ワンダーフォーゲル編集部ブログ

山本

コーヒー&レストラン山と溪谷

Posted by 山本 | Date 2012年12月25日(火)

ここは長野市内。

コートの襟を立てて通りをてくてく歩いていたら...。
この看板がいきなり目に飛び込んできたんです。


コーヒー&レストラン「山と溪谷」
変な気分です。そもそも、コレっていいんでしょうか?
ヤマケイのサンドウィッチって、どんな味??

この日は長野県庁に取材があって大関記者と2人で出張に来ました。
まったく偶然です。
大関記者とふたりで大興奮。せっかくだからと、さっそく店内へ。

長野に山と溪谷という喫茶店があるというハナシは、
いま考えるとだいぶ前の月刊山と溪谷のキャンプサイト(読者ページ)で読んだような......。

階段をあがってお店の前に来ました。
立派な看板があります。

この題字は1930年創刊『山と溪谷』そのもの。
われら山と溪谷社の創業者、川崎吉蔵さんの早稲田の学友、
坂野三郎さんによるものです。

大関記者と写真を撮りっこ。記念にパチリ。


ここで、編集部の松本に写メールを送ったら、
「え?、山ちゃん知らないの??有名だよ。
でもさ、なにしに長野へ行ってんの??」と返信メールが。

まあ、気にせず中に入ります。

ちょうどランチタイムが終わったころ。
空いていました。

オーダーを聞きにこれたご主人に「じつはヤマケイの者なんです」と打ち明けると、
「そうですか、ヤマケイさんの方ですか。ひさしぶりですよ」と喜んでいただけました。
よかったよかった。

「どうして、山と溪谷なんですか?」
思い切って聞きました。どんな歴史があるんでしょう。


大関記者とコーヒーを飲みながら、ご主人のハナシを聞きます。
ご主人は、青沼寿一さんといいます。
昭和55年ころ、この地に喫茶店を始めようと思い立ちました。
そのとき雑誌『山と溪谷』の名前に惚れ込んだ青沼さんは、
どうしても店名に「山と溪谷」を借りたいと考え、
東京港区芝大門にあった山と溪谷社の社長室まで、川崎吉光社長を訪ねて上京。
川崎社長と無事に面談をはたし、
とうとう雑誌名を店の名前として借り受けることができたのだそうです。
店内には、開店時に川崎社長から贈られた滝谷を攀じる小森康行さんの写真も飾られています。

ぼくたちはコーヒーとチーズケーキを食べながら、
青沼さんのハナシに静かに耳を傾けていました。


そろそろ、取材のアポイントの時間です。
ご主人に「また寄りますから」というと、
「松本とくらべてあまり長野には用事がないでしょう」とおっしゃいます。
いいえ、また必ず寄りますんで、とお別れしてお店の外へ。

「いやあ、いいハナシでしたね。出版社っていうのは、人のこころがわかる会社じゃなくちゃいけませんね」
大関記者とふたりでそんな話をしながら、あったかい気持ちになって長野県庁に向かったのでした。

おわり
山本

ワンゲル部会は真剣さ!

Posted by 山本 | Date 2012年12月17日(月)

こんにちは。Yです。

今回はエディトリアルな感じでいきます。


ワンダーフォーゲルのアートディレクター川村哲司さん(右)
デザイナーの磯野正法クンです。

ここは、渋谷にある川村さんの会社(アトモスフィア)の打ち合わせテーブル。
ワンダーフォーゲル2013年1月発売号の特集打ち合わせ中に、
シャリと撮らせていただきました。

打ち合わせが始まりました。
今回は、第1特集の打ち合わせ。
右にいらっしゃるのがイラストレーターの栂岡一孝さんです。


ADの川村さんをはじめ、
私たちワンゲルスタッフも少々緊張気味の打ち合わせ序盤。
しかし、そこは大のアウトドア好きの栂岡さん、
ご自身のフライフィッシングや八ヶ岳登山のハナシで盛り上げていただいて、
いっきに和やかムードに。

無口だった副編五十嵐もじょじょに鋭い意見を飛ばし、
とても充実した打ち合わせになりました。

よかったよかった。

今号のワンゲルは自信作。
乞うご期待!
山本

個展開催!

