ワンダーフォーゲル編集部ブログ

編集部からのお知らせ

屋久島ブック2016発売です

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2016年02月15日(月)

屋久島って、行ったことありますか?

 

やっぱりいちばん有名なのは屋久杉。

あとは、某ジブリ映画のモチーフになったという白谷雲水峡とか、

最南の日本百名山にして九州最高峰の宮之浦岳とか…

 

え?

山ばっかじゃん?

 

いえいえ、そんなことないんです。

ちょっと違う角度から屋久島を旅したい人、

発売したての『屋久島ブック2016』をご覧あれ。

 

表紙は『Hutte』でおなじみのKIKIさん。

学生時代から何度も屋久島を旅しているリピーターだそうです。

現地のルポもリピーターらしい視点です。

 

コンテンツはこんな感じ。

 

森や、宿や…

 

水辺のアクティビティもバッチリ載ってます。

 

屋久島はクリエイターが集まっている島でもあります。

屋久島のカルチャーを牽引する、6人の方へのインタビューも。

 

初めて行く人にも、また行く人にも、

いつか行きたいと思っている人にも、おすすめの一冊です。

編集部からのお知らせ

ワンダーフォーゲル2月号 好評発売中です

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2016年01月22日(金)

ご紹介が遅くなり、すみません。

ワンダーフォーゲル2月号、現在発売中でございます!

すでにご購入いただいた方、ありがとうございます。

↑レッド、イエロー、ブルーなどお悩み解決レンジャーが登場したかのような表紙。イラストは越井 隆さん。

 

今回の特集は「山のお悩み108解決ブック」です。

登山に関する疑問や漠然と不安に思っていることをここで解決します!お悩みは実際にヤマケイオンラインで登山者のお悩みを募集し、それを元に記事を作成しました。道具のことから、体づくりや危機管理のことまで、各ジャンルに詳しい解答者がアドバイス。登山初心者だけでなく、3年以上登山を続けている方にも参考になる情報がぎゅっと詰まっています。

 

 

↑よろずのお悩み

↑装備のお悩み

↑地図のお悩み

↑体のお悩み

↑危機管理のお悩み

第二特集は申年ということで日本全国のサル山を紹介した、「2016年はサルの山!」です。

↑ルポでは福島県・大川猿倉山と石川県・猿山を取り上げています

↑日本全国のサル山をピックアップ!コースガイドも充実しています。

結構あるんです、サルの山。その名前の由来や由緒についても掲載していて、読んでみると発見があって面白いです。これを読んで、みなさんもぜひサルの山へ。

特別ルポは、山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんによる、「みちのく潮風トレイル」。

青森・八戸から福島・相馬を結ぶ長大な海岸線のトレイルは、現在約半分ほど開通しています。全線開通が待ち望まれるなか、今回は南三陸町を歩きました。

そのほか、我らが編集長・吉野による「アラフィフ吉野のハセツネ挑戦記」もお見逃しなく。

10月31日・11月1日にわたって開催された、伝統のトレラン大会、第23回「日本山岳耐久レース」。50歳を目前に初完走を目指したオヤジの挑戦記です。

そのほかにも、ハウツー、山の紀行など、盛りだくさんの内容でお届けします。2月号のワンダーフォーゲルもどうぞよろしくお願いいたします! 

編集部からのお知らせ

ワンダーフォーゲル12月号 11月10日発売です!

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年11月06日(金)

 

秋も深まってきましたね。そろそろ冬の計画を立てようと思っている方も多いかと思います。

そんなみなさまへ、11月10日に発売する『ワンダーフォーゲル12月号』をご紹介します!

じゃじゃん。さきほど見本誌が届きました。できたてほやほやでございます。

特集は「雪山の学び場 八ヶ岳」。 

コースも山小屋も充実している冬の八ヶ岳は入門者から上級者まで、幅広く、奥深く楽しめる雪山登山の絶好の学び場です。
そんな八ヶ岳を舞台に、本特集ではアイゼン、ピッケルを使った本格雪山登山を正しく順序を踏んで、学び、楽しむハウツー&ゴースガイドを紹介します。

7つのステップで雪山登山のノウハウを学びます

 

