ワンダーフォーゲル編集部ブログ

編集部からのお知らせ

夏山JOY2016 発売中!

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2016年06月10日(金)

今年も夏山JOYの季節がやってきました。

特集は「夏のアルプス 憧れのトレイルを行く」

アルプスのコースガイドを30コース以上掲載。

今年は地図が大きく読みやすくなりました。

ルポもあります!

ほかにも、コラムやハウツー、何かと便利なアクセス情報も掲載。

この夏の山行計画にお役立てください。

 

第2特集は「全国夏山コースガイド」。

北海道から四国まで、おすすめコースをご紹介。

ヤーマンがちらり登場しております。

『夏山JOY2016』 よろしくお願いします!

編集部からのお知らせ

ワンダーフォーゲル8月号付録サコッシュご紹介

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2016年06月07日(火)

こんにちは。

本日は夏山JOY2016の発売日です。

「毎年出るのについ買っちゃうんだよねー」という声がしばしば聞こえてきますが、

今年もつい買っちゃってください。

さて、夏山JOYのご紹介はまた後日詳しくいたしますが、

今回はワンダーフォーゲル8月号の付録のサコッシュの紹介をします!

昨日見本が届きました。

\ ジャーン /


どの色がいいかな~と編集部で検討した結果、鮮やかブルーになりました。

ほら、思い出してください、あの夏の日、山の稜線から見た空の色を…

欲しくなったでしょ?

外側にメッシュのポケットがあり、中はぺろっとめくって収納するシンプルなデザイン。

地図や行動食を入れておくのに便利です。

そんな付録がつく8月号は7/9(土)発売です。

特集は「北アルプス岩稜案内」。

よろしくお願いします⌒( ё )⌒

吉野

エベレスト登頂の南谷真鈴さんが編集部を訪問!

Posted by 吉野 | Date 2016年06月01日(水)

マスコミ報道でご存知の読者も多いと思いますが、『ワンダーフォーゲル』で「Road to Mt.EVEREST」を好評連載中の南谷真鈴さんが、5月23日に、み、ご、と、日本人最年少となる19歳5カ月で世界最高峰エベレスト(8848m)へ登頂しました!(パチパチパチ)

一昨年末の南米最高峰アコンカグア(6959m)以来、次々と世界各地の山へ足をのばし、ついに目標としていたエベレストに登頂した真鈴さん。2カ月間のネパール滞在から帰国してまだ数日の本日、登頂の報告で編集部を訪問してくれたのでした。

↑話を聞こうと各部署から集まったヤマケイのスタッフ。真鈴さんは帰国後、やや体調崩し気味でマスク姿

↑エベレスト登頂おめでとうケーキは、なぜかモンブラン。モンブランも登ってるしね(笑)

どんなに本人が万全でも、天候などの理由で登頂できない人も多いエベレスト。チャレンジ1回目での登頂成功に、「運に恵まれましたね。神様に感謝したいです」という真鈴さん。

エベレストでのさまざまな体験を聞かせてくれたのですが、なんと3日後の6月4日から今度は北米最高峰デナリ(6168m)めざしてアラスカへと旅立つのだそう。いやいや、まじで、その疲れを知らない行動力と必ず目標をやり遂げる実行力には驚かされるばかりですよ…。

本日の真鈴さんの話については、弊社ウェブサイトYAMAKEI ONLINE(ヤマケイオンライン)でも紹介。また、今後配信されるメールマガジン『週刊ヤマケイ』でも掲載する予定です。

そしてそして、『ワンダーフォーゲル』8月号(7月9日発売)の連載「Road to Mt.EVEREST」Vol.7でも、今回のエベレストのくわしい様子についてたっぷりとお伝えします。真鈴さんの活躍にご期待ください!

五十嵐

ワンダーフォーゲル6月号発売中!

Posted by 五十嵐 | Date 2016年05月17日(火)

ワンダーフォーゲル6月号の特集は、

「アルプス攻略ABC for Beginners」!

アルプスビギナーに向けて、

編集部が自信をもっておすすめする3本のコースを、

3人のナビゲーターがご案内。

まずは四角友里さんが案内する立山。

扇沢で買うべきはハサイダー!

歩くルートが一望できるのが最大の魅力!

お次は、渡辺佐智さんの北岳。

お酒のラインナップがすばらしい御池小屋

草すべりを越えてから現われる山頂部は圧巻!

そしてそして、高橋庄太郎さんの涸沢テント泊。

嘉門次小屋に寄り道して岩魚を食す。

やっぱテント泊デビューは涸沢だね!

という感じで、楽しみ方や注意点などの攻略法を、

ナビゲーターならではの視点で案内します!

さらにさらに、今号には別冊付録がつきます。

その名も『アルプス軽快読本』。

あることをするだけで、軽やかに快適に歩けるようになるという、

魔法のようなことが書かれた本です。

土屋智哉さんが、ブナ立尾根~雲ノ平~折立を軽快に歩いて、

その秘訣を紹介してくれます。

書店でぜひ!

(写真:矢島慎一、菅原孝司、小関信平、加戸昭太郎)

川口

富士山ブック2016 いよいよ発売!!

