ワンダーフォーゲル編集部ブログ

編集部からのお知らせ

富士山レンジャー写真展!

Posted by 編集部からのお知らせ | Date 2013年07月22日(月)

富士山の自然を守るために日々活動している山梨県の富士山レンジャー。
彼らは富士山北麓の巡回パトロールやルールやマナーの啓発、
地域の学校や企業への環境教育活動といった富士山の自然保護活動を行なっています。
そうした活動を通じて、富士山の魅力やその現状を熟知しているのが富士山レンジャーです。

そんな富士山レンジャーの活動や富士山の魅力を紹介する写真展が巡回で開催されています。

富士山レンジャー写真展
夏季特別展示「富士山の夏」

6月30日(日)~7月31日(水)
 富士山樹空の森(静岡県御殿場市印野1380-15)

8月1日(木)~9月1日(日)
 中央自動車道談合坂サービスエリア(上り)(山梨県上野原市)

9月2日(月)~30日(月)
 山梨県立富士ビジターセンター(山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1)

この夏、富士山周辺にお出かけの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

さらに、10月以降の移動展示会場も募集中とのこと。
展示スペースをもっている施設の関係の方は、世界遺産・富士山の写真展を企画してみてはどうでしょうか。

問合せは問い合わせ:富士山ボランティアセンター TEL0555-20-9229まで。

渡辺

女子部がっつり縦走!

Posted by 渡辺 | Date 2013年07月19日(金)

苗場山取材の女子チームのレポートです。下中・川口チームが苗場山頂で過ごしているころ、

そして、五十嵐・西村チームが沢で格闘しているころ、

近藤・渡辺の女子チームは苗場山北側の小松原湿原を経由して山頂を目指しておりました。

与えられたテーマは「ワンゲル女子部がっつり縦走」!

女子なのになんでがっつり縦走なんじゃー!と思ってしまう、1泊2日の山旅。苗場山頂に向かう2日目の歩行時間は約10時間!

幻想的な小松原湿原を通過し、心が折れそうになる急坂の山・霧ノ塔を登り、何度も倒木をまたいだりして、苗場山山頂手前までやってきたのがこの上の写真です。右が近藤編集部員、左が渡邉由香カメラマンです。

朝から歩きっぱなしでへとへとだったけど、おふたりともいい顔しています。

実はちょうどこの山頂手前に、雷清水というとっても冷たくておいしい水があり、リフレッシュした直後なのでした。

美味しい水で心も体も潤い、ご機嫌な近藤編集部員。

このお水のおかげで

無事山頂まで登りきり、山小屋で他の隊と合流することができました。よかった。

ありがとう苗場山。ありがとう苗場山の水。

誌面では渡邉カメラマンの素敵な写真で「がっつり縦走!」をお届けしますのでお楽しみに!

最後のおまけ。

とにかく苗場山は虫がすごかった。

ちょっと立ち止まればアブか、ブヨか、蚊か、よく分からない虫たちがものすごい勢いで集ってきました。

とくに虫に好かれる、下中部員(左)と近藤部員(右)は、防虫対策としてこのような格好で休憩していました。

かなりあやしいけど、ちょっと楽しそうでした。

 

 

 

下中

楽しみにしている映画のハナシ

Posted by 下中 | Date 2013年07月18日(木)

すっかり夏本番ですね? 山、行ってますか?

今回は夏山登山とはあまり関係ないお話です。

今年の秋、こんな映画が公開されます。

『ベニシアさんの四季の庭』

(↑映画の公式HPとリンクさせました。上映映画館やスケジュールはこちらから確認できます。)

ベニシアさんは、『猫のしっぽカエルの手』というTV番組でお馴染みです。

京都・大原在住で、自然と調和したライフスタイルが幅広い世代に支持されている女性。

そして、ワンダーフォーゲル取材でもたくさんの写真を撮ってもらっている、山岳写真家・梶山正さんの奥様でもあります。

この方が梶山さんです。

ひどい写真ですね。「こんな写真しかないのか!」と怒られそうです。

これは、現在発売中のワンダーフォーゲル8月号、南アルプス特集の取材中の写真です。

蝙蝠尾根という長大な尾根を下山してきた後の、梶山さんの疲れきった姿をパパラッチしました。

このときは1週間におよぶ長い取材でしたが、その分梶山さんとたくさんお話しもでき、充実した取材でした。

まだ南アルプス特集を読んでいない方は、ぜひ書店にてご購読をお願いします!