気候やコース状況、リスクなどのプランニング・アドバイスをはじめ、装備やウェアの準備、歩行術や雪中でのテント泊ノウハウ、コースガイドや山小屋情報などなど、雪山登山初心者から赤岳登頂を自力でめざすレベルまで、雪の八ヶ岳でステップアップする方法とエリアの魅力をたっぷり紹介しています。

 まずは八ヶ岳の概要から。各山の特徴や、月ごとの雪の状況、気象の特徴なども解説します。

八ヶ岳を想定した道具の選び方や計画時に心得ておきたいポイントもご紹介。八ヶ岳でなくとも、高山の雪山に登るときの参考になります。

雪上の歩き方(雪上歩行技術)についても徹底解説。雪山ではどの技術をどの場面で使うのか、判断する力も必要です。

実際に赤岳を登ったときに、どのように判断していたのかも例のひとつとして掲載しています。

こちらは雪山ならではのノウハウをまとめた、テント泊の解説ページ

編集部が実際に歩いて書いたルポもあります。

こちらはアイゼン・ピッケルを使った雪山登山のビギナーにおすすめの天狗岳のルポ

経験をつんだらぜひ挑戦したい、最高峰・赤岳のルポ

厳冬期の八ヶ岳の厳しさを思い知った編笠山のルポ

コースガイドでは、各ルポで出てきた天狗岳、赤岳、編笠山のほかに、蓼科山、硫黄岳も紹介。ひとつの山でも複数コースを紹介しているので、自分に合ったコースを選ぶことができます。地図も大きくて見やすく、山小屋のイベント情報なども記載しているのでプランニングに役立つこと間違いなしです。

 

 

第二特集は、雪山登山に必要な装備の選び方を指南する「タイプ別・最新雪山ギアガイド」。

雪山ギアは、新素材や加工技術の進歩によって日々進化している一方で、フィールドやシーンに合わせて細分化が進んでいます。お店に行っても、種類が多すぎて何を選んだらいいの分からなくなった方も多いのではないでしょうか。

「ピッケルはストレートシャフトがいいのか、ベントシャフトがいいのか」
「クロモリ鋼12本爪とステンレス鋼の違いは?」「レザーのブーツとゲイター付き合皮ブーツの使い分け」などなど。
雪山装備に詳しい人物をナビゲーターに立てて、タイプ別に各装備の基本解説を行ないながら、最新製品を多数ご紹介します。

今年、特に注目したいアイテムもピックアップ!

 

そのほかにも、充実した雪山ライフをおくる情報満載。

こちらはスノーシューをはいた、スノーシューハイクにおすすめの厳選ガイド。

スノーシューのレンタルや、立ち寄り情報などプランニングに役立つ情報も記載しています。「雪の上を思いっきり歩きたいけど、アイゼン・ピッケルを使う本格的な雪山登山はちょっと…」という方にはぜひこちらがおすすめです。

連載「教えてセンセイ!」では雪山を安全・快適に登るためのトレーニング法をお教えします。今からでも間に合うトレーニングなので、ぜひ試してみてください。

連載「セーフティギア」では、万が一の雪崩遭難時に備えておきたいアバランチギア(ビーコン・プローブ・ショベル)の、基礎知識とおすすめモデルを掲載しています。

おっと!つい熱くなって長々と語ってしまいました。

というわけで、12月号はかなり実用的な雪山登山情報満載の1冊になっております。

 ほかにも面白いページがありますが、それはまた今度ご紹介します。

それでは、12月号のワンダーフォーゲルもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

編集部からのお知らせ

【ワンゲル編集部の本】大きな地図で見やすいガイド

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年11月04日(水)

冬の足音がすぐそこまで聞こえてきそうな朝晩の冷え込みですが、
いかがお過ごしでしょうか!?

さて、今日はワンゲル編集部のガイドブックシリーズを紹介します。
その名も、『大きな地図で見やすいガイド』!!

今年の夏前から刊行をスタートしたので、本屋さんや登山道具屋さんで
お見かけした方、実際に購入していただいた方もいらっしゃると思います。

  


先月、このシリーズに最新刊が加わりました!

