ワンダーフォーゲル編集部ブログ

高橋 楓

せっくんと忘年会

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年12月15日(月)

どうも、高橋です。
 
先週、12月11日に新人研修第2弾雪山編に行ってきました。
(第1弾クライミング編はこちら)
 
今回も講師は山と溪谷編集部の阪辻さん。
生徒は山と溪谷編集部のにっしー、伊藤くん、そしてわたくし高橋。
 
詳しくは山と溪谷3月号できっちり紹介するそうなので、ワンゲルブログではふわっとご紹介します。
 
主に雪山の歩行技術を教わりました。
「がっかりするほど超基本編」とのことです。
ド素人の私にとっては、そんなこともなかったですけどね。
アイゼンもワカンもほぼ初めてでした。
 
目玉イベント(?)だったらしい「アイゼンVSワカンVSつぼあしレース」は、ワカンの私が開始10秒で足をつって不戦敗に終わりました。
ワハハ。
疲れたー…
 
そして、翌日にはヤマケイ忘年会が行なわれました。
 
社内アンケートの「無人島で生き残りそうな人ランキング」では、
ワンゲル編集部より松本さんが3位、西村さんが見事1位でした!
推薦コメントより、
松本さんは「住んでそう
西村さんは「無人島の方がいい生活してそう
とのこと。
 
ちなみに下中さんにも「野生が似合う」と1票入っていました。
実は私も「低燃費だから」みたいな理由で2票入っていました。
 
ンゲル編集部は社内屈指のサバイバル力があるんですかね。
 
 
高橋 楓

加戸昭太郎さん写真展

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年11月20日(木)

カメラマンの加戸さんの写真展が赤坂で開催中です。
 
ワンゲル編集部は、加戸さんにはこの夏も、
「涸沢耐久10日間! ~早くお風呂に入りたい~
「もっと笑えよ! ~新人と行く表銀座取材~
…みたいなタイトルが付きそうな過酷な取材で、大変お世話になっているのです。
 
写真展「pilgrim」では、
雑誌とはまた違う雰囲気の加戸さんの世界を見ることができます。
 
写真展=pilgrim
日時=11月4日(火)~28日(金)10:00~17:00 土日祝休
場所=gaiiery+PLUS 
永田町2-13-5 赤坂エイトワンビル1F
 
加戸さーん!
もっと笑顔の練習しておきまーす!
ごめんなさーい!
また一緒にお仕事してくださーい!
高橋 楓

新人登山研修 クライミング編

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年10月27日(月)

登山研修に行ってきました。
一緒に研修を受けたのは、山と溪谷編集部のにっしーと伊藤くん。
指導して下さったのは山と溪谷編集部阪辻さんです。
研修テーマは「クライミング初級」
研修の様子は山と溪谷2月号で紹介されるそうです。
このブログでも、ちょこっとだけご報告します。

関東某所の山中にて基本を教わり、早速グレード5.5の岩場を登ることになりました。
すっごく簡単らしいです。


にっしーが特に危なげなく終えて、次は私の番です。
ちょっぴり緊張して帰りたくなってきた私に、阪辻さんが
やたらいい笑顔でロープの端っこを渡してくれます。
行くしかない…とロープを受け取り、ハーネスに繋げました。
「いってきまーす…」
「いってらっしゃい」


必死過ぎてあまり覚えていませんが、後ろからアドバイスをもらいつつ、
なんとかかんとかよじ登って、てっぺんに到達。

さて、登ったからには、降りなければなりません。
どーすんねん…と固まっていると、下から阪辻さんが声をかけてくれます。

「岩から手を離して、腰落として。足は曲げないように」
手を離す…?
いやいやいや、
「めっちゃ怖いです」
「じゃあ登りみたいに、手足使って降りてもいいよ」
それならいけるかな…と、足元を見てみます。
下の方に、どこか面白がっている様子のみんなの顔が小さく見えました。うひゃー。
「それはそれで怖いです」と、甘えたことを言う私に、
「じゃあずっとそこにいろ」と、イラッとした様子の阪辻さん。
ひ、ひどい…
しかし、仰っしゃるとおりです。
覚悟を決めるしかない、えいやー、と下降開始。
「おー、上手い、上手い」と、本当かどうか疑わしい言葉に励まされつつ、
地上に戻ってきたのでありました。