 

奥様のベニシアさんとも、梶山さんのお宅で一度お会いしました。

昨年、六甲山を取材した際に、泊めていただいたのです。

短い時間でしたが、噂どおりの素敵なお宅と、ご家族の様子に心温まりました。

映画はそんな梶山さん一家のライフスタイルにスポットをあてた内容だそう。

上記のHPにリンクされている公式FBには

お二人が乗り越えてきた様々な試練を描いています

とコメントがありました。。。

どんな内容なんでしょうか? 楽しみです。

ご興味のある方はぜひ! 

 

 

五十嵐

POP&フンドシ

Posted by 五十嵐 | Date 2013年07月17日(水)

ワンゲル8月号、読んでいただけましたか?

まだの方はぜひ、本屋さんで。

一部の本屋さんには、こんなPOPを立ててもらっています。

編集部員の自作です。

ほかにもこんなのや。

こんなのも(違いがわかりますかね)。

そして、小ポスターも作ってしまいました。

通称フンドシです。

なぜそう呼ばれるかは、本屋さんでのディスプレイ方法をご覧いただくとして、

このフンドシ、

じつは南アルプスのすべての山小屋に配ったのです!

しかし飾っていただけているかどうかは不明。

山小屋で見たよという方、ぜひご一報ください(写真付きで)!

西村

夏は沢!

Posted by 西村 | Date 2013年07月16日(火)

こんなタイトルをつけると遊びにいったみたいですが、れっきとした取材です。

下中・川口パーティが平太郎尾根から苗場山をめざしているころ、僕たちは清津川の源流を遡っていました。
わがパーティは副編の五十嵐と亀田正人カメラマン、そして僕。


落石におびえながらザレたルンゼを這い登ったり、


冷たい水に凍えながら滝を登ったりしたかいあって、


こんな気持ちのいい景色にも出会うことができました。

まあ、最後のツメはササの激ヤブに苦しんだんですけどね。

サゴイ沢遡行の模様は来年4月の誌面にて!

下中

初取材を逆取材

Posted by 下中 | Date 2013年07月12日(金)

すっかり梅雨も明けまして。。。

編集部は突然訪れた夏山シーズン開幕に、てんてこまい。

ほうぼうに散っています。

私も一昨日、昨日と来年の取材で、百名山の苗場山に行ってまいりました。

平太郎尾根という秋山郷から入る、メジャーの山にしては登山者の少ない尾根です。

最近はカメラマンとふたりの取材が多いのですが、今回は編集部の後輩・川口くんと一緒です。

彼は今回が初めての山取材。デビュー戦でそんなマイナーなコースで大丈夫なのかい?

かなりの急登の連続で、↑このようなワイルドの場所もあり、なかなか歩き応えのあるコース。

でも、急登を登りきると美しい湿原が。。。

(全然、美しさが伝わない写真ですみません。カメラ忘れたのでスペックの低いケータイで撮影しました。)

すかさず、その感動をメモに残す川口くん。後ろは花の撮影をする中村カメラマン。

ここまで来ると、見慣れた苗場山。山頂周辺の広大の湿原の中、木道を歩きます。

初取材の急登にすっかりお疲れ様な川口くんでした。

来年の掲載の際には、中村カメラマンによる「ちゃんと美しい湿原の写真」をご披露します!

西村

グレゴリー来日!

Posted by 西村 | Date 2013年07月09日(火)

梅雨明けでうだるような暑さですが、みなさん夏山への準備はいかがですか?
夏山といえばバックパック。
かつて「バックパックのロールスロイス」なんて言われた、
USAを代表するブランドといえばご存知グレゴリーです。
先日、そのグレゴリーをつくった創業者のウェイン・グレゴリー氏が来日しました。

ウェインがはじめてバックパックをつくったのはなんと14歳のときだとか!
ものづくりを志した彼はアウトドアギアの製造・開発にかかわり、
1977年に奥さんと2人でグレゴリーを創業しました。

日本の登山はヨーロッパをお手本として発達してきましたが、
1970年代になるとUSA発のバックパッキングブームが到来し、
フレームパックに象徴される米国ブランドが日本のフィールドにも登場しました。

先日都内で行なわれたパーティ会場には、グレゴリーの歴史を物語るバックパックがずらり。

ベテランは「なつかしーなー」、若者は「いまでもカッコイイですねー」。

ウェイン・グレゴリー氏は来場したアウトドア関係者と気さくに話したり、
求めに応じてバックパックにサインをしたり。
バックパックのレジェンドは翌日、世界遺産に登録されたばかりの富士山に行ったそうです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51