれぞれ点けたり消したりできるので、
下に置くときは上のライトだけ
懐中電灯のように使いたいときは底のライトだけ
という風に使い分けできます。

 

次はヘッドライト。
手に持っている黒いケーブルは、なんと充電用のUSBケーブル。
中に充電池が入っているので、繰り返し充電して使えます。

もちろん、普通の電池やエネループなども使用できます!

 

そして最後はカラビナ。
こう見えて安全還付きなんです。
実はこのロック機能、磁石の力を利用しています。

両側から押すだけで、ワンタッチでロックが解除できて、
手を離せば磁石の力で自動的にロックがかかります。
さすが、目の付け所が違います!

 

他にもいろいろ新商品がありましたが、今日はこのくらいで。
発売時期はまだ未定です。お楽しみに~

 

 

 

 

 

阪辻

自然がいっぱい

Posted by 阪辻 | Date 2012年08月23日(木)

東京の北のほうにある我が家の周りには自然がいっぱいで

少し目を凝らしてみると、いろんな生き物がいます。

 

隣の家の花壇には、アゲハチョウの幼虫が。

 

昨日の夜は、こんなヤツも。

 

ときおりウサギなんかも道を歩いていたりして、

自然の奥深さを感じる町です。

下中

南アルプス南部で1week

Posted by 下中 | Date 2012年08月21日(火)

夏山を満喫していますか?

僕たち編集部員も北アルプスへ南アルプスへ
来年の取材のために歩きまくっています。

今月は南アルプスの取材が多く、
僕も昨日まで一週間、南アの南部を歩き回ってきました。

南ア南部は歩きがいのある長いコースが多いので、
登山道ですれ違う方も、山慣れしたおもしろい方ばかり。

たとえば、地元山岳会「島田しらびそ山の会」の皆さん。


塩見岳山頂で撮影をしていたら声をかけてくれました。

この山行の間は「トランスジャパンアルプスレース」の大会期間中で
ちょうど選手の皆さんが南アルプスを走っていました。

トランスジャパンアルプスレースは、日本海から太平洋まで、
日本アルプスを縦走しながら1週間で走破するという鬼のようなレース。


写真は百間平ですれ違ったランナーの方です。
お疲れさまです! その後無事にゴールできたのかな?

最後はおまけ。


下山後に一泊した二軒小屋で同宿した
編集部の松本先輩と星野カメラマンです。
だいぶ酒はいっていい感じですね。

松本さんたちは、翌日から山に出発です。

7月は安定した天気でしたが、この1週間は少し不安定な天候で、
午後になると何度も夕立に見舞われました。

これから山に入られる皆様も天候には注意して楽しんでください!



五十嵐

ツルギとラムダ

Posted by 五十嵐 | Date 2012年08月16日(木)

剱岳から帰ってきました。

このところ天気が安定しませんね。
お盆に休みをとって山へ!
と思っていたのに悪天で中止、という人も多いのでは。

僕もそうだったんですが、
お盆前の取材山行はばっちりでした。



本格的な山登りは初めてという阿部カメラマンですが、
装備は完璧。
ラムダのザックが効いています。
若い人が持っているのは珍しいらしく、
行く先々で声を掛けられてました。

ラムダ、いいです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51