ワンダーフォーゲル編集部ブログ

編集部からのお知らせ

マウンテンハードウェアプレゼンツ『DAYS OF MY YOUTH』上映会

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年02月03日(火)

スキーシーズンです。という訳で、今回はスキー映画上映会のご案内です。

スキーへの情熱を描いたMSP FILM製作の映画

『DAYS OF MY YOUTH』の上映会が開催されます。

ゲストにビッグマウンテンスキーヤーの

ジェームス・ハイムとミシェル・パーカーが来日!

入場は無料。限定160名様をご招待。事前の予約が必要です。

開催日:2月13日(金)
時間  :会場19:00 開演19:30
場所  :シダックス カルチャーホール(東京・渋谷)
ゲスト :James Heim、Michelle Parker
上映  :MSP FILMS 「DAY OF MY YOUTH」
入場  :無料(予約制・自由席)
予約  :http://clk.nxlk.jp/wOuMFtar
主催 :コロンビアスポーツウェアジャパン

五十嵐

山の自然学講座2015

Posted by 五十嵐 | Date 2015年01月27日(火)

こんな高いところに、なぜ花が咲いているんだろう。

雪渓と氷河の違いってなんだ。

改めて聞かれると答えられない。

なにも知らないんだな、自分は。

と思ったことありませんか。

もっと知りたいに応える、

自然の成り立ちを理解する、

山の自然学講座2015が開催されます。

●講師陣

小泉武栄(元東京学芸大学教授)

目代邦康(自然保護助成基金)

辻村千尋(日本自然保護協会)

多田多恵子(植物生態学者)

池田明彦(品川区防災まちづくり事業部)

石井誠治(樹木医、森林インストラクター)

増澤 直(地域環境計画)

紺屋恵子(海洋研究開発機構)

大蔵喜福(登山家)

●期間

2015年3月10日~12月1日 全10回

(室内講座7回+現地講座3回:各回参加も可能)

●受講料

全10回申し込みの場合:30,000円

講座ごとに申し込み(各回参加)の場合:3,500円/一講座

詳しくはこちら

 

編集部からのお知らせ

【ソロ登山者用】オリジナル計画書

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年01月22日(木)

ワンダーフォーゲル2月号に掲載した、
ワンダーフォーゲル編集部オリジナルのソロ登山者用計画書が
ウェブからダウンロードできるようになりました。

ソロ山行にお出かけの際は、ぜひご活用ください!
本誌にもありますが、計画書は「提出用」 「自分用」 「緊急連絡先(家族など)用」の最低3通ご用意くださいね。


ワンダーフォーゲル2月号は、ソロ登山特集。
計画の立て方や計画書の書き方も、詳しく紹介しています。
まだご覧になっていない方は、全国の書店・登山用品店でぜひ!

---------------------------------------------------------------------------
計画書は下記リンクよりダウンロードしてください。

※この計画書は無積雪期の一般ルート用です。
積雪期やバリエーションルートの登山には使用しないでください。


出力し、手書きで記入する方はこちらを。
【ソロ山行用】ワンゲル登山計画書.pdf

パソコン上で入力したい方はエクセル版をご利用ください。
※「救助体制の有無」と「装備表」のチェックボックスはエクセル上でチェックできません。
□ を ☑ または ■ に入力し直すか、出力後に手書きでチェックしてください。
【ソロ山行用】ワンゲル登山計画書.xlsx



 

編集部からのお知らせ

ワンダーフォーゲル2月号好評発売中

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年01月20日(火)

年明けて、1月ももう後半。あっという間ですね。

さて、なかなか更新ができずにすみません。ワンゲル2月号、好評発売中です!

この黄色い表紙が目印です。ぎらぎらしてます。目立ちますね~。 

かっこいい竹田嘉文さんのイラストです。

特集は「単独行の教科書」。ソロ登山者必見です。

山野井さんの北アルプス一人旅(昨夏、13日間も北アルプスを歩いていたそうですよ!)のルポから始まり、

計画編・装備編・行動編と、単独行者が身に着けておくべき登山のノウハウが、ぎゅっと詰まっております。

ソロ登山者の悩みや気になることは何か、アンケート調査をし、それを元に記事を作っていきました。

全体的にちょっぴり辛口めですが、厳しくも分かりやすく解説しております。

もちろん、ソロ登山者でなくても参考になりますので、ぜひ手にとってみてください。

↑ 計画編

 ↑装備編

↑行動編 

特別ガイド企画は「静かな山へワンデイハイク」 

 

冬枯れの、この時期におすすめの低山を紹介しています。

雪山に行くのもいいですが、落ち葉の上に座ったりして、

ゆっくりのんびり山の中で過ごすのもいいですよね。

道具企画は「いま欲しい!小型バックパック」。

登山道具が細分化している今、30~35ℓ前後の小型バックパックもさまざまなモデルが出てきていますね。

今買うなら、どれがいいのか?