Posted by 川口 | Date 2016年05月13日(金)

いよいよ明日!
富士山登山の専門誌『富士山ブック2016』が発売されます。

 
↑浮世絵風の表紙イラストが目印です^^

今年のテーマは、
「一冊まるごと 富士登山の教科書」

富士山に、楽しく安全に登るために
必要な情報をすべて盛り込んだ、大充実のイヤームックです。
一度は登りたい富士山、
そして、
一度だけでなく何度も楽しめる富士山。

初めて登る人にはもちろん、
2回目以降の人にもためになる
すべての富士登山者に手にとってほしい1冊です。

 

簡単に内容をご紹介!

●巻頭ルポ 四角友里の3776m 日本一の笑顔の山へ●


巻頭ルポでは、アウトドアスタイルクリエーターの四角友里さんが登場。
満点の星空あり、ご来光あり、雲海あり、山頂からの花火大会あり。楽しみ尽くした富士山の思い出を、四角さんらしい、瑞々しい文章でつづっていただきました。


●富士登山基本ガイダンス●


富士山の登山シーズンは? そもそもコースはいくつあるの? どんな行程で登るの? そんな富士登山の基本をしっかりと解説します。


●富士山4大登頂ルート 超! 詳細ガイド●


編集部が10年に渡り蓄積した情報と最新の取材をもとに解説する、超詳細なルートガイドです。吉田・須走・御殿場・富士宮の富士登山4大ルートそれぞれを、特徴や魅力も含めて徹底的にガイドしました。超詳細マップ、お鉢めぐりガイドも併せて掲載。


●富士山ウェアリングシミュレーション●


夏とはいえ、厳しい環境に置かれる富士山。装備の基本はもちろん、実用的な用具カタログも掲載。登山者のタイプに合わせたお買いもの指南では、登山専門店「さかいやスポーツ」さんに全面協力いただきました。


●初めての親子登山Q&A20●


例年編集部に多く寄せられる、「親子で富士山に登りたい」という声に応えるべく、親子登山のハウツーをQ&A形式でまとめました。「親子登山学校」主催の関良一さんにご監修いただいた実用企画です。キッズ向けの用具カタログ付き。


●富士山安全登山読本●


国際山岳医・大城和恵先生監修。富士山診療所のドキュメントのほか、高山病を防ぐ登り方や三大アクシデント(高山病・低体温症・脱水症)の対処法を紹介します。


●富士山便利帳●


富士山へのアクセス方法や富士山の全山小屋を網羅した便利ページ。登山の計画にぜひご活用ください。

そのほか、富士山で出会った人々のスナップ集や“山頂写真家"小岩井大輔さんのスペシャルグラフ、下山後に立ち寄りたいグルメ&温泉情報など、大充実の一冊です。
富士登山のガイドブックとして、富士山を知るための読み物として、ぜひご活用ください!

※購入者特典として、アクセス情報やバス時刻表、山小屋情報、登山地図をまとめたデジタル版「富士山便利帳」をプレゼントします。詳しくは誌面をご確認ください。


Amazonでも予約好評受付中です!
→Amazonのページはこちらへ

 

 「富士山は眺める山」なんて声もよく聞きますが、登っても楽しい山です。
富士山ブックの取材やプライベートで、ここ数年は年に何度か登っていますが、まったく飽きません。いやほんとに。

 

ということで、『富士山ブック2016』、どうぞよろしくお願いします!

編集部からのお知らせ

TKフォトクラブ作品展「四季の彩景」

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2016年04月27日(水)

山岳フォトグラファー・菊池哲男氏を顧問として活動している写真クラブの作品展のお知らせです。

[作品展] 第7回TKフォトクラブ作品展「四季の彩景」

[会 期] 2016 年 5 月 13 (金)~19 日(木)

時間:10:00-18:00(最終日は 14 時まで)

[会 場] 富士フォトギャラリー 新宿

住所:新宿区新宿 1-10-3 太田紙興新宿ビル 1F TEL03-5368-2530

最寄駅 東京メトロ丸の内線新宿御苑駅

[出展数] 総数 46 点

[入場料] 無料

高橋 楓

[写真集]BEYOND TRAIL

Posted by 高橋 楓 | Date 2016年03月11日(金)

渡り鳥書房の店長もやっている高橋です。

どうでもいいですが、こっちとあっちの似顔絵で別人のごとく違いますね。

4月号の渡り鳥書房でも紹介しましたが、もう少し詳しくご紹介したい1冊をブログでも紹介します。

 

『BEYOND TRAIL マイトリー・カルナー』

日本のトレイルラン黎明期を写した、日本初のトレイルラン写真集。
11名の写真家による作品です。

熱気溢れるスタート地点、雄大な山の風景のなかを駆けていく選手、笑顔と感動のゴール、そんな一瞬がドラマティックに写し出されています。

そして、この写真集は2014年にスイスで遭難したトレイルランナー・相馬剛さんを語り継ぐ1冊でもあります。

写真集の収益は相馬剛さんおよび山岳遭難の捜索活動の一助として、関係団体へ寄付されるとのことです。

マイトリー・カルナーとは「慈しみ」「無償の愛」を意味するサンスクリット語だそうです。

 

 

価格:3000円+税 

購入はWEB(http://fuji-trailhead.com/ft-bk/beyond-trail)または全国の取り扱いショップにて可能。

問合わせ=BEYOND TRAIL製作委員会 beyondtrail@gmail.com

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47