ワンダーフォーゲル編集部ブログ

編集部からのお知らせ

冬の安全講習会のご案内

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2015年01月05日(月)

新年あけましておめでとうございます。

今年も『ワンダーフォーゲル』をよろしくお願いいたします。

 

さて、長野県なべくら高原で行なわれる冬の安全講習会のご案内です。

今年から冬も山歩きを始めるという方には、ぜひ受講して頂きたい講習です。

机上講習では、読図、コンパスの使い方、ルートファンディング、
野外講習では、ルートファンディング、ツエルトの使い方などを学びます。

「冬の安全講習会」
日時:2015年1月17日(土)9:30~16:00
会場:なべくら高原・森の家(長野県飯山市なべくら高原柄山)
参加費:4,000円
持ち物:雪の中で活動できる服装・昼食・水筒・筆記用具
    コンパス・三角定規・スノーシュー(レンタル有 1,000円/台)
    *ツエルトをお持ちの方はご持参下さい

お申込み・お問い合せは、なべくら高原・森の家まで。

TEL:0269-69-2888 FAX:0269-69-2288
E-mail:info@nabekura.net

 

高橋 楓

丹沢イェーイ ㄟ(´-`)ㄏ

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年12月25日(木)

どうも、高橋です。
新潟出身ならスキー上手いんじゃないの、という先輩の発言にギクッとしたので、年末はこっそりゲレンデに行って練習してきます。
来年は山スキーに連れて行ってもらおう。ふふふ。
 
さて、23日は大学の後輩たちと丹沢に行ってきました。
 
テーマは「修行」らしいです。
わたしは山ガール風味で行きたかったんですけど。
 

謎の姿勢。
  
三峰山は上を見るのを後悔する長ーい階段と鎖場だらけ。
山頂からの展望は・・・・・・
修行に期待してはならない。
 
 
山神隧道
 
隧道へのときめきをポーズで表すも、表情筋がついていかず。
イェーイ ㄟ(´-`)ㄏ
 
下山後のビールは美味しいですね。
なんのために山に行くのか、ますますわからなくなりました。
 
さて、年明けにはワンゲル2月号が発売です。
こちらの紹介はまた後日。
高橋 楓

せっくんと忘年会

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年12月15日(月)

どうも、高橋です。
 
先週、12月11日に新人研修第2弾雪山編に行ってきました。
(第1弾クライミング編はこちら)
 
今回も講師は山と溪谷編集部の阪辻さん。
生徒は山と溪谷編集部のにっしー、伊藤くん、そしてわたくし高橋。
 
詳しくは山と溪谷3月号できっちり紹介するそうなので、ワンゲルブログではふわっとご紹介します。
 
主に雪山の歩行技術を教わりました。
「がっかりするほど超基本編」とのことです。
ド素人の私にとっては、そんなこともなかったですけどね。
アイゼンもワカンもほぼ初めてでした。
 
目玉イベント(?)だったらしい「アイゼンVSワカンVSつぼあしレース」は、ワカンの私が開始10秒で足をつって不戦敗に終わりました。
ワハハ。
疲れたー…
 
そして、翌日にはヤマケイ忘年会が行なわれました。
 
社内アンケートの「無人島で生き残りそうな人ランキング」では、
ワンゲル編集部より松本さんが3位、西村さんが見事1位でした!
推薦コメントより、
松本さんは「住んでそう
西村さんは「無人島の方がいい生活してそう
とのこと。
 
ちなみに下中さんにも「野生が似合う」と1票入っていました。
実は私も「低燃費だから」みたいな理由で2票入っていました。
 
ンゲル編集部は社内屈指のサバイバル力があるんですかね。
 
 
高橋 楓

加戸昭太郎さん写真展

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年11月20日(木)

カメラマンの加戸さんの写真展が赤坂で開催中です。
 
ワンゲル編集部は、加戸さんにはこの夏も、
「涸沢耐久10日間! ~早くお風呂に入りたい~
「もっと笑えよ! ~新人と行く表銀座取材~
…みたいなタイトルが付きそうな過酷な取材で、大変お世話になっているのです。
 
写真展「pilgrim」では、
雑誌とはまた違う雰囲気の加戸さんの世界を見ることができます。
 
写真展=pilgrim
日時=11月4日(火)~28日(金)10:00~17:00 土日祝休
場所=gaiiery+PLUS 
永田町2-13-5 赤坂エイトワンビル1F
 
加戸さーん!
もっと笑顔の練習しておきまーす!
ごめんなさーい!
また一緒にお仕事してくださーい!
五十嵐

メッタ斬り!