…と、だいたいこんな調子で無事に研修は終わりました。
楽しかったです。
ほんとかよって感じですね。
楽しかったです。

頼れる先輩・阪辻さんによる研修はもう少し続くそうです。
次の報告をお待ちくださいませ。

高橋 楓

白馬村に行ってきました

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年10月10日(金)

こんにちは。どたばたしている間に一週間が過ぎました。

紅葉取材のブログをすっかり書いた気でいましたけど…書いてないですね。

虚無に消えたようです(・ω・)

 
先日、白馬村に取材に行ってきました。

温泉、美術館、お蕎麦屋さんなどあちこち巡りました。

・・・そう、アイツと一緒にね!


詳しくは来月発売のワンゲル12月号にて。

高橋 楓

表銀座取材に行ってきました

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年09月18日(木)

こんにちは。タカハシです。


連休中に取材に行ってきました。


久しぶりの天気のいい連休とあって、北アルプスはどこも大混雑だったようです。

今回の取材は、なぜかカメラマンがふたりもいました。

前からも後ろからも撮られるという謎の状況・・・

真相は来年の8月号で!

高橋 楓

展示会に行ってきました。タカハシ編

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年09月03日(水)

合同展示会に行ってきました。

イガラシさんがすでに一部紹介していますが・・・

こちらでは山と溪谷編集部のニッシーの写真で振り返ってみます。

SUUNTOブース。

最新モデルAMBIT3はBluetoothでiPhoneアプリに記録をアップロードできます。

アプリでは動画の3D地図で行動経路をかっこよく振り返れます。

クロスタードラゴンのザックと、

キューベンファイバーを使ったスタッフバック。

キューベンファイバーは防弾ベストにも使われている軽くて丈夫なすごい素材。

ザック、スタッフバックともにすでに発売中です。

お次はJulboのサングラスを試着。フィット感がすごい。

つるがぐにゃぐにゃ曲がってフィットします。

 

お買い物熱が高まりますねー

高橋 楓

カラフェスに行ってきました。

Posted by 高橋 楓 | Date 2014年09月01日(月)

8/28~8/30に涸沢フェスティバルに行ってきました。

登山文化と知識を学びながら楽しめる、とてもいいフェスでした。

  

では、5年以上前に買った安いデジカメとそろそろ寿命を迎えそうなスマホの

残念クオリティ写真で、カラフェスの裏側をちょっぴりご紹介します。

 

ワンゲル編集部の4人は10月号校了作業のため、

他のカラフェススタッフより1日遅れで現地入りしました。

東京から向かう道中、編集長に運転を任せっぱなしで眠りこける編集部員たち。

ごめんなさーい。

徳沢で休憩中。徳沢担当の編集長とはここでお別れ。

暗くなる前になんとか横尾に到着します。

翌日、横尾会場スタッフに見送られて、涸沢へ出発。

「もしかしたらもう準備終わっててやることないんじゃない?」

と、のんびり歩きます。

涸沢に到着すると、前日から到着していた働き者のスタッフが

準備をほとんど終わらせていました。

やー、さすがです。

 

開会式のワインで乾杯した後は、講座が開始されます。

こちらは近藤謙司さんのセルフレスキュー講座。みなさんとても熱心に聞いています。

ちなみに遭難者役はワンゲル編集部のカワグチさん。

粥川なつ紀さんのサックスライブ。

高所でサックスを吹くのはとても大変とのこと。

 

お天気が心配でしたが、なんとかもってくれました。

1日目の夜はキャンドルナイトと星空がすごーくきれいでした。

3日間続いたカラフェスも、じゃんけん大会で閉会です。

 

撤収作業をした後、バスの時間に間に合うようにと、早足で下山。

横尾~上高地間で、なんかすごく急いでいる緑の変な集団に出会った方、

それはきっとカラフェススタッフです…

1 2 3 4 5 6

BLOG MEMBER

高橋

新潟出身。お酒は嗜む程度。山は好きだけど、家でごろごろするのも好き。変なキャラが好き。最近のお気に入りはクマムシさんとKIRIMIちゃん。