登山スタイルの異なる3人の方々に、おすすめのモデルをピックアップしてもらいました。

 

特別ルポは「冬の北根室ランチウェイを歩く」 。

北根室ランチウェイとは、北海道の道東に2011年に完成したロングトレイル。

遡りますが、小誌2012年8月号で一度取り上げました。

そのときは夏でしたが、今回は冬バージョンです。

北根室ランチウェイは、トレイルや施設などがさらに整備され、

雪の季節でも歩きやすくなったそうです!

ぜひこのルポを読んで訪ねてみてください。

 

以上。

2月号のワンゲルのご紹介でした。

さて、編集部員はこれから

手作りポップを持って、恒例の書店巡りに行って参ります。

ワンダーフォーゲル2月号をどうぞよろしくお願いいたします。

このポップを見つけたら何かいいことがあるかも?↓

 

編集部からのお知らせ

冬の安全講習会のご案内

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年01月05日(月)

新年あけましておめでとうございます。

今年も『ワンダーフォーゲル』をよろしくお願いいたします。

 

さて、長野県なべくら高原で行なわれる冬の安全講習会のご案内です。

今年から冬も山歩きを始めるという方には、ぜひ受講して頂きたい講習です。

机上講習では、読図、コンパスの使い方、ルートファンディング、
野外講習では、ルートファンディング、ツエルトの使い方などを学びます。

「冬の安全講習会」
日時:2015年1月17日(土)9:30~16:00
会場:なべくら高原・森の家(長野県飯山市なべくら高原柄山)
参加費:4,000円
持ち物:雪の中で活動できる服装・昼食・水筒・筆記用具
    コンパス・三角定規・スノーシュー(レンタル有 1,000円/台)
    *ツエルトをお持ちの方はご持参下さい

お申込み・お問い合せは、なべくら高原・森の家まで。

TEL:0269-69-2888 FAX:0269-69-2288
E-mail:info@nabekura.net

 

高橋 楓

丹沢イェーイ ㄟ(´-`)ㄏ

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年12月25日(木)

どうも、高橋です。
新潟出身ならスキー上手いんじゃないの、という先輩の発言にギクッとしたので、年末はこっそりゲレンデに行って練習してきます。
来年は山スキーに連れて行ってもらおう。ふふふ。
 
さて、23日は大学の後輩たちと丹沢に行ってきました。
 
テーマは「修行」らしいです。
わたしは山ガール風味で行きたかったんですけど。
 

謎の姿勢。
  
三峰山は上を見るのを後悔する長ーい階段と鎖場だらけ。
山頂からの展望は・・・・・・
修行に期待してはならない。
 
 
山神隧道
 
隧道へのときめきをポーズで表すも、表情筋がついていかず。
イェーイ ㄟ(´-`)ㄏ
 
下山後のビールは美味しいですね。
なんのために山に行くのか、ますますわからなくなりました。
 
さて、年明けにはワンゲル2月号が発売です。
こちらの紹介はまた後日。
高橋 楓

せっくんと忘年会

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年12月15日(月)

どうも、高橋です。
 
先週、12月11日に新人研修第2弾雪山編に行ってきました。
(第1弾クライミング編はこちら)
 
今回も講師は山と溪谷編集部の阪辻さん。
生徒は山と溪谷編集部のにっしー、伊藤くん、そしてわたくし高橋。
 
詳しくは山と溪谷3月号できっちり紹介するそうなので、ワンゲルブログではふわっとご紹介します。
 
主に雪山の歩行技術を教わりました。
「がっかりするほど超基本編」とのことです。
ド素人の私にとっては、そんなこともなかったですけどね。
アイゼンもワカンもほぼ初めてでした。
 
目玉イベント(?)だったらしい「アイゼンVSワカンVSつぼあしレース」は、ワカンの私が開始10秒で足をつって不戦敗に終わりました。
ワハハ。
疲れたー…
 
そして、翌日にはヤマケイ忘年会が行なわれました。
 
社内アンケートの「無人島で生き残りそうな人ランキング」では、
ワンゲル編集部より松本さんが3位、西村さんが見事1位でした!
推薦コメントより、
松本さんは「住んでそう
西村さんは「無人島の方がいい生活してそう
とのこと。
 
ちなみに下中さんにも「野生が似合う」と1票入っていました。
実は私も「低燃費だから」みたいな理由で2票入っていました。
 
ンゲル編集部は社内屈指のサバイバル力があるんですかね。
 
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51