  

『大きな地図で見やすいガイド 高尾・奥多摩』
B5版 128ページ
本体1600円

高尾・奥多摩エリアの人気コースをあまさず紹介しています。

見やすい写真やわかりやすい解説文はもちろん、
行程図などのデータも充実しています。


そして、シリーズ最大のウリの一つが大きな地図。
各コース1ページ~見開き大の大きな地図を掲載しました。
展望や危険箇所などの注釈もあり、
コースを概念的に把握できます。

山を楽しみ尽くすためのスポットや
温泉・食事処の情報も満載です。



秋深まり、低山が楽しい季節。
『大きな地図で見やすいガイド』を持って、
東京の低山へ出かけてみませんか?


お求めは全国の書店・登山用品店・ネット書店にて!

来年2月にはシリーズ第5巻「丹沢」が発売予定。
その後も、全国の人気エリアを続々刊行します。

編集部からのお知らせ

鏑木毅×福田六花 新刊&DVD記念トークライブ・サイン会

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年09月15日(火)

9/18、山と溪谷社ヤマケイ新書シリーズから、『富士山1周レースができるまで~ウルトラトレイルマウントフジの舞台裏』が発売されます!
 
日本初の100マイルトレイルランニングレースとして2012年初開催され、世界的レースと成長したUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)。このレースの運営キーパーソンである、鏑木 毅、福田六花のふたりが、UTMF初開催までの知られざるエピソードを書き下ろしました。
 
本書の発売刊行イベントして、9/20(日)、湘南 蔦屋書店で11:00~13:00で、著者のおふたりがトークセッションを行ないます。まだ若干席に余裕がありますので、参加をご希望の方は、リンク先のウェブページをご確認のうえ、予約申し込みをお願いいたします。
 
▼予約はこちらから▼
http://real.tsite.jp/shonan/event/2015/08/dvd-run-like-the-wind.html
編集部からのお知らせ

ワンダーフォーゲル10月号!明日発売です!

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年09月09日(水)

雨の日が続き、肌寒くなり、すっかり秋めいてきました…

みなさん、秋はどんな山に行かれるのでしょうか?え、やっぱり日本アルプス!?

それなら秋のアルプスを特集している、10月号のワンダーフォーゲルがおすすめです。

いよいよ明日発売でございます。

↑表紙は金子雄爾さん撮影の鳳凰三山

 

特集名は「アルプス紅葉ハイキング」。

アルプスの紅葉のベストシーズンは儚いほどに短いが、その美しさ、すばらしさは格別です!

ここでは、秋だからこそおすすめしたい、南北アルプスの人気コースとマニアックなコースをご紹介。

魅力的な秋山ハイキングにみなさんをお連れします。

↑見事な紅葉の鳳凰三山

↑立山の隠れた紅葉名所へGO!

↑静か&紅葉が楽しめる奥丸山から槍ヶ岳を目指します

↑後立山の色とりどりの景色もお楽しみください

↑コラムでは山小屋や登山口に関する興味シンシンな情報も紹介していますよ~

 

【主な紹介コース】
●北アルプス●
立山界隈の隠れた紅葉名所/弥陀ヶ原~室堂平~タンボ平
紅葉名所・鏡池と稜線散歩/双六岳~三俣蓮華岳~笠新道
槍・穂と笠・双六の紅葉の展望台/奥丸山~槍ヶ岳
後立山の奥深い場所/八方尾根~唐松岳~餓鬼山

●南アルプス●

錦秋の稜線と滝めぐり/鳳凰三山

南アルプスの静かな紅葉道/野呂川出合~農鳥岳~奈良田

【コラムなど】

秋のアルプス ウワサの調査隊
君は南アルプスのしっぽ安倍奥を知っているか?
グラフ 紅葉の名前
秋の上高地おすすめスポットセレクション

 

紹介したコースの詳細ガイドは、こちらの別冊付録ガイドブック「秋山JOY」で紹介しています。

↑写真は槍平からの槍ヶ岳と鏡池(撮影/渡邉由香)

↑秋も人気の燕岳のコースガイド

本誌で紹介したコースを含め、燕岳や涸沢~北穂高岳・奥穂高岳など全13コースを紹介。

1泊~2泊の山行を中心に紹介していますので、週末登山に最適です!