Posted by 山本 | Date 2012年12月12日(水)

ごぶさたです。

Yです。

もう終了しているんですが、
11月30日から12月5日まで、
元ヤマケイJOY編集長で創作活動家、
勝峰翳氏の写真展

神話としての風景 There is something」

が、神楽坂アユミギャラリーで開かれました。

さっそく、手みやげをさげてのぞいてきました。
空は雨模様で時間もわるかったせいか、
その場に居合わせたお客さんはゼロでしたが、
本人に会えました。

2010年に銀座青木画廊で開いた第一回個展から2年ぶりの個展
今回は、個人的にもほしいなあと思った写真が数点ありました。
久しぶりに屋久島に行きたくなったよ。

編集者、文筆家、写真家...。

勝峰氏の多彩で多才な作品たちは、こちらで楽しめます。


来年、また沢登りに行きましょうね。

五十嵐

フユガタガキマル

Posted by 五十嵐 | Date 2012年12月11日(火)

週末に谷川岳に行ってきました。

土曜日はこんな。



天気悪かったですね。

で、日曜はもっと悪くなると。

冬型が決まると。強い寒気が入ると。吹雪だと。充分に注意をと。

ラジオもテレビもネットも言っていたわけです。

が、しかし。


こんな青空。無風。

でもきっと、これから荒れるのだろうと途中で下りてきました。

すれ違いに登って行く人たちも多く、

あの人たちは天気予報を見ているのだろうかと心配になりましたが、

正解は彼らのほうでした。

でもまあ結果論ですね。

こんなこともあるさと自分に言い聞かせながら、

快晴の下、がらがらの高速を帰ってきました。



渡辺

雪山本番!2

Posted by 渡辺 | Date 2012年12月06日(木)

今シーズン初の雪山トレーニングをしてきました!

場所は新潟県と群馬県の県境にある巻機山。豪雪地でラッセル訓練です。登山口は足首ぐらいの積雪でしたが、標高を上げるにつれて膝ぐらいの高さになっておりました。

 

 

天気にも恵まれて最高の雪山日和。樹林帯をぬけたところで一枚!

 

 

 

お近くの谷川連峰から、ちょっと遠くの妙高の山まで見えました!雪化粧の山、かっこいいです!キラキラ輝いています。

 

 

実は一番上の写真の山は巻機山ではなく、巻機山山頂に手前ある、前巻機という山で、別名がニセ巻機

「あれがニセ巻機」と言われてしまう運命。

前ならまだしもニセって…それはちょっとかわいそうだなと、山に同情した1日でした。

 

おまけ:うさぎの足跡

五十嵐

雪山本番!

Posted by 五十嵐 | Date 2012年12月04日(火)

みなさん。

はじまりましたね。

RIMG0078.jpg (400×300)

RIMG0086.jpg (400×300)

RIMG0088.jpg (400×300)

RIMG0094.jpg (400×300)

RIMG0100.jpg (400×300)

RIMG0101.jpg (400×300)

RIMG0114.jpg (400×300)

会津駒ヶ岳でした!
下中

山と溪谷と雪の八ヶ岳

Posted by 下中 | Date 2012年11月27日(火)

先週末の連休、今シーズン初の雪山を楽しんできました。
八ヶ岳、権現岳から赤岳までの縦走です。

写真は赤岳への登り。

こんな風に岩が露出していてアイゼンが全然利きません。
いやー緊張しました。楽しかったけど。

一緒に行ったメンバー。

見るからに厳つい奥のオレンジメットの男性は、
当ブログでもお馴染み、
ワンダーフォーゲル編集部の
阪辻センパイです。


さて、「元」とあるように現在は
ワンダーフォーゲル編集部所属ではありません。

今月からワンゲルの兄弟誌
『山と溪谷』編集部の所属となりました。

「ブログの右上のメンバーに残っていますが…」
とご指摘のアナタ、鋭いです。

永久欠番として残っていただくことにしました。
ま、同じ会社ですしね。

そのうち、ヤマケイ編集部から投稿があるかもしれません。
阪辻さん、期待してますよ。

あ、この山行の記録は弊社が配信するデジタルマガジン
(購読無料、上のリンクで購読申込みできますよ)
に投稿してます。

阪辻さんが写真を、私が文章を投稿しました。
『山と溪谷』と『ワンダーフォーゲル』のコラボってことで。

なんて単なる個人山行ですけど。

11/29の木曜日に配信されるはずです。
雪の八ヶ岳なうに関心があるかた
ぜひ、配信登録して読んでみてくださいね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51