Posted by 五十嵐 | Date 2014年11月13日(木)

こちらは神保町の書泉グランデでございます。

階段をてくてく登っていきますと、

4階と5階の踊り場に、

ワンゲルのポスターが!

近づきますと、

山岳ミステリー・冒険小説の楽しみ方とあり、

売り場の奥へと入っていけば、

ワンゲル12月号「山岳小説メッタ斬り!」で、

星野さんとGAMOさんが紹介した本が、

ずらりと並んでいるじゃないですか!

たくさんありすぎて、どれから読んだらいいのか・・・。

そんなときは、こちらの星野さんに、

「ちょっとお色気もある警察モノがいいな」

などとリクエストしてみましょう。

ご希望通りの一冊と出会えます。

ぜひ!

おすすめされた太田蘭三さんの『顔のない刑事』、

出だしからお色気全開ですごいです。ええ。すごいです。

こちらもぜひ。

編集部からのお知らせ

【雪山大特集】11/10発売!【ワンダーフォーゲル12月号】 

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2014年11月05日(水)

11月になり、めっきりすっかり寒くなって参りました。

さて、ワンダーフォーゲル12月号のご案内です。

今回は雪山大特集。

低山からアルプスまで、雪山の魅力をぎゅっと詰め込みました。

こちらのかわいい表紙が目印です。

ラブ♡ピンク男性は怯まずレジへGO!

 

特集1は、「I雪山ハイキング

「雪山」と聞くと、アイゼンとピッケルでガシガシ登り、

ときには凍てつく吹雪の中をガンガン進む、

厳しーい世界を思い浮かべてしまう人もいるのでは?

実はもっと気軽に楽しめる雪山の世界もあるのです。

この特集では、低山からはじめる雪山ハイキングの楽しみ方をご紹介。

装備は夏山装備を上手に活用すれば、ちょい足しだけでも大丈夫です。

雪山ハイキングコースガイドも掲載。

雪が降ったら近くの低山へ行きましょう!


 


 

特集2は「新雪山装備ガイド

初めて雪山装備を購入する人も、買い替えを考えている人も必見の

雪山ハイキングと雪山登山の装備ガイドです。

目指す雪山のレベル別に、装備選びのポイントや、レイヤリングを詳しく解説します。

 

 

 

特集3は「年末年始は雪山で。

年に一度の特別な日を雪山で過ごしてみてはいかがでしょう?

こちらは雪山上級者向けの特集です。ルポが楽しそうで憧れてしまいます。

年越しにオススメの山のコースガイドも。

別冊付録は「山とスキー」です。

山スキー用具の選び方、初心者向けエリアガイドなど、お役立ち情報が満載です。

 

以上、ワンダーフォーゲル12月号のご案内でした。

11月10日(月)に発売です。よろしくお願いします!

五十嵐

はじめてのやまのぼり

Posted by 五十嵐 | Date 2014年10月29日(水)

はじめての山登りのこと、おぼえてますか。

連れてってくれた人のこと、おぼえてますか。

今度は、自分がだれかを連れていく立場になるかもしれませんね。

そのとき、ちゃんと「はじめてさん」をリードできるのか。

鈴木みきさんに、そのお手本を見せてもらいに、

登山はほぼ初めてという読者4人と、北八ヶ岳へ行ってきました。

写真は小海線の車内。

車窓から紅葉した山々が見えるたび、歓声が上がってました。

稲子湯からは、黄葉したカラマツのなかを歩いていきます。

しらびそ小屋着。

お茶請けのかりんとうにまたも歓声。

この日は快晴で、ミドリ池に天狗岳が映り込んでいました。

翌日、山頂をめざします。

中山峠で憧れの「ヤッホー」。

「ヤッホー」が返ってこないと抗議の声が。

峠からひと登りで景色が開けます。

「岩だ!」「岩だ!」を連発。

もう、「すごい!」という言葉しか出てこなくなります。

天狗岳登頂!

と、あっけない感じですが、そんなことないんです。

プランニング、装備確認、計画書の作成、ザックの調整、ポールの使用法、歩く順番、歩くペース、盛り上げるトーク(!)、休憩時にやること、小屋の利用法、トラブルの対処法・・・。

みきさんのリーダーぶりは、本当に本当にすごかったんです!

逐一こまかくお伝えしたいところなんですが、それはすいません、来年の4月号にて!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50