夏とはまた違ったアルプスをお楽しみください★

第二特集は「秋山と服の道具」

秋から冬に朝晩にはぐっと冷え込むようになる秋の山。

アウターレイヤー、インサレーションなどのウェアを中心に、

秋から冬にそろえておきたい最新の秋冬装備を紹介します。

用具はシーン別で紹介しています。

「テントで秋のアルプスへ」というシーンでは、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんが、「家族で八ヶ岳の山小屋へ」というシーンでは、子連れ登山を実践中のマンガ家・鈴木ともこさんが、用具の選び方をアドバイス。

秋冬の注目新製品もここでチェックできますよー。

その他、刺激たっぷりのスリリングガイド「絶叫!ハイキング!」、沢登りルポ「それいけソーレ谷」、ハウツー連載・教えてセンセイ!では「森田さんの秋山登山講座 気象リスクマネジメント術」、新連載「山と山小屋」、なぞの珍連載「山の立ち寄り珍スポット」などなど…。

秋山が楽しくなる情報が満載です。こちらの詳しい紹介はまた今度!

それでは、10月号のワンダーフォーゲルもどうぞよろしくお願いいたします★★

 

 

 

編集部からのお知らせ

展示・イベントのお知らせ

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年07月15日(水)

今年で11年目を迎える、『富士登山「絆」フォトコンテスト2015』。富士登山に関する写真を、今年も募集しています。応募期間は2015年7月1日~9月30日(〆切:当日消印有効)まで。今年富士登山に行かれる方や、過去の富士登山の写真で「これ、いいじゃん!」と思う写真をお持ちの方、応募してみてはいかがでしょうか?募集内容などの詳細はこちらの公式ウェブサイトで↓

『富士登山「絆」フォトコンテスト2015』公式ウェブサイト

http://fujikizuna.com/

このフォトコンテストに関連し、過去の受賞作品(2008年~2014年)の展示を、イタリアンレストラン「LIFE son」(東京・参宮橋)にて現在開催しております(7月26日まで)。また、7月16日(明日ですが…)に、同会場にて本誌でも活躍中のフォトグラファーの田渕睦深さんと、富士吉田市登山案内人・登山ガイドの林智加子さんのトークショーが開かれます。

詳細は以下。

トークショー+スライドショー
富士登山「絆」フォトコンテスト主催、トーク+スライドショー。登山ガイドの林知加子さん、フォトグラファーの田淵睦深さんを迎えて、今年もLIFE sonにて開催します。
スピーカー:林智加子(富士吉田市登山案内人) 学生の頃に穂高や白馬の山小屋で住み込みの仕事。ニュージーランドのスキー場で唯一日本人のスキーパトローラー、白馬でバックカントリースキー・ガイドとして活躍。公益社団法人日本山岳会ガイドステージII、スキーガイドステージII。登山ガイドsoleil主宰、富士吉田市登山案内人。

スピーカー:田渕睦深(フォトグラファー) 大阪生まれ。「山と渓谷」「Esquire Magazine Japan」「暮らしの手帖」「生活 LIFE Magazine」(中国)「あしたもこはるびより」(主婦と生活社)ポートレート、風景を中心に雑誌や書籍、装丁などをてがける。ライフワークのカレンダー制作は、2015年「painting」で24作目。
募集人数:15名
料金:2500円+食事付き(税・ドリンク別)
電話:03−6276−115(LIFE son)
メール:info@fujikizuna.com
※予約後のキャンセルはできません。ご注意ください。
※イベントは店内を一部貸し切りで行います。

 
受賞作品展示(2014〜2008)
期間:6/30(火)〜7/26(日)
定休:月曜
過去の受賞作品の展示を行います。
LIFE son
11:30〜14:30 / 18:00〜23:00
東京都渋谷区代々木4-5-13レインボービルIII1F
03-6276-1115
http://www.s-life.jp/info_son.html
小田急線参宮橋下車徒歩2分 改札を出て左折、商店街を歩きイチドリ沿いに右折、右にテラスがあるお店です

※こちらのウェブサイトにも詳細が記されています。

HP :
facebook:
ぜひ、参加してみてください。
 
ちなみに…田渕睦深さんには今回ワンダーフォーゲル別冊『夏山JOY2015』掲載の空木岳ルポで写真を撮っていただきました。
 
記事をちらり、、。
 
素敵な写真です。ご興味のある方はぜひ夏山JOYもよろしくお願いいたします。
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11