ワンダーフォーゲル編集部ブログ

西村

火遊びはスキですか?

Posted by 西村 | Date 2012年09月06日(木)

登山業界は新製品展示受注会のシーズンです。
この時期、登山用具メーカーさんは来年向け商品の展示会を開きます。
訪れるのはショップの仕入れを担当するバイヤーさんが中心ですが、メーカーと懇意にしているクライマーや山岳ガイドの姿も見かけます。
僕たち登山雑誌の編集者も新製品をチェックするよい機会なので、せっせと展示会に通っています。

きょうは都内で開かれた合同展示会へ。
新富士バーナーさんの新作ストーブ(プロトタイプ)を見せてもらいました。

新作は耐風性能が飛躍的に向上しています。
扇風機の風を当てると、ご存知マイクロレギュレーターストーブSOD-300(左)に比べて、新作(右)だけが金網を熱し続けているのがお分かりでしょうか。

その秘密は、バーナーヘッドとコッヘル底面との距離にあるそうです。
比べてみれば、確かにぜんぜん違います。

しかも、このストーブはゴトクが大きな4本タイプ(SOD-300は3本)になり、そのゴトクもオプションの小型軽量タイプに交換も可能とか。
とはいえ、従来のSOD-300のほうが優れた点もあるので、こちらも継続するとのこと。

しかし、男ってのは年齢に関係なくみんな火遊び(色っぽいほうじゃなくて)が好きなんですね。
大人たちが小さなストーブを囲んでしばし盛り上がってしまいました。

ちなみに、この新作ストーブの発売は来年1月予定だそうです。

編集部からのお知らせ

ワンダーフォーゲル10月号発売間近ですよ!

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2012年09月05日(水)

お待たせしております!!

ワンダーフォーゲル10月号
「紅葉の名山」特集は
9月10日に書店に並びます!

お待ちかねのカバーはコレ↓

お待ちいただいているお詫びに
ちょこっとだけコンテンツを先行紹介いたします。

まずは特集です!↓

説明不要の美しい写真ですね~。
紅葉の山、行きたくなりませんか?

続いてスペシャル企画↓

うおっカッコええ……。
黒部溪谷の登山道を整備する
働く男たちにスポットをあてた
特別取材記事です。

好評連載も↓

「MOUNTAIN EQUIPMENT BRAND HISTORY」
秋の山に負けない色鮮やかウェアは
北欧ブランド「フーディニ」。

ちなみに今回、本の中身を
紹介してくれている顔半分の男は、
この連載を担当する五十嵐副編集長です。

余談ですが、彼の写真を
(↑ぜひクリックしてチェックしてみてください!)
にアップしてみると
「いいね!」の数が多いんです。
何故?

などとどーでもいいハナシは
置いておいて、、、
色鮮やかなコンテンツもりもりの
ワンダーフォーゲル10月号を
よろしくお願いします!!

9月10日です!!

五十嵐

シューチュー

Posted by 五十嵐 | Date 2012年09月04日(火)

集中って知ってますか。

大人数で登山をする機会って少ないですから、
あまり一般的な言葉ではないかもしれませんね。

数パーティが異なるルートから山頂をめざし、
決められた時間に集合するんです。

僕の所属する山岳会では、年に数回、この「集中」山行をやっています。
今回は7パーティ30人弱が、それぞれのルートから御神楽岳をめざしました。



僕らが遡行したのは御神楽岳の鞍掛沢。
地形図の携帯方法にもいろいろあって、
ヘルメットのゴム部分にはさんだり、
地形図ごとかぶったり、
ウェストバッグに入れたり。



短いルートなので、昼過ぎから宴会でした。
コップの中身はコーヒー。
ではなくワインです。

12時の集中に間にあうよう、次の日はスピードを上げて登ります。
今頃、みんなあそこにいるはず!

P9021689.jpg (400×300)

が、着いたら時すでに遅し。


というのはうそで、ちゃんと間にあいました。
しかし時間ぎりぎりだったので、あまりみんなとは話せず下山開始。
やっぱり山は余裕をもった計画で行きましょうね。




五十嵐

南アは暑かった。

Posted by 五十嵐 | Date 2012年09月03日(月)

南アルプスに行ってきました!
といっても、10日ほど前に行った取材のご報告です。

同行は阿部カメラマン。



8月頭の剱岳に続いての登場。
今夏が山デビューだというのに、すごいペースで登っています。

彼の感覚は初々しく、
「す、す、すごい!」
という声に振り向くと、こういうものに感動してました。


岩にはりついた地衣類。

そんな調子で酷暑の南アを歩いてきました。

fujiRIMG0086.jpg (400×300)


どれだけ暑いか?
現場の兄さんもこんなになるくらいです。

genbaRIMG0106.jpg (400×300)

来夏の南ア特集をお楽しみに!

近藤

涸フェスが無事終了しました!!

Posted by 近藤 | Date 2012年08月31日(金)

8月26日(日)~28日(火)の3日間で、
涸沢フェスティバルが開催されました!!

私も運営スタッフの一人として涸沢に行ってきましたので、
フェスの様子をちょっとご報告いたしますー。

一日の始まりは、ヤマケイの母ことマチコ講師による「朝ヨガ」。

朝早いプログラムにもかかわらず、150人ほどの皆さんに
ご参加いただきました!
朝日に輝く涸沢カールでのヨガ、最高です。

そしてこの後は怒涛のプログラムラッシュ。
走り回っている内に、気付けば暗くなっているという状況…。
わずかに写真を撮っていた、近藤担当の講座の様子を
ご紹介します。

まずは、ひとりでもできるセルフレスキュー講座

国際山岳ガイドの熊田講師によるこの講座。
難しそうなテーマにもかかわらず、40人近く集まってくださった
参加者の方々にビックリ!
これは、スリングとカラビナで出来るランニングビレイの方法
を教えているところです。覚えておくと、便利ですよ!

 

次は山岳写真家・中西俊明講師による、山の写真講座。

こちらも、漫画「岳―みんなの山―」の作者・石塚真一さんの
スペシャルトークと同じ時間の講座にもかかわらず、
40名近い方々にご参加いただきました!
山、花、夜のテントや星などの撮り方のコツをわかりやすく説明する
この講座。皆さん熱心にメモを取りながら聞いてくださいました。

そのほかにも盛りだくさんだった今回の涸フェス。
講師の皆さん、参加者の皆さん、山小屋スタッフの皆さん、
そのたご協力頂いた皆さん、本当にありがとうございました!

ちなみに、涸フェスに参加してくださった皆さん。
現在、涸フェス2012写真コンテストへのご応募を絶賛受付中です。
興味のある方はこちらまで!

また、涸フェスについてのアンケートも行なっています。
10分程かかりますが、アンケートにお答えいただいた方、全員に
ヤマケイオリジナルグッズをプレゼントいたします。
ご協力いただける方はこちらまで!

よろしくおねがいいたします!

 

下中

DANA DESIGN!!

Posted by 下中 | Date 2012年08月29日(水)

こんにちわ。
秋の雰囲気がちょっとだけ漂ってきましたね。
秋は展示会の季節です。

Tシャツの飛び跳ねるバックパッカーロゴで
お馴染みのDANA DESIGN。
「デイナデザイン」という名前で
ご記憶の方もいらっしゃると思いますが、
現在は「ダナデザイン」という呼び名で
流通しております。

(どうでもいい情報ですが出演している女性は、
ワンゲル編集部のアイドル近藤さんです)

呼び名が変わったのは、
2006年時点で一旦ブランドが消滅し、
最近になって新生ブランドとして
リニューアルしたからです。

もともとあったブランドの
DNAを引き継ぎながら、
最新のテクノロジーでアップデートした
アイテムをラインナップしています。

今日は生まれ変わった
ダナデザインの展示会を見に行ってきました。


DANA DESIGNと言えば、
バックパックが有名ですが、
新生ダナデザインはテントやタープなどの
キャンピング用品も展開しています。

どのアイテムも共通していえるのは、
「コンパクトさ軽量さを追求しつつ、
フィールドで必要な強度を維持する」
ということを訴求していること。

オートキャンプというより、
バックパッキングスタイルの
キャンプに対応することを目指しているようです。
その辺は「デイナ」っぽいですよね。

そのコンセプトをより強く前面に押し出したのが、
下の写真のライムカラーのテントやタープです。

軽量さと強度が高いレベルで必要になる、
テント泊登山用として設計されたモデルだそうです。


ん? 誰かテントの中に入ろうとしていますね。
後姿はアウトドアライターの高橋庄太郎さんです。

偶然、展示会場でお会いしました。

高橋さんと言えば、
山道具紹介の記事も多く執筆しているので、
道具に関してはかなり詳しいです。

売れっ子アウトドアライターの目には
ダナデザインのテントは
どのようにうつったのでしょうか?
気になるところです。

ダナデザインのホームページは
コチラをクリックしてみてください。

皆さんもぜひチェックを!

松本

暑い日には。

Posted by 松本 | Date 2012年08月28日(火)

こう暑いと水につかりたくなりますね。
というわけで、沢登りに行ってきました。


大菩薩嶺に突き上げる小室谷ってところです。
わりと人が入っているようですが、
魚影は濃く、このとおり。


興奮状態のK氏。
ヤマメは塩焼きにしておいしくいただきました。

RIMG0130.jpg (400×300)

ところで、K氏はタイツの上になにもはきません。


これって世代的なものなんでしょうか。
いまの20代、30代って、短パンあわせるけどなあ。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50